2020年

12月

05日

雨またよろし

朝からの小雨で寒い日。本格的な冬到来か。自宅のmy工房は住宅地のど真ん中。木工には不向きな立地で、肩身の狭いチマチマした小物しか出来ない。だが雨はwelcame、朝からの小雨でベランダに洗濯物が出てない。これ幸いと窓・ドア全開でコンブレッサー(comp)で溜まった木埃を吹き飛ばす。「雨またよろし」。後は年末の拭き掃除かな。またまた干支「丑」とsnow manのsetが足らなくなり、あと5set程作る予定。合間時間に黒檀の目鼻口角等の小物作り開始。床屋・来客等で落ち着かない雨の土曜日。

 

 

生木・イヌ柘植のcup。3回目の木固めメエース塗布。生木だけに変形し始めた。円がいびつになり座りにガタが出てきた。木固めをたっぷり含ませたためか、今のところヒビ割れ発生は見当たらない。

2020年

12月

04日

追加で1set

am7:00の工房は5.9℃で肌寒い。テクテクスタート。住宅街はそうでもないが、田んぼの上は靄が掛かって重く立ち込めている。風が無いので朝日があたると暖かく6.000歩ひと回りで帰宅時は薄っすらと汗かき。

随分作ったが、干支「丑」とsnow manが足りなくなり追加で1set作る。

友人知人宅訪問の手土産に喜ばれている。扁平メタボ丑かな。

カエデでsnow manのターニング。ミズキは生でまだ使えないので。

ヒバで丑の胴を作る。やや扁平だか、カエデのあたまを乗せればなんとかなるだろう。ツルツルピカピカ磨き。

0 コメント

2020年

12月

03日

イヌ柘植のcup

重い雲が垂れ込め、降るような降らない様な肌寒い日。今日は庭木のイヌ柘植のcup作り。左右同じ幹の上下だが、何故か色合いが違う。木固めエース塗布したところ。節や入り皮であまり美味しくないが「我が家の記念に」。

ターニング途中でバリッ。入り皮からはがれ飛ぶ。

2.000回転くらいだと気持ちよく削れ、見た目もgoo。

白木のままのcup。小物入れくらいにはなるだろう。

0 コメント

2020年

12月

02日

ミズキ挽き

今日は北軽井沢の木工仲間から分けて頂いたミズキ挽き。ミズキはターニング材として重宝し、干支「丑」やsnow man作りで在庫が無くなり思案していたところで助かった。まだ生で使えるのは2~3年後になるが、準備だけはしておく。それにしても久し振りの力仕事で、たったこれだけでふうふう。

120×140×2.100と100×100×1.500mmのミズキ。スライドソーで回し挽き。1本持ち上げるのによたよた。それでも気分良し。

木口にボントを塗って挽き屑をまぶすよていだつたが、草臥れてそのまま軒下に積み上げ。暇に任せて丸棒にして保管する予定。ひび割れ心配。

0 コメント

2020年

12月

01日

生木のターニング

いよいよ師走入り、am7:15の工房は6.6℃。うっすらと靄がかっていたがテクテクスタート。ランニングの若者の吐息白くなった。今日は暫くぶりに生木のターニング。昨日親戚から届いた「柘植orイヌ柘植?」を取りあえず丸棒にターニングしたが、節や入り皮とうてcupにしてみる。径95×高さ95mmでやや厚め。ひび割れ防止にたっぷり木固めエース塗布してみる。写真は塗布したCUPと2本目の丸棒。ここで来客中断、明日に持ち越し。

 

随分とひねくれたご面相の丸太。

ラフィイグガウジ×低速回転でゴトゴトターニング開始。

ある程度ターニングしてcupに決める。

外径95×深さ45×前高95mmのcupに仕上げる。もっと薄くしたいが、ひび割れの恐れと節とうで抜けが出そうでやや厚めに。

2本目の丸棒作り開始。楕円形の丸太でガタガタ揺れる。

何とか丸棒に仕上げ、深さ50mmのガイド穴あけ。来客中断。

0 コメント