2020年

10月

30日

記念のプレート

いつものブログ、写真をupしてコメントを書こうとしたが、何故か入力が出来なくなった。孫の帰宅迄まってメンテ。一発OK、PC音痴は情けない。昨日の定例グラウンドゴルフ会(G G)で、5.000本目のホールインワンが出た。会の表彰は金一封の¥1.000-のみ。いささか寂しいので、代わってお祝いの「記念ブレート」を作る。径300×厚8mmの欅薄板。欅は堅いので細かな糸鋸切り抜き文字も欠けずに完成。チークオイル塗布したところ。喜んでくれるかな。

幅300×厚8mmの欅板があった。

バンドソーで径300mmの円板に切り抜き、文字の下描き。

真空引きして円周軽くターニングとペーパーかけ。

リョービの糸鋸で文字切り抜き。60ケ所くらいの抜きがあり、いい加減くたひびれる。

チークオイル塗布したところ。

バックに白紙を下げて撮ってみる。何とか分かるだろう。

0 コメント

2020年

10月

29日

GGホールインワン5.000本目

今日は朝からピッカピッカの秋晴れで気分最高! 地元シルバーの定例グラウンドゴルフ会(GG会)。発足25年になる。いつからカウント始めたか定かでないが、とにかく5.000本目のホールインワンの出る日。4.999本目と5.001本目の前後賞を含めてジジ+ババ連張り切る。5.000本目達成表彰の幸運なジジさん。賞金\1.000-とはしみったれだが、この位がいいところか。

0 コメント

2020年

10月

28日

木工仲間の出店見学

10月も末になり、今年はイベント/ゼロの年となる。こんなことは木工始めて足掛け15年で初めての事。こんな中、木工仲間がデパートに出店しているので見学に行く。埼玉県川口市「そごう川口店」1F入り口近くで、マスク姿ながら来訪者の立ち寄り多く、初日の昨日は大繁盛だつたとの事。ご同慶の至り。作者は丁寧な作品作りで、仲間内でも師匠格の「匠」。デパートにふさわしい「工芸品的」木工品。10/27~11-2の長丁場。在庫補充が続くか?

JR川口駅東口前で、立地的には最高の場所。だが、残念ながら開業19年にして来年2月末に閉店になるとの事。毎年出展していたが、今回が最後になる。

そごう川口店。

JWA会員の清水 武さんの木工展示販売。

1 コメント

2020年

10月

27日

出目金トリオ

今日はミズキでSnow Man作り。干支の丑用に作った黒檀の目・口が残っていたので使ったが失敗。出目金トリオになってしまった。あり合わせのテープや毛糸を撒いて「馬子にも衣装」でオシャレに。HATはウォールナットで磨き。

先に下の胴ダンゴを作り、10mmの穴あけしてツルツルピカピカ磨き。

3個作ってボルトに捻じ込んで上のダンゴ(顔)を作る。

9.5mmの穴あけ予定が、間違って10mmの穴あけ。10mmのボルトでゆるゆる。このため「ジャムチャック」をメープル材の残りで作りターニング。

ウォールナットでHAT作り。適当な形にする。

各パーツをボンド接着

寒々とするので本革紐を巻いてみる。

思い付きでテープや毛糸マフラーを巻いてみる。こちらがgooかな。

0 コメント

2020年

10月

26日

ヒバの丑

am6:30テクテクスタート。工房は12.2℃で10月も末の気温か。いつものコースだが、この時期にはドングリがあちこち散らばっている。今年は一粒もお目に掛かれない。東北や各地で熊の出没が話題。山のどんぐりや木の実が極端に少ないのが原因の一つとか。うなずける。今日はヒバの胴とメープルの頭で干支の丑作り。目鼻口角は黒檀、耳と尾は黒本革を付ける。pm13:00の工房は27.7℃で暖かい。朝と昼の寒暖差16℃は大きい。

ヒバの胴をツルツルピカピカ仕上げに。

このヒバ材、一部が薄炭になって牛の斑紋に見える。

0 コメント