2019年

1月

21日

またやられたっ!

またやられたっ! ねこの額ほどの狭い花壇の柵に置いたチューリップのプランターが掘られて球根をかじられた。しばらく前から、植えた球根を掘り返してかじる正体不明に輩が出没。地植えはあらかた食い尽くされで無くなり、今度はプランターを狙ってかじる。こんな事もあるかと、夜はふたをしていたが、たまたま忘れた翌朝みるとこの通り。ねずみかモグラかと思ったいたが、どうやら犯人は猫らしい。net検索すると猫が球根をかじるとの事。猫きらいが輪をかけて更に嫌いになってしまった。

プランターに夜はふたをしていたが、たまたま忘れたらかじられたしまった。

さらに地植えのヒヤシンスの周りを掘り起こした跡がある。芽が出かかっているのでかじるのを諦めた様子。水仙の球根は毒がありかじらないそうな。

地植えにしたチューリップの球根30~40個程は、全部かじられて全滅。水仙と忘れたが何かの花はかじられず伸びている。

春になったら花の苗を植えようと思っている。

0 コメント

2019年

1月

20日

へそ取りが苦手で

今日は北風も無く冬晴れにしては暖かく、工房やウォーキングが快適な日。気になっていたゴマすり器・試作2号のターニング。いつもの事ながら内外面のターニングは何とかなるが、底に残った出べそ取りが苦手で苦労している。口径が広ければ問題ないが、今回の樫・深さ60×内径57mmは中が見えず、手探りでキックをくいながらだましだまし。やっぱり経験を積まなくてはダメか。

樫80×80×100mm角材をバンドソーで円筒にしてからターニング。

 

チャック掴み代を5mm掘って、高さ80mmにしてから穴掘り。

スピンドル・スクレーパー等を種々使いながら掘るも、最後の出べそ取りで手こずる。何とかならんもんかな。

 

樫角材で擂粉木を適当にターニング。最後の頭まるめは、長爪チャックの内側にマグネット・ゴムを4片貼り付けて掴む。

左から試作1号・本日の試作2号・右端・じんじん工房の見本品。今回は腰回りを太く、バレル(樽型)にしたので上口がやや細くなった。見本品はどっしりと落ち着き、さすがに商品として引っ張りだこの立派なもの。クルミオイル塗布。

0 コメント

2019年

1月

19日

春を迎えるので

近くの公園の早咲き梅が満開で、街中の梅も膨らみ始めた。もう1ケ月もすれば春の便りが届きそう。

今日は「寒中温?」幾分温かく、工房は暖房無しで作業OK。生木だが、さくら枝で花台/プランター台」を作る。座板は米松の厚40×290×300mmを乗せる。春を迎えるので、こんな花台を並べてみよう。

近くのグランドで桜の枝剪定があり、脇に放置されていた。鋸持参で適当な枝を持ち帰る。その枝で花台作り。

背高さ400×座板300×300を想定して長めに挽く。

テノンカッター(大きな鉛筆削り)

1"・3/4・1/2・3/8・1/4があったので、1"と3/4を使う。

いままでは、テノンカッターを電動ドリルにセット、枝をバイスに固定して削っていた。今回は木工旋盤に取り付け、枝を手挿しして削る。この方式は手早く簡単。

生木なので削りは簡単。

一応は仕上がり計算で木取りするが、枝は曲がりがあり現物合わせになる。

テノンカッター対応のビットがあり、木製クランプで押さえ穴あけ。

現物合わせで仮組、調整する。

ボンドを入れて組み立て。

補強にコースレッドを打ち込む。

曲がり歪みを適当に手慣らしして組み立てるので、仕上がりは可成り「芸術」的。これはこれで味がある。3年位はもつと思う。

0 コメント

2019年

1月

18日

スキューと和カンナでOKか

朝からの寒風北風強くウォーキング気分になれず。車であちこちで歩き落ち着かず。代わりにいつものyou tube。ターニング歴10年位ながら穴掘り、深堀が相変わらず苦手。ボール・スピンドル・ラウンドスクレーパー等で掘るもいまいち。you tubeで見ると、球型の内外面をスキューと和ろくろカンナらしきもの2本で、いとも簡単にターニングOK。

こんな「スキュー」で丸棒作りから球まで仕上げる。

刃物と腕が良いのか見事なもの。

パーティングツールは不要で、スキューのみで切断。このシーンは普通にあるが、切れ味抜群。

このカンナは、ヤスリの一部をグラインダーで削り、バーナーで炙りペンチで曲げ、オイル冷却の手作りカンナ。上3枚の球は、もっと円形に近いカンナだった。

刃の角度によって気持ちよくスルスル厚く薄く。

こんなに簡単に掘れるのなら俺も・・・と思うが、腕の差だろう。見ていると下刃は右サイド、上刃は左サイドでターニング。自分のスピンドル・ボール等は左サイトのみだが、この辺も違う様子。

スキューとカンナの2本のみでOKか。見ているのと、やるのは大違い。いつかは体験したいもんだ。

0 コメント

2019年

1月

17日

GGの一休み

真冬にしては珍しく、快晴微風でやや暖かく感ずる日。毎週木曜日は、地元自治会のグラウンドゴルフ(GG)に参加する事にした。徒歩5分位の所に埼玉県のウイングHAT(総合体育館)と広いグラウンドがある。グラントは砂地でやや荒れているが、GGするにはまぁまぁかな。平均年齢82~83才くらいのメンバー19名が集まり、8ホールを2回って一休み。いつもは北西の風を防ぐのにブルーシートを張っているが、今日はほとんど風も無くシート無しで見晴らしOK。

一休み後にあと2ラウンド回って、4ラウンド/パー96のプレーが終わる。ほとんどが85前後のスコア。2回目の己は、人任せで90前後だったと思う。

0 コメント