2018年

11月

12日

ちっとも進まず

このところ医者通いや野暮用で、本格的な木工から大分離れて幾分のんびりしている。前の工房から様変わりして音や埃が出せず、隣近所の顔色を伺いながらの木工ではストレスが溜まり安全弁が弾けそう。途中でお蔵入りしていたair planを引っ張り出して部材揃え。ファルカタ材で軟らかいが、思ったより筋っぽく色合いいまいち。1時間ほど捻くりまわすがちっとも進まず。不器用さに自分ながら呆れる。角丸め前に仮組してみる。

 

木工本掲載の図面を拡大、切り抜くが収まりがバラバラ。彫刻刀で削り調整。

プロペラシャフト挿し込みの9.5mm穴あけ。

0 コメント

2018年

11月

11日

平成最後の記念にも

今日は少々早めだが、干支「亥」のリースを試作。(前)工房の常連ご近所さんの依頼で何年か続けて年末に干支のリースを作ってきた。今回は自宅工房へ移転して暇になったので早々に作る。ケヤキ板厚10×径190mm・適当に下描きして糸鋸で切り抜き、チークオイル塗布仕上げ。平成最後の記念にも。

A-4紙に亥とPC文字をケヤキ板にカーボン転写。

糸鋸で切り抜き、亥に60度ビットで彫り込む。

最後にチークオイル塗布して仕上げ。

季節を忘れずに今年も垣根に大輪のさざんかが咲き、初冬の彩りが鮮やか。

2018年

11月

10日

里帰り

立冬を過ぎたと言うの25.3℃にもなり「夏日」に。昼頃には暑くて薄手のポロシャツに着替える。新聞にはエルニーニョ発生とか出ていたが、その影響はまだ早いと思うがな。今日は果物シーズン向けの「盛り器」にリンゴ・ラフランス・ミカンを盛って馴染みの銘木店へ。11/6に樹種?の厚板をターニング、作った盛り器の里帰り。栗?セン?迷ったがセンの確率95%かな。

ターニング当初はクリらしいと思っていたが、木固めエース仕上げで磨いたら木目・艶等から色黒センとの思い強し。

裏面につねさん工房・樹種・塗料を書き込む事にしている。今回は樹種・クリ?セン?と両方書き込んだが、クリ?とセンの?は消した方がよさう。

 

0 コメント

2018年

11月

09日

馬子にも衣裳で

赤と青が戦ったA国。一勝一負の引き分けで幾分良かった気もするがどうなるか。政治と宗教には関わるなとの思いだが、大国の代表には些か品に掛ける「不動産屋の親父」に世界はあたふた。日本も外から見れば独裁国に見られないか、巨人・大鵬・自民党世代の己でももうチト外野席が強くなってもらいたい。昨日作ったどんぐりストラップに根付紐を通してパッケージ。むき出しでも良いのだが、樹種の記載が出来ないので手書きで入れる。難点はポリ袋は埃がつき易い点。小物なので、馬子にも衣裳でそれらしく見せたい気分あり。

昨日ターニングの無患子どんぐり。

蟹目つきの根付紐を用意。

軸に2mmの穴あけ、極細ワイヤー(古い電子機器ものも)で通す。

いままで何百個か作ったが、小さい方から買われていく。子供は大きい方が好きだ。何に付けるかで決めるのだろうが、作り手は大きい方が作りやすい。

2 コメント

2018年

11月

08日

どんぐり作り

暦の上では昨日11月7日に「立冬」で冬入り。今日の昼頃の工房は23℃もあり,冬はまだまだ先の様子。銘木細木があったので「どんぐりストラップ」作り。無患子・欅・ウォールナット・パドック・カリン・ブビンガ・インドシタンの7種。大小様々な形にして、軸に2mmの穴あけして根付紐を通す。急な外出があり、ターニングのみで根付紐通しは明日の予定に。

無患子は読んで字の如く「子が患わない」との言い伝えもあり、縁起物として随分沢山作ってきた。今回は10個だが、材を探してもっと作る予定。

ブビンガだがピンボケになってしまった。

1 コメント