2019年

3月

24日

携帯楊枝入れ作り

my工房のam7:00は3.3℃で寒い朝。福島は雪が降っていたとの事。今日は日本ウッドターニング協会(JWA)の技術講習会。遠く青森や静岡からの会員も含めて、30名で「携帯楊枝入れ」を木工旋盤で作る。事前に幹事が用意した水木をベースにしたキットを配布。会員の山下講師の説明・実演に続き、各自実習に取り組む。木工旋盤の大中小を10台揃えての盛会。今回は三角形の楊枝入れ作りで、丸・□・五角の形にも出来る。合間には木工談義に花が咲くのも楽しみの一つ。

 

前泊の熱心な会員も含めてJWA大和田研修所での講習会。

会長挨拶に続いて和やかに開催。

福島から駆け付けた熱心な会員。日頃のターニング腕前を披露して、見事な出来栄えに満足。

講師が用意した段階別の製作過程見本。一番下の材を上の写真の様にターニングすると最上段の△型楊枝入れになる。

0 コメント

2019年

3月

23日

you tubeの代用

昨日から一転、早春に逆戻りの様な「寒さ」。またまた右手指がストライキで使えず。二日続けてHP通いで点滴のおまけつき。2~3日は「木工休業」に。

暇つぶしにいつものyou tubeで代用。トチの様な厚板にルーターでチューリップを彫り込み。エポキシレジンを流し込んでターニング。内外に浮き出て立派な作品に。やってみたいと思いつつも中々出来ない。

チューリップ図案をカーボン転写。

ルーターで深く彫りこむ。

図案の色エポキシレジンを流し込み。ドライヤーで乾燥させる。

内外面をターニング。

オイル塗布仕上げ。底面も図案のチューリップが浮き出てgood。

1 コメント

2019年

3月

22日

チークでミニベンチ

我が家のミニミニ花壇が賑やかになってきて春本番に。クロッカス・パンジー・マツバギク・チューリップ・水仙・ヒヤシンス・その他。棚にチーク板材があったので、またまたミニベンチ作り。脚と背もたれは、さくら枝をテノンカッターで挿入。奥行150×幅300×高さ(座面)60mm。チークは落ち着きありどっしり感ありgood。

奥はチーク、手前はケヤキ板材。

脚は1/2・背もたれ支柱は3/8で穴あけ。

背もたれ支柱を3/8テノンカッターで削る。

仕上げにチークオイル塗布。

背もたれをもっと太い枝材にして、バンドーで加工すれば見栄えが良くなるが、残念ながら手持ち無し。get出来たら作ってみるつもり。

0 コメント

2019年

3月

21日

初めての手縫い

暑さ寒さも彼岸まで。朝から暖かく、プランターのチューリップが咲きだした。TVでは靖国神社の桜がほころび、開花宣言?PM16:00現在my工房は27.7℃だが明日は急降下らしい。初めてのレザークラフトで、昨日目打ちまでしたパスケースを革用糸に蝋を塗って初めての手縫い。多分108ケ所と思う穴に通して、手縫いするがどうもテキストと違い我流になった様子。昔ならいざ知らず、いまどきパスケースなんて使うのかな? 不揃いで30点かな。

針を持って手縫いとは記憶にない。ミシンら簡単と思うが、基本は手縫いからとか。面倒で先が思いやられる。

0 コメント

2019年

3月

20日

いつまで続くか分からんが

今日は晴天無風で春本番。工房はpm17:00で26℃にも。以前の工房へ物作りの方々がよく来訪されていた。その中に革職人が居て、自作作品を見せて貰ったり皮の端切れを頂戴して、いつか革クラフトを始めたいと思っていた。昨年10月に工房閉めて自宅工房へ移転。今年に入り準備開始。本屋で「革クラフト」のset本を購入して3冊。今日は初めての革クラフトに挑戦。いつまで続くか分らんが、今年1年位は続けたい気持ちに。どなたか教えてくれるご仁は?

毎月1回解説書と用具や皮部品がsetになった本が発売される。左から1.2.3回目の付属部品。解説書はバラして立ててあるファイルに綴じ込み。

解説書を見ながら部品を接着したり穴あけをしたり。

第1回目のパスケース作り開始。2枚の革をボンド接着、二つ目ヒシ目打ちで周囲を穴あけ。何でも物つくりの初歩はこんなもの。段々要領が分かってくれば、手持ちの革や工具で自由に出来る様になると思う。ぼちぼちやろう。

0 コメント