2019年

3月

22日

チークでミニベンチ

我が家のミニミニ花壇が賑やかになってきて春本番に。クロッカス・パンジー・マツバギク・チューリップ・水仙・ヒヤシンス・その他。棚にチーク板材があったので、またまたミニベンチ作り。脚と背もたれは、さくら枝をテノンカッターで挿入。奥行150×幅300×高さ(座面)60mm。チークは落ち着きありどっしり感ありgood。

奥はチーク、手前はケヤキ板材。

脚は1/2・背もたれ支柱は3/8で穴あけ。

背もたれ支柱を3/8テノンカッターで削る。

仕上げにチークオイル塗布。

背もたれをもっと太い枝材にして、バンドーで加工すれば見栄えが良くなるが、残念ながら手持ち無し。get出来たら作ってみるつもり。

0 コメント

2019年

3月

21日

初めての手縫い

暑さ寒さも彼岸まで。朝から暖かく、プランターのチューリップが咲きだした。TVでは靖国神社の桜がほころび、開花宣言?PM16:00現在my工房は27.7℃だが明日は急降下らしい。初めてのレザークラフトで、昨日目打ちまでしたパスケースを革用糸に蝋を塗って初めての手縫い。多分108ケ所と思う穴に通して、手縫いするがどうもテキストと違い我流になった様子。昔ならいざ知らず、いまどきパスケースなんて使うのかな? 不揃いで30点かな。

針を持って手縫いとは記憶にない。ミシンら簡単と思うが、基本は手縫いからとか。面倒で先が思いやられる。

0 コメント

2019年

3月

20日

いつまで続くか分からんが

今日は晴天無風で春本番。工房はpm17:00で26℃にも。以前の工房へ物作りの方々がよく来訪されていた。その中に革職人が居て、自作作品を見せて貰ったり皮の端切れを頂戴して、いつか革クラフトを始めたいと思っていた。昨年10月に工房閉めて自宅工房へ移転。今年に入り準備開始。本屋で「革クラフト」のset本を購入して3冊。今日は初めての革クラフトに挑戦。いつまで続くか分らんが、今年1年位は続けたい気持ちに。どなたか教えてくれるご仁は?

毎月1回解説書と用具や皮部品がsetになった本が発売される。左から1.2.3回目の付属部品。解説書はバラして立ててあるファイルに綴じ込み。

解説書を見ながら部品を接着したり穴あけをしたり。

第1回目のパスケース作り開始。2枚の革をボンド接着、二つ目ヒシ目打ちで周囲を穴あけ。何でも物つくりの初歩はこんなもの。段々要領が分かってくれば、手持ちの革や工具で自由に出来る様になると思う。ぼちぼちやろう。

0 コメント

2019年

3月

19日

無理すると碌なことが無い

夢工房ターニングday。今日はパスしようかと思っていたが、お椀やパン皿の依頼があり出掛ける。日曜日に不注意で右薬指を材に挟み、切れて紫色に腫れ幾分治まってきた感じ。力を入れられず、右手でターニングのハンドル保持は3本指。センの円筒からお椀をターニングするが、微妙なバイト操作が狂い3個ともout。無理すると碌なことが無い。amは無駄な時間に。切り替えてpmは秋葉杉でお盆・盛り皿・パン皿作りで2時間。やっぱり気が進まぬ時は休むに限る。

持参したセンの円筒と秋葉杉の円板。

ここまではOKだが、仕上げに入ると引っ掛けや落としたりでキズあちこちに。

右はキャッチで飛ばし、あとの2個は落としたりキズつけたりでout。

お盆や皿等はなんとかOK。

写真で見ると形になっているが、どうもしっくりこないターニングだった。

0 コメント

2019年

3月

18日

インテリァベンチ.

春の彼岸が近づき、工房は暖かくpm15:00には24.6℃で誠に快適。

今日はウォールナット材とさくら枝で、ちょっとオーバーに「インテリァベンチ」を2台作る。木工始めた当初にも随分作って、山形県のJR寒河江駅2F展示販売所で兄の陶芸と一緒に販売した事を想い出し懐かしい。

ウォールナット台板       235×120×35mmと215×125×30mmがあったので、さくら枝で脚と背もたれをテノンカッターで作る。

テノンカッターの3/4と3/8を使い、脚と背もたれを作る。挿し込みの凸部分の長さは、テノンカッターの中に丸棒を入れて長さの調整をする。

丸棒をバンドソーでcutするには、木クランプでがっちりホールどが無難。

仮組。枝の曲がりや捻れで、5本を挿し込むのは少々時間がかかる。

仮組出来たら本番はボンド接着へ。固着したらチークオイル塗布仕上げに。

乾燥後蜜蝋を塗布・磨きで仕上げる。

0 コメント