2021年

5月

08日

廃材小ねじ等

先日亡くなった木工仲間の心響太鼓工房の遺品整理に参加した。金工旋盤でアルミを加工してターニングに関する小物部品を製作販売したり、中古機械の販売もしていた。工房は雑然として、アルミの切り屑がびっしり散らかり、取り外した小ねじやボルトが切り屑と混在してBoxiに入っていた。いずれ産廃業者にゴミ屑として処分される。使えるものは無いかと開けてゴミと分別、テイッシュで拭き取るも「解体残材」で使えるか? am通院の合間の片付け仕事で。

0 コメント

2021年

5月

07日

大判パン皿

am5:15、降りを心配しながらテテクスタート。ラジオ体操が始まる前の公園に戻り、ウン十年振りで鉄棒にぶらさがる。出来ると思った懸垂が、ニュートンの法則に逆らってピクリとも持ち上がらず。加齢相応の筋力がた落ちでがっくり。今年残りの8ケ月掛けて1回は達成してみたい。が無理かな。昨日切り抜いたベイマツ円板で、久し振りにパン皿ターニング。木固めエース1回目塗布。東京のコロナ非常事態宣言が5/末まで延期。5/28予定だったミニイベント中止かも。こちらも残念

径300×厚15mmのベイマツ円板5枚。薄くて座繰りカッターでのキャック掴み代掘れず、真空引きで3~4mmのチャック掴みを掘る。

パン皿は径220~240mmが普通だが、今回は大判の295mmにする。

パン皿、盛り皿兼用に。 

 

凹み約7mmの薄いパン皿にターニング。

チャック掴み代に焼き印を押す。

2 コメント

2021年

5月

06日

ベテマツ板がボロボロに

GWが終わり平常稼働日に戻った。左手リハビリで掛かりつけ病院へ行くも、休み明けにしてはガラガラで拍子抜け。夜半の雨も上がり初夏の陽気に。

棚板にしようと、工房と物置の隙間に立てかけていたベイマツ薄板。引っ張り出して見ると無残! 半分ほど蟻んこに食われてボロボロに。3年でこんなに。

厚15×幅370×長さ2.000mmのベイマツ薄板。スケスケボロボロに。

食われてない箇所で円板に切り抜く。厚15×径300mm5枚、厚15×径160~270mmを5枚。真空引きで木皿を作るつもり。まさか蟻んこが入るとは。

0 コメント

2021年

5月

05日

けやき椀とバイス

折角の子どもの日ながら、雨模様の生憎の日。コロナ外出自粛でもあり、子どものは可哀そう。今日は「柾目けやき」でお椀作り。けやきは木目が楽しめる材だが、お椀では柾目が良いかも。何の変哲も無く面白みに欠ける。

けやき柾目の径130×厚75mmが出てきた。

昨日心響太鼓工房の遺品整理で分けて頂いたバイスを手入れ。CRC-556で汚れを落とし、ひっくり返してグリスp。当分使えそう。

食卓の古いのを作業台に転用している。片隅にバイスをボルト留め。挟み口の鉄片を外し、堅木と交換したいが、ネジがさび付いて外れず。556を浸み込ませて気長に待とう。いずれ緩んで取れるだろう。

0 コメント

2021年

5月

04日

遺品整理は物寂しい

日本ウッドターニング協会(JWA)の副会長で心響太鼓工房の鈴木信一さんが亡くなって早や3ケ月が経とうとしている。今日はJWAの有志仲間が集まって遺品整理、処分を行う。あらかじめ主な遺品をリストupしてJWA会員へお知らせ。福島・群馬・静岡・埼玉各地から整理・引き取りに集まる。ご本人はまさか無くなるとは思っていなかった事だし、生前の各種機器がそのまま。主の居なくなった遺品整理は物悲しい。JWAの機器メンテ担当を自認していた方で、今後のメンテ相談・依頼が出来なくなって困った。ご冥福をお祈りいたします。5/末まだにはあらかた整理が出来そうと聞く。

大型の木工旋盤や機器もあり、ユニック車で引き取りも。

0 コメント