2018年

12月

14日

のんびりしてた

はや12月も半ばとなり、年賀状の準備をしなくてはと思いつつ延び延びに。喪中の葉書が来る様になった。工房移転してから開店休業状態で暇があり、何時でも出来るとのんびりしていた。思い立って杉板厚24mmで年賀状用の3D切り抜き文字作り。

PC文字を拡大して杉板にカーボン転写。

例年の干支は広葉樹で作り、中抜きを糸鋸、外周は3mmバンドソソーで切り抜く。今回は全部糸鋸で切り抜く。バンドソー3台使用時は、3.6.75mm幅ブレードをそれそぞれセットしていたが、今は1台で6mm専用に。3mmに付け替えも面倒で糸鋸でバタバタやった次第。杉材は柔らかくてOK。

0 コメント

2018年

12月

13日

果物のお裾分け

昨日はさくら丸太で巣箱を作ったので、今日は餌台を作る。杉板幅135×厚27×長さ900mmがあったので適当な大きさに作る。冬場は餌が少なくなり、庭先に餌を求めて時折飛来する。リンゴやミカンを串刺しにして置いておく。味をしめて、近くの巣箱に巣作りしてくれれば嬉しい。

you tubeでbird feederとして出ていたデザイン。屋根の形を変更して。

庭先で木取り。

糸鋸で真ん中をくり抜く。

餌は串刺しにして目立つように置く。あまり見かけない餌台だな。

0 コメント

2018年

12月

12日

公園のお友達に

昨夜来の雨も午前中に上がり、幾分気温が上がってきた。さくらの丸太があったので、巣箱作りを思い立ち2個作る。虫食いだらけの表面を削り、外径115×高さ110mmの円筒にして中をくり抜く。底板とターニングした天板を取り付け、止まり木をつける。これからの季節、公園で遊ぶ子供たちも少なくなる。

公園の立木に巣箱を取り付け、巣箱に入ったスズメや四十雀が公園のお友達になってくれれば作った甲斐があり嬉しい。接着乾燥したら塗装する。

虫食いだらけのさくら丸太を削り、半分に切断。

巣穴を径35mmのフォスナービットで先にあける。

6mmバンドソソーでひび割れ箇所からいれて径90mm前後を切り抜く。

あり合わせの杉と桧を径200mmに挽いてドーム型にターニング。

左右は円筒をくり抜いた中身。底板と天板は、ボンド接着とコースレッド留め。この後止まり木を取り付けて完成。防水にペイント予定。

0 コメント

2018年

12月

11日

いつもの器ターニング

夢工房ターニングday。今日はいつもの器ターニング。JWA事務処理作業があり、カバ・杉・ベイマツの円板を5枚のみ持参。正味4時間のターニングだったが、またまた右指の攣りがひどくやっと終わる。老化現象との事で困った。

スギと米松は果物盛り器、カバはサラダボールをイメージしてターニング。

カバのボールだが、色合い・木目が単純で面白みが無い。アクセントに2本の焼き目を入れる。

厚95mmもあり、素直な杉に見えるが木はターニングしないと分からない。

削ってみると素直で単純な木目の杉。杉はひねくれていると面白いが。

別名ピーラーとも称せられているベイマツ。突板の表面に貼る木目の通った材で、塗装するとやや赤みが出てくる。木固めエース仕上げ予定。

2 コメント

2018年

12月

10日

この木何の木、気になる気になる

今日の春日部は本格的な師走の寒さ入りか、日中も10℃に届かぬ様子。夕方の散歩に初めて手袋はめて小1時間9.000歩。いつもはうっすらと汗かきだが、今日は全然出ず。馴染みの銘木店へ広葉樹を探しに訪問。お目当ては見つかったが、立派過ぎて手が出ず再考へ。ついでに何やら不明の円柱を購入。径120×長さ600mmを半分に切断。材木店でも外材だが・・・で?

うろ覚えのmy知識でも、黒檀紫檀でもなさそうでアサメラ?ウエンジ?日立のTV CMソングでないが、この木何の木「気になる気になる」。当面何を作るかのあては無いが、在庫として置いておこう。

木目が細かく整然と詰まっており、アサメラの様に見えるが色が濃すぎる。

色合いからウエンジみたいだが、ウエンジならもっと木目が粗いはず。果て?何の木だろうか。左の断面は、でかいスライドソーでスパッと切断直後。

長さ600mmだったが、使い勝手を考えて300mmに挽く。

2 コメント