2011年

11月

30日

良い色になってきた

唐松の器に木固めエースを2回塗布、#600でペーパーかけして1回目の7分艶消しを塗布、乾燥で良い色になってきた。(11/29現在の写真)

今朝#1000で水研ぎして乾燥させ、午後から2回目の7分艶消し塗布。

明日#2000で水研ぎして完成へ。

器には不向きと思っていた唐松だが、意外に使えそう。作るか!

 

1 コメント

2011年

11月

29日

五人娘の立ち姿

日頃家事はいっさい古女房任せであまりタッチせず怒られている。

昨日倅の嫁さん要望のキッチンペーパーホルダを試作、ついでに友人依頼の同じホルダーの台板を作る。今日は4個作る。

いずれも指定寸法があり、要望通り作ったがどうも大き過ぎの感あり。

自宅より、キッチンペーパーとクッキングペーパーを持ち出し計る。

径100×高さ240mmで思ったより小さい、立ててみるとデカ過ぎる。

現物合わせで、台板径120×立て棒高さ300mmで作るとピッタリOK。

写真後列がサイズ指定、前列が現物合わせのサイズ。

前列は、台板ケヤキとサクラに立て棒ブラックウォールナット。

どうせペーパーで隠れるので寸胴棒でOKと思ったが、腰くびれの美人スタイルにすると幾分「作った!」の気分になる。(右端の前列と後列)

チョットのひねりが全体のイメージを変える。味付けが大事。

さて五人娘の立ち姿、お気に入りは誰かな?

 

続きを読む 2 コメント

2011年

11月

28日

一点豪華・キッチンペーパースタンド

倅一家が孫を連れてしばらく振りに来訪。

小中高の孫達は来る度に背丈が伸び、縮む一方のじじ・ばば追い越される。

食べ盛りの子供たちに母親はキッチン滞在時間も延びている事だろう。

キッチンペーパーの輸入物を買い込んだとの事で、スタンド制作依頼あり。

倅の嫁さんには、近い将来を想定してウンとサービスしなくては!

最優先でケヤキ台にサクラ立て棒のキッチンペーパースタンドを作る。

どっしりして存在感があるように厚めの台でピカピカに艶出し。

木工友人来訪、偶然にも同じくキッチンペーパーホルダーを2個依頼あり。

真ん中は倅の嫁さんに、左右は友人の奥さんと娘さん用に作る。

収まるキッチンも「中古状態と思う」、一点豪華なホルダーになるだろう。

2 コメント

2011年

11月

27日

3.11へ貧者の一灯

越谷市産業フェスタに東日本大震災の地、岩手県釜石市、大槌町から復興を目指して出店あり、熱意あふれる若者たちが頑張っていた。

目前に迫る大津波を本人が撮った写真や、現場の悲惨な生々しい写真。

今回の出品は、大震災で被害を受けた家屋の柱の一部を切り取り作った語り継ぐキーホルダーと和をデザインしたTシャツ。

「キーホルダーの出来るまで」の流れを写真で分かりやすく展示。

私自身もお見舞いに登米市を訪問し、南三陸町も目の当たりにしてきた。

壊滅の表現も足りない現場を見て来た身には、何とか応援したい。

各方面の義援金にも賛同したが、今回も「貧者の一灯」と頑張って!

会場の皆さんも次から次と応援が続き、埼玉県民こぞって応援してるぞ!

 

続きを読む 0 コメント

2011年

11月

26日

越谷市産業フェスタで楽しく

爽やかな晩秋の一日、越谷市産業フェスタに出店し来訪者と楽しい会話。

ターニング仲間三人と一緒に並び、自作の木工品を解説しながら販売。

冬の鍋シーズンを迎えて、鍋敷き約10種、健康足踏み台、りんご手形、整理フォルダー、サンショのすりこぎ、テーブルまな板等展示販売。

すぐ隣の舞台で、太鼓の大音響、演奏会、漫才、演歌等で「大声」会話。

木の香りが素敵!、やっぱり木に触れると落ち着く、喜んで頂く。

約1ケ月間の準備が土・日曜日で報われるか。

売れるに越したことはないが、木の好きな人々との会話が何よりの収穫。

さぁ、明日一日存分に楽しもう!

続きを読む 0 コメント

2011年

11月

25日

来年は困った辰年

この土、日曜日の越谷市産業フェスタへの出店が終わると来年の準備へ。

ここ数年は、干支を広葉樹の板材で作っている。

子・丑・寅・卯までは何とかOK・辰=これが厄介、辰の特徴はヒゲと角。

バンドソー・糸鋸、カンナ・サンダー・トリマーetcでは、この細い厄介者を折れずに立ち姿で作るのはどうすれば良いのか思案。

ヒントが無いか、本屋でイラストを物色するも描くものだけ。

何か宿題を背負ったようで肩が凝ってきた。ヒラメキが欲しい。

 

 

0 コメント

2011年

11月

24日

同じ物作りでも

最近つねさん工房に散歩途中のおじぃちゃん、おばぁちゃんが立ち寄る。

何気ない会話で親しくなり、そのうちチョット見せて!と入ってくる。

見学来訪は大歓迎で、雑談でかなりの方が何かしら物作りをしている。

刀の鍔作りと尺八の先生も来訪、別世界の会話と情報に新鮮な楽しみ。

チャンバラ映画やTVは良く見るが、鍔をしげしげ見る機会は無かった。

写真の黒は完成品で錆を付け作品、銀色の二つは制作中の作品、との事。

最近、刀剣鍔の日本品評会?で努力賞受賞した実力者の作品。

1個ウン十万と平均単価1.000円の木工品では雲泥の格差。

24金、18金、銀の貴金属をふんだんに彫金、鏨でコツコツ作る作品。

同じ物作りでも、プロとアマの違いを超えて異次元の物、立派。

 

 

0 コメント

2011年

11月

23日

春日部でりんご作り

今朝いつもの農道を工房へ歩いていると、突然「バーン」と打ち上げ花火。

春日部ウイングハットで農業祭開催の合い図、晴天で絶好のお祭り日和。

つねさん工房でも、負けずに「SPF材1×8でリンゴ」作り。

土・日曜日の越谷市産業フェァに出店予定で、木工品の一部として子供相手のリンゴ型切抜き手形を準備する。

毎年出店しているが、手形作りは結構人気があり今年も期待している。

1枚切抜き仕上げまで15~20分掛るので、続けて来られるとお手上げ。

辛抱強く2時間待ちでもOKがあり、有り難いが申し訳無い気持ちも。

毎年二日間で12~13万人の人出とか、毎月あれば良いのだが。

 

 

 

0 コメント

2011年

11月

22日

唐松の器

馴染みの工務店よりテンカラ=天然唐松で器を作って、と要望あり。

厚さ55mmの厚板だが、唐松特有のひび割れ多く円板切り出しに苦慮する。

何とかターニングに入っても途中でヒビ割れが出てくる。

写真右上は、縁の部分にひび割れが入り肉厚で止める。

またヤニ壺も出て来て木屑を埋めるが痕が残る(写真左下)。

ヒビ割れ、ヤニ壺等予想はしていたが、実際に発生を見ると器には不向き。

この後、木固めエース7分艶消しで仕上げ、きれいな木目を残したい。

 

続きを読む 2 コメント

2011年

11月

21日

杉のドーナツは美味いかな

馴染みの材木店で破風板(杉板240×24×3.640mm)を20mm厚にカンナ掛けして貰いドーナツを作る。

3.64mを3枚、自分でカンナ掛けすると半日仕事、材木店の本職用自動カンナでは両面2回掛けで24mmが20mm厚さになり早い。500円/枚。

バンドソーで径200から230mmまでの円板を切抜き、中心にフォスナービットで50mmの穴を開けチャック差し込みを作る。

杉のドーナツは美味くないが、どんな美味い料理が乗るか想像して楽しみ。

 

0 コメント

2011年

11月

19日

菊祭りの一人占め

岩槻の工務店より「テンカラ」の良いのがあると聞き早速参上。

テンカラとは? 聞けば天然唐松の事を言うのだそうな。

唐松は成長が早く戦後に大量に植林、長野県では50%以上との事。

大工さんは、植林と天然物を区別して天然=自然物は「天唐」と呼ぶ。

50mm厚さの板材を分けて頂く、器を作って欲しいとの依頼もあり。

近くに慈恩寺(華林山最上院)があり、菊祭りが行われていた。

朝早くの雨で誰も居らず「貸し切りで一人占め」、ゆっくり見物。

菊の知識は無く、僅かに食用菊(もってのほか)が好きな位。

「何とか賞」があちこちぶら下がり、いささか過剰気味。

懸崖とか名のついた菊は見事、丹精込めた作品作りが伺える。

 

続きを読む 0 コメント

2011年

11月

17日

テーブルソーには疲れる

昨日に続き健康足踏み台の部材作り。

54片の杉板を切り揃えするが、何回やっても慣れない。

キックバック、焦げ付き、浮き上り等で気疲れする。未だ上達せず。

 

 

0 コメント

2011年

11月

16日

カンナ掛けのひと仕事

冬を迎えて杉板で「室内健康足踏み台」を作り、先週の展示即売会に出品したところすぐ売り切れて見込みありそう。

ジョイフル本田で杉板の幅235×長さ1820×厚さ22mmを購入。

製材した時は、240×1820×24あったと思われるが縮んだ様子。

DELTA自動カンナの替刃を交換してカンナ掛け、8枚はひと仕事。

なるべく乾燥したのを選んだが、湾曲、捻じれ等でカンナ掛け繰り返し厚みが20~15mmになってしまう。

天板は20mm以上欲しいが、お買い上げ易い価格にはこれで我慢。

DIY用自動カンナにはチトきつい仕事になつてしまった。

 

 

0 コメント

2011年

11月

15日

渋柿はいつ甘くなるかな

今日は夢工房でカヤの板で径260mmのパン皿を5枚作る。

カヤの板材は滅多に入手出来ないが、夢工房にあつたのを使う。

写真撮り忘れで明日撮る予定で、代わりに自宅工房の吊るし柿。

新潟十日町の道の駅で買った渋柿を11/9に吊るし柿にする。

皮むき、熱湯くぐし、一週間程してから焼酎の霧吹きでカビ防止。

頃合をみて「オッパイ揉み」、これをやりたくて吊るし柿?

合間を置いて2回オッパイ揉みをすると「甘くてウン美味い吊るし柿」に。

イメージ通りになってくれれば嬉しいが、いつ頃甘くなつてくれるかな?

2 コメント

2011年

11月

14日

ブナの樹は女性?

一週間前に新潟・十日町の松之山温泉に行き、ついでに美人林を散策。

資料によると、昭和初期に木炭作りに全て伐採しはげ山になったが、あるときブナの芽が一斉に生えてブナ林となった。

すらりと揃った美しい林を美人になぞらえて「美人林」と名付けたそうな。

樹齢80年ともなれば「美婆林」と思うが、樹木の80年はまだ若いのか。

ブナが女性ならケヤキは男性か? 次は「美男林」を探さなくては!

続きを読む 0 コメント

2011年

11月

13日

相場を当てるのは難しい

土曜日曜の二日間、晴天に恵まれたリフォーム展示商談会が終わった。

つねさん工房も参加して木工品を出品販売し、工房を知って貰えた。

本命はリフォーム用の設備機器販売と新規開店のPRであり、来訪者は折込みチラシを見て来た人、アドバルーに誘われて来場等様々。

木工品は、300円から3.000円まで約160点展示、平均単価約1.000円。

販売出来たのは1/10で予想通り、思い付きの衝動買いは500円前後。

口は出して軽いが、財布の紐は硬くて解けず。当たり前。

今回の狙いは、果物の季節で「フルーツ盛り器」のPRと販売だった。

木固めエース7分艶消しでケヤキとサクラ、漆のケヤキを出したがお買い上げはケヤキで最高の出来映え(と自負している)の7分艶消し品。

手に取って、良いね~と言ってくれるが3.000円では・・・

おでん、鍋シーズンで実用的な鍋敷きがぼつぼつ。

新規開店のリフォーム店で、まだ来場者が少なく止むを得ないが

木工品で気安くお買い上げ頂く相場と見合った物作りは難しい。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2011年

11月

10日

懐かしい想い出が

魚沼市の大沢山温泉大沢館、露天風呂への渡り廊下の欄干にぎっしりと大根干し、その数850本。これでも旅館の沢庵は足りないとか。

プ~ンと懐かしい大根干しの匂いが漂ってくる。

60年前に田舎で「我が家の農林大臣」だった頃、一家の野菜を作っていたが、一年分の沢庵も作った記憶がよみがえる。

白菜漬け、赤カブ漬け、キャベツのニシン漬け、からし菜(青菜)漬け等いろいろやったが、一番DNAに染み込んでいるのが「大根干しの匂い」。

3年前に同じ場所で眺めた「原風景」がそのまま再現されていた。

懐かしい想い出が蘇り、今回の名湯秘湯探訪の目的の一つが叶った。

続きを読む 2 コメント

2011年

11月

09日

木に魅せられて

晩秋の名湯秘湯探訪温泉旅行は、雨続きでうらさみしく残念だった。

が、かねてより「再会」したかった床柱を訪ねて大沢山温泉大沢館へ。

デンと踏ん張ったカエデとドッシリ居座ったエンジュの床柱。

「日本秘湯を守る会」登録の大沢館は、くちこみ人気の宿で予約困難。

二度目の宿泊ながら、何度でも訪れたい宿。こころくすぐるおもてなし。

続きは明日に。

続きを読む 0 コメント

2011年

11月

05日

春日部の六文銭?

真田六文銭はメジャーブランド、春日部六文銭と五文銭は初登場。

杉板235×20×1820mmからドーナツ作り。

フォスナービットで中央に50mmのチャック用穴あけ、ターニング準備。

六文銭は「鍋敷き」に変身、これから鍋やおでん、鍋焼きシーズン。

午前中に7枚の鍋敷きオイル仕上げと六文銭11枚作り。

次の写真は、オイル塗布で乾燥させる。

明日から三日程秘湯探訪温泉旅行、このブログはお休み。

信州越後で素敵な木工品の出会いがあれば、旅に華を添えてくれるのだが。

続きを読む 0 コメント

2011年

11月

04日

三日坊主は駄目!

日曜日から4家族夫婦でで20回目の「名湯秘湯探訪」に出かける。

毎回手土産代わりに、自作木工品をプレゼントで喜ばれている。

今回は何にしようか? 今朝の思いつきで「健康足踏み台」を作る。

感触が良く優しい感じの杉材、幅400×奥行き230×高さ200mm、チークオイル仕上げ。

1回の運動量は200回から300回位(上がって降りて1回)やれば効果あるとか。それも左足から上下したら次は右足で行う、ややこしく戸惑う。

女房は時折やっているが、つねさんは御免こうむっている。

プレゼントされた方は有難迷惑かな、名分は「冬の健康対策」。

三日坊主はダメ! まぁ話題作り程度に。

 

続きを読む 0 コメント

2011年

11月

03日

こんなにデッカイ柚子があるとは

今日は朝霞でデッカイ柚子がなっていた。

最初は名前が分からず聞いて「鬼柚子」との事。

吸い物の香りやジャムにしたり、柚子風呂にするとか。

青いのが良いのか、黄色が良いのか分からないが5個貰った。

女房もビックリ、ジャムを作ってみようとの事。美味いかな。

0 コメント

2011年

11月

02日

後塗りはややこしい

盆栽台を依頼主に見て貰い、塗装の相談で「けやきウレタンラッカー」に。

本来は、部品のうちに塗装して乾燥後に組み立てすべきだが逆になった。

今回は特に折りたたみ式のためややこしい。

バラして塗装、再組み立てでも良いのだが、susネジクギの頭がちぎれて抜けず、そのまま塗装。

若干手抜きになったが止む無し、後塗りはややこしい。

0 コメント

2011年

11月

01日

大きくて丸く低い腰掛け

町内会の奥様から特製PC用丸くて3本脚の腰掛け作りの依頼あり。

径330mm×高さ220mm×軽い=大きく、丸く、低く、.軽い=腰掛け。

TVボード応用デスクでPC作業をするのに作って欲しいとの事。

本来は、ケヤキかさくら材で作りたいところだが゜、軽さの要望があるので、手持ちの「ヒメコマツ」を座板にしてヒノキ脚で作る。

工務店より座卓用に購入したヒメコマツ40mm厚板が腰掛けに変身!

My工房の木工旋盤は、300mm径までの為、夢工房のVL200で作る。

腰掛けの高さは、通常400~430mm位で作るため偏芯脚で作る。

今回は、220mm高さのため鉛直脚にする。

座板40mm厚に40mm径で25mm深さに穴あけ、差し込み接着。

脚は50mm径で安定感を出すが3本脚のためいささか心もとない。

これでPC作業がはかどれば良いのだが。.

 

 

続きを読む 0 コメント