2012年

4月

30日

デカッ!

今日も引続き額縁組み立てとカンザシ入れ作業。

依頼されたA-3ノビで額装マット幅50mmの額をナラ材と樺材で2枚作り、他はA-4で額装マット20~40mmで9枚作る。

A-3額はデカくて念のため「ダブルカンザシ」とする。次の写真。

カンザシはカリン2.7mm厚、予定では透明チークオイル仕上げにしてカリン・カンザシの赤味をアクセントにする予定。

さて、写真か、絵か、何が入るのか? 楽しみ。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

29日

44本の4面削り

今日も初夏の陽気で快適ながら体が慣れず、何となくだるい。

工房の窓全開で、昨日に続き額縁部材加工、A-4版を2枚追加して合計11枚の額縁、全部で44本の角棒のルーター作業。

表面は内側をサジ面、外側をR=10mmの丸面ビット。

裏面は内側を6mmのストレートビットで深さ5mmの溝掘り。

外側をR=6mmの丸面ビットで角を丸め。

44×4=176本のルーター掛け、ほぼ一日仕事。

今回はA-3ノビ+額装マット50mm幅もあり、予想外に大型もあり。

大型は頑丈にする為、カンザシを2枚入れるか考えなくては。

ビットの切味落ちて切り口荒れる。研ぎに出すか、新品購入か。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

28日

額縁用部材作り

昨日は目の治療で木工休業日、雨で気乗りしない日の休みで良かった。

今日は張り切って、午前中に額縁A-3ノビからA-4までの9枚分部材を寸法切りする。

額装マットの余白分を20mm~50mmとった為、かなり大型になる。

レクソン・スライド丸鋸の216mm×54刃で切り口はかなり荒っぽく、

バリが出る。もっと細かく80刃位にすれば滑らかになるのだが。

留め45度にするには、この鋸は45.5度にしないとピッタリ合わない。

額縁作りには、もっと正確にcut出来る鋸が欲しい。

近くのホームセンターで見ると、マキタ・日立工機のブランド品は

6~7万もするので一寸手が出ない。残念。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

26日

額縁には勿体ないトチ杢

今日は午前中のグラウンドゴルフが雨の予想で中止になった。

しめしめ、空いた時間で額縁作りの部材切り出しとカンナ掛け。

A-4用でケヤキ4・タモ1・カバ1・トチ杢の素晴らしいので1、計7枚。

A-3ノビでカバ1・タモ1、計2.合計9枚分=36本の角材を作る。

ターニングの大御所から支給されたトチ杢の浮き出た素晴らしい材。

鋸刃を入れるのが勿体ない位、これでA-4の額縁を依頼された。

この他に赤ケヤキの素晴らしい材も支給あり、責任重大。

額装マットを入れて本格的な額にし、重厚感を出し良い物にしたい。

ホームセンターでは、大量生産の規格品が見映え良く、安く陳列されている。比べて材の切り出しから塗装まで、苦労して作っても評価されるか? 所詮DIYは自己満足の世界。自分が良し、とすればそれでOK。

それにしても、こんな立派なトチ杢で額を作るのは気が引ける。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

25日

垂木に厚化粧

自宅、工房、友人知人、親戚等へ写真を飾る額縁をまとめて作る予定。

手始めに、練習を兼ねて身近にあった垂木でA-4サイズを作る。

前回は、メープル・オイルスティンを2回塗布したがどうも「軽い」。

今回は工房用として、ペイントを3色重ね塗りする。

乾燥後、空研ぎで下地の色をランダムに出して変化を出す。

あまり賑やかな色合いだと、中の写真が負けそうで程々に。

初めての事でどんな具合になるか?

額の色調と中の写真のバランス、センス0の身には判断しかねる。

やはり銘木で作り、自然な木目を生かすオイルが良いのかな。

0 コメント

2012年

4月

24日

ラン植木鉢の木型作り

今日は夢工房で昨日に続きランの植木鉢木型を作る。

木型の下から21mm径のドリルで穴あけ、20mmの丸棒を丸台板に立てて差し込む。

丸棒の先端を丸めて、穴の深さより2mm長くして浮かしクルクル回る様にした。

木型に陶土を貼り付け、模様や文字を書き込むのに回転すれば良いのでは? と素人発想で勝手に付ける。

実際には、ラップか新聞紙を木型に貼り付けて陶土を盛るのだろうが

実用可能か心配。作っている現場を見てみたい。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

23日

杉の木目がgoo

ランの植木鉢は普通の草花のと違い随分深い。

上の径160×下の径140×高さ240mmもある。

この植木鉢を作る木型を依頼されて、集成材で作ってみた。

今度は杉の3寸角を4本貼り合わせて作ってみた。

芯持ちの柱を4本張り合わせターニング、出来上がりは4個の芯が浮き出てgood。

あと3個作るが、今後はこの木目を応用して違うものを作ってみたい。

ただ、角材をラフイングガウジで丸くするが、軟らかい杉ながら節に当たると「ガツッン」と刃物が飛ばされるので要注意。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

22日

カリン・ストラップ完成

昨日オレンジWAXを塗布していたカリン・ストラップを仕上げる。

KERVスロースピードグラインダーにバフを取り付け、左側のバフで磨き、右側のバフに白棒コンパウンドを付けて仕上げのバフ磨き。

磨きだけで6回重ねているのでカリンの持ち味が出てgood。

喜寿前後のold boyへ進呈する、と聞いているが「ぶら下がった」実際の場面が見られれば嬉しい。どうかな。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

21日

カメの甲羅がくっつかない

今日は細々した作業で一日が経ってしまった。

八潮市のリバーさんアイディァの「カメの貯金箱」、了解を得て何個か作ったが在庫補充に作る。

親戚の孫が甲羅に自分で「お絵描き」するとの事で無地にする。

SPF材2×8をカメ型にカット、甲羅の部分をくり抜きベニア板を貼る。

このベニア板を貼るのが簡単そうでも要注意。

ホディにボンドを塗り、ベニアの甲羅を乗せて重しをするが、この重しでベニアが滑り、出来たと思ったらスレて固着、失敗する。

今回は片側を接着してから、もう片方をテープで仮止め、クランプ。

締めすぎると滑ってズレる。なかなか上手くくっついてくれない。

二枚目の写真が、我が家のカメ公貯金箱、500円玉で6万円入った。

ズッシリと重く、ゾウカメの如し。今は空っぽ。

続きを読む 2 コメント

2012年

4月

20日

カンザシ入れ

金曜日は何時もの眼科へ、目が使える様になって1時間ほど工房へ。

垂木額A-7サイズへカリンのカンザシを入れる。

カリン材をバンドソーで3mmよりこころもち薄くスライス、

30×50mmの長方形にしてボンド接着で挿し込む。ピッタリ。

明日バンドソーで切り落としてペーパー掛けて仕上げする。

あり合わせの垂木の額、ペイント仕上げの予定。どうなるかな。

 

0 コメント

2012年

4月

19日

カリンのストラップ作り

つねさんの健康4条件は、①体力②気力③知力④財力としている。

が、年々④と①が目減りして不健康に近づいてきた。

本当の健康は、自分だけでなく連れ合いや子、孫等も含めて日々の心配が無く精神的な安定が保たれて初めて「健康」と言えるのかもしれない。

高校卒業して60年近くなる後期高齢者から、同窓会記念用のストラップ作りを依頼された。

その年齢で参加出来る面々は、本当の意味で健康に恵まれ幸せなOBだと思う。

自分も健康にあやかりたく、取って置きの「カリン銘木」でストラップ作りを開始。

このタイプのストラップは沢山作ったが、年数が経つにつれて「幾分厚め」の方が存在感と重力感を感じて大事にされる。

喜寿のold boyには、少々大きく分厚く思われるが後々になって良かったと思われる物を作る。

3.5mmの穴開け、スピンドルサンダーで磨き、チークオイル塗布して

WAX仕上げ予定。気に入ってもらえれば嬉しいが。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

18日

上手くなったボールペン作り

ボールペン作りで4回目になる方が来訪。

今日は張りきって3本作る。

ファンシー・スリムボールペンで、シカモアで2本、カリンコブで1本、累計で10本位作っているのでほとんど自分だけでOK。

スタートはラフィングガウジで丸めてからスピンドルガウジへ。

空研ぎ、塗装、組み立て、完成まで出来る様になった。

写真はトライアングル・ボックス(三角ケース)に入れた完成品。

次は若干難易度が上がるヨーロピアンを勧めたい。

その前に、自分がマスターしなくては。

 

0 コメント

2012年

4月

17日

カリンの薄板作り

額縁の留め補強にカリンの3mm厚さを調整してカンザシを入れているが、在庫がなくなった。

My工房のバンドソーではスライス出来ないので夢工房のバンドソーを拝借して作る。

カリンの床柱の背割りに添って半割りし、一方を3mmにスライス。

この立工機のバンドソー、架台どっしりして安定性抜群、鋸刃も分厚く幅広でスライスに最適、20枚程難なく出来た。

ついでに、ストラップ作る用意で写真右上の材を作る。

明日は一転、3mmの細いバンドソーで曲線中心のストラップ作り予定。

 

0 コメント

2012年

4月

16日

記念写真は手作り額に

春は何かと行事や行楽が多く、記念写真が溜まる。

今年は孫娘の高校入学、きょうだい会の温泉旅行の等で沢山の写真。

今までは、ついつい百均の額で間に合わせていたが味気ない。

残り少ない人生、想い出のある写真は温かみのある飾り方をしたい。

手元にあった垂木でA-4版写真用額を5枚程作ろうと部材作り。

本来は、ナラ、さくら、けやき、トチ等の銘木で作りたいが、時間のある時にじっくり作る予定。

今回は、溜まっている写真を取りあえず入れて飾る予定。

垂木なのでオイルスティンでなく、ペイントの重ね塗りを空研ぎかナ。

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

15日

3寸角×4本で6寸角材作り

深い植木鉢の木型を集成材で作ったが、何とかいけそう。

上160mm×下140×240mmに引き抜き用の取っ手付け。

今日は杉3寸角を300mmに切断、4本合わせて6寸角に(180mm角)。

先ず2本をボンド接着し、一面をカンナ掛け、カンナ面を合わせて4本に合体予定、今日は2本の接着とカンナ掛けまで。

180mm角材をターニングして円筒形にする。杉で大丈夫かな?

 

 

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

14日

仕上がりが楽しみ

昨日とは様変わりの雨の一日、雨になると木工にも気合が入らない。

午後から、昨日に続き「脇息」の部材作りを依頼者と一緒に作る。

彫金もこなす多芸の方で、部材の作りにも細かな「注文」。

左側に置く脇息で、天板の上部内側は10R、外側は12Rの丸面ビット。

下部は面取りせず角を付けたまま。

立て板2枚の側面は、6Rの丸面ビット。ここに彫刻をする。

底板は、幅50×長さ170×厚さ10mmと50×150×10の2枚を加工。

ブレ押さえにも幅70×長さ300×厚さ10mmの板を加工。

つねさん工房では、注文による部材作りは初めて。

依頼者は、自分で若干の加工で完成させる。

こうゆう方法も面白く、参考になる。仕上がりが楽しみだ。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

13日

いまどき脇息とは

またおっくうな金曜日、目の治療日でほとんど一日つぶれ。

午後のひととき、依頼されて溜まってた「脇息」の部材作り。

けやき板・厚さ30×幅345×長さ630mmを使うことにした。

幅200×長さ620mmがあれば良いのだが手持ちなし。

幅345mmから切り出すのは勿体ないが止む無し。

三泊四日の温泉旅行の旅館では、形は様々ながら脇息は常備品。

いづれも積層板を「加熱+高周波」で曲げて作った一体物。と思う。

簡単な脇息で現代風、大名・お殿様は見向きもしない代物。

時折来訪する近所の方からの依頼で、今使っている物の「型紙」持参。

無垢、重量感あり、風格を出したい・・・孫末代までの物が欲しい。

つねさん工房は、部材提供と本人が加工+組み立ての場所と工具提供。

古来より欅の年代物が見られるのでケヤキにする。

それにしても、一般家庭で脇息を使っているとは思わなかった。

そう思うのは我が家だけかな。

今日はカンナ掛けまで、明日から部材切り出しと磨きへ。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

12日

集成材で丸太作り

午前中のグラウンドゴルフは、廃校になった小学校のグランドで桜吹雪の中、気分爽快春実感。

土曜日の山形行きで途中は吹雪と雪道、日曜日の尾花沢は残雪の山。

尾花沢のターニング仲間を訪問、工房は雪に埋もれて入れず、止む無く

「雪の山」を登って、窓から入り見学。関東とは異次元の世界か。

*胴長で深い植木鉢作りの木型制作依頼あり試作品作り開始。

先ず径160mmの丸太作り必要、手持ち材が無かったので集成材柱を4本接着して作る事にした。

105角の柱から170×170×320mmの角材にタイトボンドで接着する。

角材をターニングするが、ラフィングガウジで粗削りの感触は、いつもの無垢材と異なり細かく踊る感じ。

集成材をまた集成材にして、木目、接着剤、硬軟ばらつきetcの為か。

時間切れで今日はここまで、続きは土曜日に。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

11日

ふるさとの土産は重かった

法事と旅行を兼ねて先週末より、上山温泉・天童温泉・銀山温泉巡りで暫く振りにのんびりしてきた。

風邪でやや体調芳しからず残念、温泉に浸かる回数はいつもの半分。

今回は、特別豪華なお土産があった。

実家の近くで下水工事の為とかで屋敷のエンジュを伐採。

畑に放置してあったエンジュ、チェンソーを使いなれた親戚にcutして貰いお土産にして車に積み込む。

それにしても生木は重い、後部座席に70Kgの三人乗った以上に沈む。

今朝工房前に仮置き、チェンソーで切り分け、割れ止め処置予定。

径300mmから200.150まで角サイズあり、乾燥・ヒビ割れ具合をみながら何を作るか大きな宿題になった。が楽しみ。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

04日

やっと一段落

週末から法事で実家に戻り、久し振りに兄弟姉妹全員集合。

リタイァ後に木工をやっている手前、手土産に木工品を作った。

二週間で53個は多いか少ないかだが、とにかく集中して作業。

A3額11、A4額1、2L用円形額7、けやき大皿(280mm)6、中皿(220mm)2、ナチュラルエッジの栓で17、エンジュで4、千年杉で5個

合計53個になった。

けやき皿とナチュラルエッジは木固めエース4回塗布と水研ぎで手間掛った。

額縁はオイルスティンとチークオイル2回塗布と空研ぎで楽だった。

明日から一週間ほど木工を休み、目と手指を休めるつもり。

一段落してホッとしたところ。

再開は、屋外工房の改造と、長短各種銘木の収納棚作りになる予定。

ブログもお休みになりそう。

0 コメント

2012年

4月

03日

迫力満点のA-3

やっと完成したA-3用の額縁、初めて本格的に取り組むが、手順や留めの調整等で試行錯誤ながらまずまずの出来映え。

いつもはA-4写真中心だが、今回のA-3を並べると迫力満点。

ナラ材枠にチークオイル塗布で木目「虎斑」が浮き出てgoo。

下段左下の写真は、試作用として垂木で作った枠にオイルスティン/メープルを2回塗布したもの。

やはり杉の垂木に比し、ナラ材は重量感、存在感が断然違う。当然。

額の写真は、A-4写真紙にブリントしたものをコンビニでA-3に拡大したものだが、普通紙ながら良くコピーされている。@80円/枚

やはりA-3プリンターを購入しようか?

四六時中地震の話題が絶えない時期で、ガラスをやめてアクリル2mm厚にする。1mmでも十分な感じ。

初心者の額縁は、作った1/2は2~3mmの調整が必要。

アクリルカッターで切り込み入れてペンチで割るが出来映え悪し。

バンドソー3mmでcutしてみると、スイスイで問題無くgood。

ランニングコストとの見合いながら、A-3の迫力に囚われそう。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

02日

こだわってトンボ作り

一週間ほど断続的に作っていた「額作り」もいよいよ最終段階に。

今日は裏フタを止める「トンボ」をウエンジとカリンで合計80個程作り、チークオイル塗布で天日干しに。

A-3の大きい額にはウエンジ、2L用円形写真立てにはカリンを予定。

市販の額には、金属プレス型抜きトンボが付いているが味気なし。

手間は掛るが手作りのこだわりを見せて、自家製トンボにする。

2回塗りフレームを#400で磨き、オレンジWAXを塗布して天日干し。

お天気で弱い風があり、天日干しには最高の日和。

続きを読む 0 コメント

2012年

4月

01日

お上りさん、銀座でキョロキョロ

今日は親戚の法事で暫く振りに「東京」へ。

終わってから「たまには銀座を歩こうか」と、春日部田舎っぺがお上りさんよろしく銀座歩行者天国を歩く。

半世紀以上前に上京し、学生+会社人間でウン百回も歩いた通りだが、

リタィァしてからは年に何回かで殆ど御無沙汰。

話題のユニクロが目に入り、お上りさんの話題作りに入ろうとすると留められ「入場制限で最後尾に並べ」との事。

成程、入場待ちの行列が延々と、たかがユニクロに並んでまで!

俺らが春日部にも2ケ所あり、いつでもスイスイ入れるぞ!は負け惜しみか。皆さん話題作りと物見高さで並んでいるのかな。ご苦労さん。

またすぐ近くのguを見ると、ここも入場制限中。

熱し易くさめやすい○○人の特性か。

結局ウインドゥショッピングで早帰り。お上りさんは疲れる。

続きを読む 0 コメント