2012年

5月

31日

看板もリフォーム

住宅リフォーム店の「TOTO水彩プラザ春日部店」がオープンして1年近く経ち地元に徐々に浸透中。

本来は昨年春オープン予定が、東北大震災もあり延期になった。

看板の一つをヤキ厚板で作り、表に切抜き文字を貼り付け、裏に彫り込み文字で作くった。

キャスター付きで移動自由にしていたが直射日光と風雨で色あせ。

オーナーが道路からの入口に目立つ様に固定看板として「リフォーム」

切抜き文字はそのまま使い、TOTOカラーのブルーを再塗装。

リフォーム前の文字跡がうっすらと残っている。目立つ。

 

 

0 コメント

2012年

5月

28日

やってみなけりゃ分からない

「想い出のボトル作り」で日本酒のグリーンボトルを輪切り、サクラ材でcapを乗せて見た。小物入れに良さそう。

ワインボトルで試す、中々ラインに沿ってきれいにcut出来ず。

ガラス用砥石でガリガリ削るも平らには程遠い。

デジタルノギスではかってみる、肉厚2.12mm~2.67、3.13mm~3.75mmまでのバラツキありびっくり。

外観で見ると肉厚均一に見えるが、実際は0.5mm以上の偏肉。

ボトルカツターでラインのキズを付け、ロウソクであぶり氷でなぞる。

熱いのを急冷して割る、偏肉で不揃いの切り口。後処理が大変。

理屈ではピン!ときれいに割れる筈が凸凹山脈。

やってみにけりゃ分からない。もう止めた。

別な方法が見つかれば再度チャレンジしてみたいが。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

27日

Wel comeは何色が良いのかな

依頼主の希望により「皮付きタモ板」でWel comeボードを作る事になり、適当な書体を選びトリマーで彫ってペイント。

置く場所と家の雰囲気、材と色合い、雨風や日当たりetcがわかれば作り易いのだが、残念ながらデジカメ写真の一部のみ。

要望優先で形にしたが、文字の色をどうするか?

いろいろ考えたが、結局つねさん好みのフォレストグリーンに。

板を濃い色の要望だが、木目を出したくてエボニーを二度塗布、"400でサンダー、もう一度チークオイルを塗布中。あまり濃くせず。

Wel comeのムードは何色がbestかな?

暖色系は見た事が無く、白、黒が多い様な記憶。グリーン系は?

 

0 コメント

2012年

5月

26日

想い出のボトル作り

爽やかな風が流れ込む工房、一番快適なシーズンになつた。

今日は昨日に続き「Wel comeボード」作り、皮付きタモ材にトリマーで彫り込みとペイント。

午後はボトル再生・「想い出のボトル」作り。とは大袈裟だが。

グリーンの日本酒ボトルを下1/3で輪切り、切り口をガラス砥石でゴリゴリして角をとる。文章では簡単だが結構やっかい。

サクラ材でCAPをターニング。ピカピカに磨いてsetすると見違える程生き返る。

わざわざ手間ひま掛けてボトルをcut、磨いてCAP作りしなくとも良いのだが、特に記憶に残るボトルを身近に置いて置くのも良いと思う。

このシリーズを当分続けようかと思っている。

今日は物忘れがひどく、眼鏡とデジカメが見当たらない。

空のケースだけあり、中身をどこに置き忘れたか?

てな訳で今日の写真はナシ。出てきたらupへ。

 

 

0 コメント

2012年

5月

25日

Wel comeボード

その昔、子供達に人気の「ゴジラ」や怪獣は、目から強烈なレーザー光線を発して無差別攻撃、街は廃墟になっていく。

現代医学で治療にレーザーが活躍、つねさんは左目に43発のレーザー光線を撃ち込まれ二日間のお休み。

今日は「Wel comeボード」作り。

近所の方が息子?が自宅新築でお祝いにプレゼントしたい。との事。

"ワイルド"な感じを希望、濃いプレートに白文字に。

チーク材にトリマーで彫り込み、ナラの立て棒にケヤキ半割丸太。

テノンカッターの1"でケヤキ台に挿し込む。つねさん感覚の試作品。

この他に皮付きタモ板と皮なしタモ板を用意、ワイルド感のあるプレートにする予定。Wel comeになってくれれば良いのだが。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

20日

大事にされていたボールペン

今日も薄曇りながら好天に恵まれた日曜日。

昨日に続き、TOTO越谷ショールームにて展示即売会に参加。

朝から来訪者が三々五々あり、昨日の3倍オーバーで賑わう。

TOTOショールームの女子社員が来訪、2年前の展示会でつねさん工房で買って頂いた「トチの玉杢スリムポールペン」を見せてくれた。

とっても使い良く、いつも使っている。お客様のサインも頂いているとの事。

作った者としては嬉しい限り。書き具合を尋ねると「少しかすれる」との事で即、替え芯と交換して差し上げる。

娘は居ないが、嫁に出した娘が嫁ぎ先で可愛がられている様な気分。

つくづく出店して良かった、こんな出会いがあつた事で十分満足。

ベールペンは脇役扱いでサンプル程度展示したが、気持ちのうえでは主役だつた。大事にされていたボールペン。再見!

 

続きを読む 2 コメント

2012年

5月

19日

好天に恵まれたが

TOTO越谷ショールームで地元水彩プラザ店10周年フェァがあり出店。

手持在庫品を展示販売するが、残念ながら来訪者少なく空振り。

例年自店前で開催し、近隣からの来訪者がひっきりなしで賑わう。

今回は場所を変えての開催でフェァの周知が徹底されなかったか。

好天に恵まれ絶好のフェァ日和だつたが残念。 

明日も好天予報で期待したい。

 

 

0 コメント

2012年

5月

17日

はて、何だろう?

今朝自宅工房で探し物をしていたら3.4年前に作った額の内抜き板が出て来た。何かに使えるだろうととっておいたもの。

SPF材1×10で作った残りで150×150mm前後。

週末のイベンで子供向けに整形・磨き・6mm丸面ビットで丸め5mmの穴あけして3色の紐を付ける。

子供は遊びの天才、お絵描きかママゴトか何かに使って遊ぶだろう。

右の三角型ドーナツは、カメさん貯金箱の胃袋でお金が入る部分。

SPF材2×6で肉厚38mmあり、厚いので半分にする。

50mmの穴をあけて、6mm丸面ビットで丸め、小さいので慎重に。

紐を付けてぶら下げてみるが、何に使うだろうか?

どちらも塗装無しで#240の空研ぎのみ。子供たちのアイディァ任せ。

0 コメント

2012年

5月

16日

コマ作りの続き

昨日のコマ作りはペースが上がらず、もたもたして時間切れ。

今日はmy工房で昨日の続き、午前中2時間で11個のハイペース。

今度は水木が品切れでアウト。10分で1個のペースだつたが残念。

6月下旬に宮城県へターニング仲間と「水木をもとめて」の「旅」。

幾らかでもget出来れば幸いだが、仲間が大勢で無理かな。

 

0 コメント

2012年

5月

15日

ペースupに時間が掛る

三週間ぶりに夢工房でささやかなターニング。

週末のイベント用に水木で捻りコマを作る。

お正月に作って以来で中々ペースが上がらない。

小さいのを20個作る予定が、出足からつまづき「酔っ払いコマ」。

方針転換して大きめのコマにする。50mm角の水木から削り出し、

45mm前後のコマにしたが小さな子供のは無理かな。

ペースupしたところでtime up。忘れないうちに明日も続けよう。

夢工房の楽しみに「美味しいお菓子付きお茶タイム」がある。

今日は工房主の伊勢神宮参拝でのお土産「伊勢路の香り」とターニング仲間の故郷、熊本玉名市の「卑弥呼の贈り物」。

我が家ではお目に掛れない銘菓、カロリー気にしながらも美味い!

 

 

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

14日

初物作り

今日は珍しい物を依頼された。

栂の3寸角柱にマホガニー色を5回も塗布した長さ18Cmを2本持参して

擬宝珠を作って欲しいとの事。

作った事が無いので早速Google「検索」、色々な形があった。

京都二条城東橋の擬宝珠を参考に、細かな箇所は省略して作ってみる。

栂は木目が粗く軟らかで仕上がりに難あり。

欅で作れば立派な物になるが、栂の指定でこの通り。

門扉の柱に取り付ける、との事だが全体のバランスは如何かな。

塗装は先方でするとの事だが、初物だけに心配。

 

 

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

13日

カスカベ銭亀生れる

親戚の孫に「カメの貯金箱」をプレゼントしたところ、自分で絵付けをしたいとの事。

GWに来訪の孫達にプレゼント、大喜びで絵を描いたり、色紙を貼ったりして完成。

ヒントを得て今週末のイベントに「カスカベ銭亀」の絵付け教室をやってみようと思い作業開始。

いつもはSPF材2×6で作るが、今回は手持ちのウエスタンレッドシダー材で作る。勿体ないが奮発。

型板で下書、バンドソーで切抜き、5mm厚のベニァ板を両側に貼る。

今日は型抜きまでで明日貼り付け、整形と磨き予定。受けるかな?

 

 

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

12日

竹の生け垣にcapとは?

5月21日は金環日食が見られるとかで話題になっているが、当方は昨日眼科で金環蝕ならぬ「白環蝕」を見せられてがっくり。

後発白内障とかで、黒目の周りに白環がくっきり張り付き処置必要。

レーザーで焼くとの事だが、座頭市にはなりたくないので止む無し。

今日は樺材でcap作り、竹の生け垣の両端に立てる支柱(丸太)の頭が腐らない様にcapを被せる。との事で依頼あり。

樺材45mm厚、内径100×外形120mm。先方で塗装する。

エンビのcapも考えたが、風情を考慮して木製にした様子。

どんな仕上がりになるのか、バランスはとれるか、チト心配。

 

0 コメント

2012年

5月

10日

24匹のネコ集合

予てより仕掛中の「ネコの額」がやっと出来上がった。

簡単なスタンドも作ってあり、上の方の立ててある額の様になる。

6月早々に朝霞市で行われるイベントに出品の一部。

メインはいつもの「りんご型切抜き手形」になるが、子供連れの来訪者が多い様子で賑やかにしたい。

仕上がりは簡単な様に見えるが、結構手間ひま掛り販売価格に苦慮。

思わず手に取ってみたくなる物を作りたいが難しい。

0 コメント

2012年

5月

09日

春日部の殿様気分を味わいたい

工房に近所の「鍔工」で「尺八の教授」をしている方が良く来られる。

1ケ月程前に脇息を作りたいとの事で、欅板30mm厚で部材を木取りして提供した。

秋までに仕上げたいと言っていたが、部材が手に入ると待ち切れずに立派に仕上げて持参された。

日本刀の鍔に彫刻をする技術を持っており、脇息の天板、脚、脚の支板に図案作りから彫刻、14金の摺り込みまでの凝った仕上げ。

天板にはつがいで戯れる蝶と川、脚には菊と葉に家紋、支え板には武将並みに花押まで彫りこむ念の入れよう。

旅行先の旅館で見慣れているプレス曲げ木の脇息に比べて、圧倒的な存在感と風格に「立派」の一言のみ。

春日部の殿様気分を味わいたいが、それには新築・大広間・床の間に掛け軸・黒檀の座卓+和服の似合う女房探しetc。

後期高齢者にはもう間に合わない。残念。

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

08日

捻じれケヤキが生き返った

カンナ掛けが難しい捻じれケヤキ板、幅300×長さ1.300×厚さ30mm

をランダムサンダーで粗く磨き、マホガニー色2回塗布。

脚に樫35mm厚さを半円切り取り、その半円を更に半円切抜き飾りに。

このままベンチにも使えそうだが、高さ210mmにして植木鉢台に。

我が家の玄関前に置く予定だが、どんな花で飾るか? 女房任せ。

 

2 コメント

2012年

5月

07日

借景を楽しめそう

新緑がまぶしい五月晴れの朝、ユニック車で立派な松が来た。

大家が工房前に植える黒松、樹齢40~50年と言われる「迎え松」。

広い屋敷に次々と樹木を植え、2.3年して落ち着けば庭園になる。

工房から目を上げればすぐ前に癒される緑に秋には紅葉等。

環境が一段と良くなって来た。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

06日

フリーハンドで

GWも最後の6日、午前中は風やや強いが爽やかな晴天。

屋外工房でネコ額の裏フタミゾ掘り、目を上げるとネット越しに女子中学生のソフトボール試合、ワイワイキャーキャー黄色い掛け声。

L版用の大きさで裏フタのラインを描き、4mmストレートビットを付けたトリマーで4mm深さに掘る。

治具を作ればきれいにライン引きが出来るのだろうが、いつもフリーハンドでやってしまう。大分慣れて来た。

クッキー試供品を貰ってから、この作業楽でスピーディーに出来る。

優れ物。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

05日

ランダムサンダーの威力

子供の日、最高の五月晴れ、爽やかな風が少し強かったが、屋外でのサンダー掛けには最高条件。

自宅のプランターを置く「さくら枝のベンチ」が痛み引退へ。

代わりに「ケヤキのベンチ」を作り乗せようと思う。

大きなケヤキ板から・幅300×長さ1.300×厚さ30mmを切り出す。

捻じれケヤキでカンナ掛けは無理、ランダムサンダーを引っ張り出し

"80でブンブン回し磨く、威力絶大。

写真右半分は磨き、左は地のまま。

調子良く、裏表磨き終わり、脚板を磨こうと思ったら「?」

ランダムサンダーに丸いサンドペーパーがくったかずSWオンでぶっ飛んでしまう。どうしたことか?

ランダムサンダー掛けは何年ぶりか、使い方を間違ったか?

取りあえず板と脚に屋外防腐オイルを1回目の塗布。明日2回目へ。

 

0 コメント

2012年

5月

04日

パン皿作り

リタイァ組にはGWもあまり関係なく、雨続きは落ち着いて木工三昧。

パン皿の注文が入るも在庫無く、手持ち材で午前中7枚ターニング。

径280と270mmの要望で材はお任せ、ナラ・カバ、ケヤキで作る。

写真一番上のは、280mmでターニング中に端にひび割れ出て230mmに小さくなってしまつた。

今日は空研ぎ仕上げで、この後水洗いして乾燥中。

明日#400で空研ぎして水洗い、4回繰り返し最後は#1.000で仕上げ。

300mm幅の板材手持無くなり購入しなくては。助さん宜しく!

 

 

0 コメント

2012年

5月

03日

24匹の兄弟姉妹

予想より一日遅れの「豪雨」、よく降った。

サンダー掛け、塗装等準備した作業が雨でお流れ、工房内作業へ。

6月早々に朝霞市でイベントあり、出店予定につき準備に入る。

3月のイベントで好評だった「ネコの額」を再度出品する予定。

ナラ、タモ、ケヤキ、サペリの薄板をカンナ掛けと型取り。

中を糸鋸で切抜き、10Rの丸面ビットで角取り、

バンドソーで型に沿って切抜き、6R丸面ビットでなめる。

明日天気になれば屋外工房で、L版写真を入れるサイズに裏フタ用をトリマーで4mm深さに掘る予定。

左向きが兄弟、右向きが姉妹としようか。どっちでもいいや。

 

0 コメント

2012年

5月

02日

喜怒哀楽四面達磨

80歳オーバーの現役造園業のおじぃちゃんが来訪。

手造りの「喜怒哀楽四面ダルマ」を回転台付きで持参、頂いた。

忘れていたが、1年位前か伐採直後の赤松の枝を持参されて「ダルマ」を作って欲しい。四面ダルマを作ると依頼されてターニング。

樹液がビュンビュン飛び散り、ジャンバーがびしょびしょになった。

4~5個作ったが、喜怒哀楽の面を1個づつ彫り、4個組みの木型。

昔、ダルマを作っていた技術を生かし木型に和紙を重ね貼り、絵付け。

それにしても赤松の枝を切って、彫り込み木型作り、和紙貼り、絵付け

全部こなす。見習わなくては!

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2012年

5月

01日

またまた在庫が増えそう

このところ材木の仕入れをセーブしているが、工房内外にかなりの量が溜まり作業・陳列スペースが浸食されている。

対策として、屋外に奥行き1間×幅2間×高さ2.5mで屋根付きを増設を準備中だった。

思いがけずに材木格納棚が手に入り、朝から移動と設置作業。

工房前の植木鉢販売用の陳列棚が不要になり、当方で利用する事に。

間口3間×奥行き1間×高さ1.8mで屋根付き。立派な棚。

3tユニック車で吊り上げ移動、これだけ大きいと動かすにも大変。

棚として使うには、奥行き1800mmあり深すぎ、改造後格納へ。

北側に設置の為、雨風対策必要、当分大工仕事が続く。

続きを読む 0 コメント