2013年

11月

30日

生まれたばかりのトナカイ

明日から師走、一日変わるだけで12月になると、気分的に何となくX'mas、お正月を迎える雰囲気になってくるもの。日本人だなぁ~。
順番からいってX'mas向けの3Dトナカイ作り、飽きるので干支の午と交互に作っているが、今日は3Dトナカイ。3mmバンドソーの破断軽減の為に角と脚部分を6mmバンドソーでcut、胴側面と曲面は3mmバンドソーにして使い分け。生まれたて赤ん坊のお尻は可愛いもの、トナカイのお尻も可愛く、尻尾を振りそうに見えるのはひいき目か。

この後、#180ペーパーでバリと角を落とし、目と鼻を付けて完成へ。

さて、あと何頭生まれるかな。

 

0 コメント

2013年

11月

29日

生かすも殺すも目の入れ方次第

夕方から干支の「午」作り、SPF2×4で3D馬にするが3mmバンドソーの操作と木質でサクサク気持ち良く出来たり、イライラしたり。
このところ3mmバンドソー替刃が良く破断する。溶接部分からだったり、途中からだったり。メーカーに問い合わせするがピントの合った回答にならず(当然だが)。丈夫で長持ちする「我が女房」の如き替刃はないものか。気長に探そう。

昔から良く言われる様に、目の入れ方が難しい。人形やこけし等に代表される様に、目の表情ひとつで「生きたり死んだり」。バーニングペンで適当に♂は大きく、♀は小さく等、目じりを上げたり下げたり気の向くままに。やっぱり絵心が必要だ。

バンドソー替刃破断で新品交換の場合、試し切りと油落としの為に曲線切りをする。真ん中のへんてこりんな坊主は、テスト切りにいたずら。

今回は長持ちしてくれないかなぁ~。

 

0 コメント

2013年

11月

28日

使い方が悪かったのかな

銀杏で薄く軽い皿の依頼があり、4種類作り木固めエース全艶消しで仕上げ予定だった。最初の目止め剤を塗布段階で缶の中身がドロドロ。
薄め液で希釈して塗布したが、一日置いたら砥の粉厚塗り状況に。

いつもの段取りで、メーカー推奨の#600空研ぎペーパーで磨くも全く受け付けず。止む無く、木工旋盤(ビーバー)で#120.180.240.400で磨きやっと落ちる。

最初から濃すぎると思っていたが、まさかこんなになるとは!初めての事で面食らう。写真の白いのが磨き前、左は真空チャックで引いているところ、真ん中が目止め剤を落としたところ。1時間の無駄な作業。

使用直前に目止め剤入り缶を振って開缶したが、底の固まりが薄まらず、薄め液のみ分離して出てきた様子。女郎の厚化粧の様では、今後この目止め剤の使用を止めようと思う。それとも使い方が悪かったのかな。

 

0 コメント

2013年

11月

27日

バリバリ名作を描くぞ!

木工新人がイーゼル作りにチャレンジ、4回目でやっと完成した。
早速青空の下に出して「完成確認」、15号桜満開の油絵をsetしてみる。OK、高さ1.500mm、架台(絵を乗せる受け台)は900と700mmにして完成、おめでとう。通っている絵画教室の先生に見せるとの事。

新人にしては、まずまずの出来栄えだが、「弘法大師筆を選ばず」を転用してバリバリ名作を描いて貰いたい。

 

0 コメント

2013年

11月

25日

くたびれた我が家の鍋敷き

今日は木工新人の実習日、午前中は仕掛中のイーゼルに2度目のウレタンニス塗布、午後からは油絵教室で描いている作品の額縁作り準備。
本格的な油絵額縁作りは、予算的にも技術的にも無理なので「簡易版」とする。結構大きな油絵で、何号かは忘れたがガッチリした額にする必要あり、3個作るので馴染の材木店で栂材35×45×3.000mmを4本購入、長めに木取りしてカンナ掛け、今日はここまで、写真を撮り忘れ。

我が家の夕食は、「鍋焼きうどん」その鍋敷きが大分くたびれてきた。

左が女房用でタモの一枚板、右がつねさん用でタモ材にアクセントとして黒いウエンジを挟み込んだ自称「インテリァ鍋敷き」。

女房曰く、大分くたびれたので「削って!」カンナの刃を交換したら再生カンナ掛けしようかな。木工写真の代わりに。

 

0 コメント

2013年

11月

24日

ドングリころころ、割れないといいなぁ~

ドングリころころドングリこ、お道に落っこちどうしょお。しばらく前に早朝散歩していると、通りすがりのの中学の校庭から大きくて立派なドングリが頭に落ちてきた。みると歩道にあちこち散らばっている。あまりにも立派なドングリで10個程ポケットに。何かに利用しようと思いながらそのままに。

11月早々に川越市で「さんとめ木を活かす展」に出店した折「ドングリ・ストラップ」を貰って「これだっ」。早速作ろうと思ったが数が少なく、ドングリ拾いに行こうと思っていたが、多忙でつい延び延びに。

救いの神現る。11月中旬に新座市の東京新宿材木のイベント参加で、出店者の木琴工房さんから立派なドングリを沢山頂いた。

ドングリに1.5mmドリルで穴あけ、小さなヒートンを捻じ込み、瞬間接着剤で固める。Oリングでストラップとjointして完成。

右の写真は、ドングリに捻じ込んだヒートンを瞬間接着剤で固めているところ。自分で拾ったドングリはひび割れが出て使えず残念。

折角作ったストラップ、割れないといいなぁ~。

0 コメント

2013年

11月

23日

これからが本番、大変だ

今日は午後から干支の午作り準備開始、まずSPF2×4を150mm長さにcutして60個ほど作る。例年の干支は2D(板材)でペァーにして作っているが、来年の午(馬)は3Dで試作品をモデルに作る事にした。50組(100個)位作る予定、これからが本番で12月半ばまで大変だ。

0 コメント

2013年

11月

22日

華のお江戸に花を咲かせたいが

東京・日本橋・小網町⇔華のお江戸のど真ん中。ここに縁があって展示販売をするこ事になり本日持ち込み展示、即3Dトナカイお買い上げがあり幸先良し。
名称・・山梨工房=ギャラリー・エスカル(一休み)。地下鉄日比谷線茅場町下車・徒歩5分位で至便。東京都中央区日本橋小網町4-4。

営業曜日と時間は、月・水・金のAm11:00~Pm17:30まで。

ここに木工旋盤仲間と共同で展示販売、自作で自慢の一品ばかり。

木工クラフト好き人には、興味津々の新規開設ギャラリー、奥は木工旋盤を中心に各種木工機械を備えた工房。

工房主も木工旋盤で作品作りをしており、展示作品の解説・説明OK。

東京にお出での節は、買い物、グルメついでに是非お立ち寄り頂きたい。場所は分不相応に申し分なし、華のお江戸で花を咲かせたい。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

11月

21日

干支・午の試作、馬に見えるかな

各種イベントが終わりやっと一息、そろそろ干支の準備時期となり試作する。一週間前に泊まった温泉旅館で、廊下に掛けてあった馬の陶板が目につき「これだっ!」イメージがぴったりだったので参考にする。

トナカイ作りで慣れた3D干支にしてみると案外いけそう。

思い出しながら目見当で型板を作り、SPF材2×4を3mmバントドソーで切り抜くと、木目が浮かびゼブラ(シマウマ)誕生。

午はjapanだが、ゼブラはafrica、春日部の干支はグローバル化かな。

念の為検索・午は草木の成長が極限を過ぎ、衰えの兆しを見せ始めた状態を表しているとされている。覚え易くするために動物の馬がわりあてられたとの事。(この因果関係は?)

午の刻は昼の12時を中心とする約2時間、昼の12時を正午と言うのはこれが由来。・・・知らなかった。お手本の陶板は「名作」かもしれない。芸術は門外漢の為ご勘弁を。

0 コメント

2013年

11月

20日

果たして耐えられるか

つねさん工房ではバンドソーを3台設置、KERVバンドソーは替刃幅3mmと10mm、日立バンドソーは75mmで使い分けしている。
一番使うのは3mmでほぼ毎日稼働、最近困った事に切断頻度が多くなった。使い方は変わらないので、もしや接合部の溶接が?。でも接合部でなく途中からの破断も多くなった。どうしたものか。

火曜日に夢工房の佐野師匠に3mm替刃の溶着をお願いしてやって貰う。

佐野師匠は10mm以上は良くやっているが、3mmは初めてとの事。

ダメモトで溶着⇒何度か繰り返して一応成功! テストで確かめよう。

1本2.900円位するので、cut個数次第でコストが跳ね上がる。

これから3Dトナカイや3D干支(午)作りが多くなるので助かる。今日は新品発注品5本がオフより入荷したが、支払いが大変。

再生替刃、果たして耐えられるか? 耐えてくれ!!!

 

続きを読む 0 コメント

2013年

11月

19日

遅いか、早いか、予定通りのターニングday

今日は暫く振りに夢工房でのターニングday、依頼品ながら延び延びになっていた銀杏の薄いパン皿とケヤキのお椀を作る。
銀杏は自己流表現で「ひげ」と称している黒い点々が散らばっている。径200mm以上になると、ひげ無しを見つけるのが難しい。

近在の方に銀杏の小盆を進呈したところ、軽くて色白で気に入ったのでパン皿の依頼になった。出来たのは、皿とお盆の合いの子風。

同じく近在の老夫婦依頼のケヤキお椀、納めたお椀は底が薄かった為か、木目と直角にヒビが入ったので、底を厚めに代替品を作る。

午前中2時間でパン皿3枚、午後から3時間でお椀2個。今日の予定は完了でpm16:00終了、遅いか、早いか、予定通りで気分good。

明日に木固めエース仕上げ予定。

 

0 コメント

2013年

11月

18日

どんな名作・佳作が生まれるかな

今日は11月中旬にしては暖かく、工房内外での作業日和。
毎週通ってくる木工入門者は多芸多才で、あちこち○○教室を掛け持ちで回っている。今日は木工ディーで習っている油絵描きのイーゼル作り。SPF2×2材で、高さ1500mmの大型にチャレレンジ。DIY雑誌ドゥーパの付録「初心者木工」をテキストにして作る。

3×6尺ベニァ板に原寸大の図面(線画」を書き、現物合わせで作業する。

特に難しいところは無いが、相変わらずインパクトドライバーに苦戦。

今日は、組み立てとサンダー掛けまで、次回ペイント作業に入る予定。

自宅で使うとの事で、どんな名作・佳作が生まれるか楽しみだ。

 

0 コメント

2013年

11月

17日

我が家の小さな冬模様

今年の我が家の柿は裏年か、僅かに20個程しか実のらず全くダメだったが、鶴岡で頂いた大きくて甘い庄内柿を毎日楽しめた。
11/12からの温泉旅行で立ち寄った道の駅に渋柿があった。探していたので早速get、名前は忘れたが大きく立派な柿、吊るし柿にするのだが、忙しくてほったらかし、やっと今朝皮むきして吊るす。

もぎ取ってから多分一週間は経っていると思われ、大分柔らかくなってしまった。一年おきに作っているが、我が家の工房だった所は吊るし柿に向いているのか結構美味く出来る。余禄として「オッパイ揉み」も出来るし楽しみな「我が家の小さな冬模様」。霧吹きの焼酎買わなくては!

 

 

0 コメント

2013年

11月

16日

次元が違う

今日は、晩秋の小春日和で絶好のドライブ日和。「笠間工芸の丘」に行く。高萩・たなつる工房・菅波博光氏の「木の器展」を見学。

「木の器」漆仕上げで溜息が出るのみ、氏に会う度に言われる「良い物を作るには最高の材を使う事」。

展示品のどれも信念の通りに「最高の材を最高の技術」で仕上げられており、つねさんレベルからみると「異次元の世界」。今日の見学は勉強するつもりで来たが、この次元の差異で幻滅を通り越してフゥーの溜息。でも唸っていてもしょんが無い、帰りにgetした水戸名物納豆「切り干し大根入り・そぼろ納豆」を食って元気を出そう!

 

 

0 コメント

2013年

11月

15日

温泉も良いが、やっぱり木工だな

タイミング悪く、寒波襲来の最中に二泊三日の温泉旅行。名湯秘湯探訪の名目で行くが山奥は雪。ノーマルタイヤでスリップしてJAFにSOS。車運搬車で「救助」される始末。最終日の昨日は青空ピッカピカで満足。
今日から溜まっている仕掛品の仕上げ、山桜のパン切りボードの型抜き、面取り、空研ぎ、オイル塗布1回目までの木工作業。

温泉に浸かっていても、頭の中は木工段取りと消化日程の事ばかり。

仕事でなく趣味の筈だが、依頼された物は納品まで借金している感じ。

趣味ならもっと解放感がある筈だが、何だか重くなってきた。

でも、温泉も良いが、やっぱり木工だな。充実感が違うもんン。

0 コメント

2013年

11月

11日

山桜の薄板挽き

続いた秋のイベントも終わり、やっと一息ついたところ。今日は山桜の厚板を薄く挽く作業。皮付き厚さ80×幅410×長さ350~400mmから厚さ17mmに挽き、カンナ掛けで15mmにする。
山桜のパン切りボードが人気、在庫が無くなり予約を含めて40枚程作る予定。今日は取りあえず30枚、幅125×長さ300×厚さ15mmのボードにして、ミネラルオイル仕上げ予定。山桜の在庫が少なくなり探さなくては。

 

0 コメント

2013年

11月

08日

今どきこんな所に

My工房から100m位離れた所に、田んぼを埋め立て土地だけを売り出したところがあり直ぐ完売。半年もしないうちに、次から次と新築ラッシュ。角地のモデルハウス。暫く休日にopenしていたが、いつの間にか誰かが住み始めた様子。気になるのは大型外車が日替わりで駐車している。立派な車庫付き住宅だが、何故か玄関先に駐車している。今朝工房へ行く途中にキンキラ車がデンと。車に疎い身には何と言う車がとんと分からないが、クライスラーだけは読めた。1980年代の車かな?

その昔、1980年に初めて米国を一回りした折、シカゴ・NY・LA・SF等でこれ見よがしに走っていた車の感じ。今の米国と違ってまだまだ世界に君臨するアメリカ、活気があり威勢が良かった時代。

春日部の田んぼの中の住宅地に「今どきこんな所に?」車好きにはたまらん光景だろうが、軽トラの似合う土地柄にこんな金ピカ車。明日は?

 

0 コメント

2013年

11月

07日

バラバラ事件で生まれました

関東南部の日曜日は雨の予報、新座市のイベントに出店予定だが、雨は木工品の大敵で人出も鈍る嫌われ者。
11月始めの三連休に川越市のイベントで人気のあった「3Dトナカイ」を

イベント目玉に作り始める。3mmのバンドソーで一筆書きで切り抜くが、結構神経を使い一時間やって小休止。

木の塊をほぐしていくと、写真中央の様に「バラバラ事件で誕生」羊水ならぬ鋸屑にまみれて生まれるが、何とも言えず可愛いもの。おめでとう。

 

 

0 コメント

2013年

11月

06日

杉ドーナツの日向ぼっこ

今日の午後は、小学1.2.3年生の下校安全「見守り隊」で出番の為、早朝から杉の鍋敷き作り作業開始。昨日切り抜いた杉ドーナツをターニングで円周丸めと表面に溝彫り、チークオイル塗布して42枚仕上げる。
午前中掛かったが、日射しが良くオイル乾燥の為外に出す。

さしずめ「杉ドーナツの日向ぼっこ」、たまには日向ぼっこも良いなぁ。

 

 

 

0 コメント

2013年

11月

05日

杉のドーナツ

予報によれば来週から本格的な寒さが来襲するらしいが、寒さが深まれば食卓は鍋シーズン到来。三連休で三日続きの川越のイベントに参加、お蔭で在庫整理になりほとんど無くなった。中でもワンコイン(500)鍋敷きが人気あり空っぽになってしまった。

馴染の材木店に無理を言って、乾燥+節少なしの杉240×24×3.600mm

を探して貰う。18mmまで両面カンナ掛けで落とし、ドーナツ作り。

径200mmを中心に、155~230mm迄節を避けて大小48枚。

チャック穴に径50mmをフォスナービットで開け、裏面を#240空研ぎ磨き。円周と表面はターニング加工し、チークオイル塗布仕上げ予定。

 

 

0 コメント

2013年

11月

04日

木彫り職人のゼペットと並んで

川越「さんとめの木を活かす展」三日目の今日、空模様が安定せず降ったり止んだりで人出パッタリ。最終日の意気込みは三振空振りアウト。
いつもの「りんご型切抜き手形」は不渡りに。こんな事初めてだ。

子供が居なくては開店休業。地元のチェンソーアート作家「木挽屋さんが」持ち込みのゼベットと並んで暇つぶし。

子供の頃読んだピノキオの生みの親ゼベットは、イタリァの腕の良い木彫り職人、亡くなった息子に似せて「木の人形」を作った・・・続く。

良い顔をしているなぁゼベットは、大分老けて見えるが幾つ位かな。

こんな柔和な良い顔で人生を全うしたいな。でもピノキオは子供で逆算すれば、そんなに老けてない筈、まぁ詮索は無しにしよう。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

11月

03日

子供にも大人にも独楽人気

「川越さんとめの木を活かす展」二日目、日曜日と文化の日が重なって朝からぞろぞろの人出多。昨日の3倍位かイベント大賑わい。

今日は夢工房が自慢の「独楽」を展示販売、独楽台でビタリと止まった様に回る独楽に見物の人々はびっくり。

独楽に色付け体験も出来て、おばぁちゃんに手伝って貰いながら「色が付いた、出来た~」と大喜びの子供。心配そうに見守る工房主。

独楽の売り上げは、一日としては最高記録とか。鮮やかな色彩と、微動たせにしない滑らかな回り方に、子供にも大人にも大人気。

人出の多さに、お蔭様でこちらの工房も人気の「3Dトナカイ」や「山桜のテープルカッティングボード」「鍋敷き」完売。明日の品が無い。

どうしようかな。

0 コメント

2013年

11月

01日

リトル・ガールフレンドへ

明日から三日間、川越市の蔵里で「さんとめ木を活かす展」が開催される。昨日は出店準備、今日は持ち込みと打ち合わせで木工お休み。
夕方に幼稚園に通う可愛い姉妹が来訪するとの事で、お土産にSPF材1×4で子羊を作る。

3mm幅バンドソーで切抜き、バーニングペンで目を入れただけの単純なものだが「可愛いぃ」と喜んでくれ、こちらも嬉しい。

チョットした小物だが、子供にとってはうれしいもの。プラスチック文化にまみれた子供たちに、木の温もりを知ってくれれば幸い。

リトル・ガールフレンドへの次は何にしようなかな。

 

 

 

 

0 コメント