2013年

3月

31日

座板作り

弥生三月も今日で終わりながら、真冬並みの気温にブルブル。

400世帯オーバーの自治会の総会があり、住民の権利+義務で参加。

地元では「モデル自治会」らしいが、熱意過剰のご仁の発言に振り回され、2時間の総会で1時間45分が終わった年度のブヅフツ・グダグタ。

肝心の新年度はサラッと30分。

飛び出して「聞けっ!」と言いたいのを抑えるのに血圧上がる。

現役会議なら「一喝」で済むが、気長な理事諸氏は忍耐の一字。

 

気分転換に午後から工房へ、材木は素直に言う事を聞くし従順。good

四月は腰掛=スツールを集中的に作ろうと思い、準備開始。

変形ケヤキ、タモ凸凹、セン小型丸味を作る。

厚さ35mmにカンナ掛けで、なるべく軽くするつもり。

偏心脚を24本作らねばならぬが、50mm厚の板材揃えが一仕事。

有り合わせの材で間に合うかな。

 

 

0 コメント

2013年

3月

27日

薬をやめたら治った?

春風邪(?)はしつっこい、一週間かかって治ったと思ったらぶり返し。

37.9度の発熱はウン10年振りか、木工どころで無かった。

合計11種の薬の飲み過ぎか、だるくてクラクラ。

飲むのを止めたら、スッキリ、クッキリ元気回復、即工房へ。

仕掛中のテーブルカッティングボードに、コンディッショナーオイルを塗布、耐水ペーパー#1000で磨き、ウェスて゛拭きとる。乾燥で完成へ。

めったに手に入らない山桜、どっしり存在感ありgood。

 

0 コメント

2013年

3月

24日

名づけ由来を聞くと

名前や称号、社名を聞くと「その由来は?」と、つい聞いてしまう。

つねさん工房は単純至極、自分の名前を付けたのに過ぎず面白みが無いが、覚え易く言い易い。

所属するJWA=日本ウッドターニング協会の仲間、約70名の半数が

自分の名前の一部や土地名、木に由来等の○○工房と付けている。

その仲間から切抜き文字で、工房名の成依頼が電話であった。

最初聞いた時は全く分からず、何度も聞き返し文字を聞いて納得。

何故濁点をつけたのか?   付けた方が面白いから/納得。

自分たちの名前に「"  濁点」を付けて工房名にしたとの事。

タモ材20mm厚を糸鋸とバンドソーで切り抜く、バンドソーの懐は

340mmなので2分割にする。

工房名と由来のリストを作ってみようか。面白そうだ。

 

0 コメント

2013年

3月

22日

看板つくり

つねさん工房を気に留めて頂いた工務店さんから、工務店の店先に木工品展示販売をしたらどうか。ご厚意を頂き準備中。

タモ板材で看板を作る。あまり角ばらず、気安さと親しみ易さを出した看板を心がける。

いつもの事ながらデザインに苦慮する。看板の本筋は、一目で何を訴えているのかわかる事=単純に。(それしか出来ないが)

風邪が長引き調子出ず、木工も体力気力勝負、早く治さねば。

 

続きを読む 1 コメント

2013年

3月

21日

「必要」も時代背景でヴォリュームupする

起きて半畳寝て一畳・起きて三尺寝て六尺・一千万石も飯一杯

千畳敷に寝ても畳一枚。

同じ「ことわざ」を並べた。必要以上の富・物等を望んでも仕方がないと言われるが、下々にはホントかな?

物理的にはその通りだが味気ない。精神的な面は分かるのだが。

近所に在住方が趣味の刻字で賞を取った、との事で見せに来訪された。

立派な堂々とした刻字、その方面には疎いつねさんでもホー。

刻字の何とか会で佳作入選作。着色した桂を浮彫にして金箔を貼る。

残念ながら左側の浮彫は?・・・畳の事。象形文字かな。

「必要」の度合いも環境、文化、エネルギー、社会情勢etcで限りなく変化している。

衣食住足りて礼節を知る。このレベル以上を望んでも仕方がないとしたい。

ことわざの生まれた時代背景と、解釈する時代背景の落差を埋めて

このことわざは、現代ではこうなる。頭の良い人に作って貰いたい。

 

0 コメント

2013年

3月

19日

全ては模倣から始まる?

ターニングの本筋から外れるが、オギャーと生まれてからの人生は模倣の連続、模倣を卒業してオリジナリティーを生み出す事は至難。

物造りは特に、基本を体得するのも模倣から始まり次第に自分の型に。

 

京都炭山朝倉木工の「プラネットプレート」、ウォールナット材で径260mmは約500gの重量級との事。作りたい=模倣したい。

今日は夢工房ターニングディー、山桜円板を持参して早速トライ。

径185mmで232g、径225mmで329g、手にしてずっしり存在感満点で当分はまりそう。

風邪が長引き体調よろしくない、残念ながら2枚で早や上がり。

あと8枚分用意あり、あれこれバリエーションを変えてやってみよう。

模倣を超えて新しいモデルは無理かな。だろう。

 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

3月

18日

木工本に誘われて

このところアマゾンで木工関連の本を取り寄せている。

アマゾンから、しょっちゅうメールで新刊案内がくのでついつい。

買うからくるのか、来るから買うのか、どちらにしても便利な時代へ。

 

先日近所にオープンしたショッピングモールの本屋で、気に入った本があったので迷わずget、どこかで見たような薄っすらとした記憶あり。

書斎の本棚に並べると、あれっ! 同じ本がある。

アマゾンから取り寄せていたのを忘れていた。メールで見ていたのだ。

 

「手づくりする木の器」に掲載されている、厚く重量感のあるプレートが気に入っていた。京都炭山朝倉木工のプラネットプレート。

今までのイメージと全く反対のプレート、こんな考えもあるのだ。

すぐ作りたくなった。

掲載のプレートより若干小さいが、似通ったものが出来るかも。

山桜の35mm厚板材で円板を切抜き、径200から230mmの器にする。

自作のナラとサクラのパン皿を毎日使っているが、深めのプレートも仲間入りさせたい。お気に入りの山桜で。

0 コメント

2013年

3月

17日

とっておきの材で

今日は昨日製材した厚さ75mmの山桜を35mmで10枚、20mmで10枚を挽く、日立バンドソーCB-75Fに25mmのバンドを装着、快調。

35mm厚は器作り、20mmでテープルカッティングボード8枚。

自動カンナの替刃を交換、ツルツル、表面に光沢が出る。

長径280×短径170mmのビーンズを2枚、長さ360×幅200mmの取っ手付きを6枚作る。

仕上げは、ブッチャー・ブロック&カッティングボードオイル塗布1回目、このオイルを3回塗布して仕上げはBBコンデイショナー塗布。

結構手間暇掛かるが、これも作る楽しみ。

とっておきの材、木好き人には受けると思うが?

 

0 コメント

2013年

3月

16日

期待通りに大活躍

暑さ寒さも彼岸までの言い伝え通りに、急に暖かくなってきた。

今日は午後から新戦力の古強者「日立バンドソーCB-75F」の試運転。

伐採、製材から3年経った山桜の厚板を自分なりに製材する。

厚さ75×幅500~600×長さ600mmの山桜を乾燥させていた。

シートをめくると、予想通りにヒビと虫食いがあちこちに。

幅の真ん中に大きなひび割れ、片身200~250mm幅に。

取りあえず10枚程cut、試しに厚さ35mmに挽いてみるがスイスイ。

器、皿、椅子の台板等に、楽しみが増えた。

このバンドソー、期待通りに大活躍で満足。忙しくなるな。

 

 

0 コメント

2013年

3月

12日

エンジュのとげ抜き

火曜日の夢工房ターニングディー、エンジュでナチュラルエッジの荒彫り、伐採後1年でまだまだ生木のため当分乾燥養生させる。

先週に続き、今日もやっちゃった。

フェースプレートを固定するネジがねじ切れてしまい(写真赤丸)、ターニング不能になってしまった。

今回は何本目かのネジ締めで、すぐ分かったので助かった。

先週のは、フェースプレートを外して、ターニング中に「ガツン!」

あれっ、節かな?と思いつつ続けてまた「ガッツン」やばい。

抜いた筈のネジが先端10mm位が切れて残っていた。分からなかった。

今回は、埋め込まれたネジの回りをドリルで穴あけ、ほじくり出した。

時間が勿体ないが、材も勿体ない。やはり材優先になった。

ネジが弱いのか、インバクトドライバーのトルクが強すぎか。

3回目のターニングには、太いネジを使わねば・・・

今回で3本目のトゲ抜き、慣れたがやりたくない仕事。

 

続きを読む 3 コメント

2013年

3月

11日

古いが新しい戦力に

つねさん工房に新しい「仲間」が加わった。

1994年10月製・日立バンドソーCB-75F 三相×1.500W。

9年落ちだが、見た目にはていねいに使われていたのか痛み少ない。

高さ調整に4寸+3寸5分の柱を組み、キャスターを付ける。

三相×200V電源設置はこれから、試運転では問題無い様子だつた。

けやき、栓、山桜、ブビンガ等の厚板製材が溜まっている。出番多し。

古いが新しい戦力になってくれる。楽しみ。

 

2 コメント

2013年

3月

10日

180年の歴史を見てきた赤松

1830年代は江戸後期、天保の大飢饉、東海道五十三次の浮世絵が出

来たり、フランス七月革命、西部開拓史の始まり、ビクトリア女王が即位した年代。

この頃に一本の赤松が芽生え、山形の実家の屋敷にどっしりと根を張り、江戸・明治・大正・昭和・平成の五代を見守ってきた。

子供の頃より我が家の目印であり、村のシンボル的存在であったが、数年来松喰い虫に取りつかれ年々衰弱し、遂に昨年秋に伐採。

週末に法要で帰省、黒ずんだ切り株に「お疲れさん、ありがとう」。

180年の年輪を刻み、時代の変遷と我が家の歴史を見守ってきた赤松。

幹と枝の一部を残してあり、1年経ったらこれからの100年を生きる木工作品にして残したい。

心配は、松喰い虫の影響はどうか? 見極めねば。

 

0 コメント

2013年

3月

06日

春気分で

飛び飛びに続けてきたSPF材の額縁15枚に、裏板とアクリル板を合わせてほぼ完成した。

3色重ね塗り、最後の色をもう一度仕上げ塗布、#80サンドペーパーでこすり、下色を出すがこれが一苦労。

この後トンボと釣り金具、吊り紐を付けて仕上げ。

さて、誰がどんな写真、絵等を入れるのかな。

作る方は、春気分を楽しんで並べて満足。この次は銘木額縁だな。

0 コメント

2013年

3月

05日

美女と野獣かな

今日は夢工房のターニングディー、朝9時集合して30分位お茶と雑談。

12時までターニングして1時間のランチタイム。

3時にお茶と休憩タイムで30~40分位、5時までターニングして掃除。

5時半頃から6時までお茶と「反省会?」。

今日の正味ターニング時間は5時間半位か、My工房よりゆっくりできてのんびりムード。お茶と雑談+情報交換が楽しい時間。

 

栓で小さな器を3個、エンジュでナチュラルエッジの荒彫り。

伐採1年でまだレァに近いミィデ゛ィアムの為当分乾燥待ちに。

並べてみると、色白で繊細なセンに対して、荒々しいエンジュ。

例えれば美女と野獣か、エンジュは仕上げて磨くと黒光りしてジェントルマンに化けるが、栓は段々「おばさん」になっていく。木は面白い。

0 コメント

2013年

3月

04日

ちょっと目先を変えて

仕掛中のテーブル・カッティングボードが完成した。

ミネラルオイルを3回下塗り、コンディショナーオイルを2回塗布して乾拭き、トチ杢が浮き出て「木好き人」には目を惹く一品。

どこかで見た記憶に「皮ひも付きボード」があった。

ワンポイントに20mmの穴をあけ、2mmの皮ひもをリングにする。

実用上は特に役立ちは無いが、ぶら下げにはOKだろう。

チョット目先を変えたボード、嫁入り先が気になる。

0 コメント

2013年

3月

03日

この辺が限界かな

近くでは紅梅白梅が咲いているが、暦ではもう桃の節句。

玄関先の僅かなスペースに、何年か前に作った「ターニングひな人形」が飾ってある。小さなボンボリも並んで。

 

午前中に3D切抜き文字作り、厚さ35mmのタモ板に文字をカーボン紙で転写、中抜きは電動糸鋸、3mmのバンドソーでラインに沿ってcut。

空研ぎサンダー掛けて#120ペーパーで角落し、チークオイル仕上げ。

糸鋸はHCで購入したリョービ450だが、バンドソーは300幅mmまでのために、一本では切抜き出来ず二つに分けて作業。

表からは見えないが、裏は見られたものでない。

糸鋸での中抜きは「はらみ/ふくらみ」もあり、真っ直ぐ抜けず。

ゆっくりやれば可能だろうが、せっかちなつねさんには「35mmの厚さ」この辺が限界。

この他、25mm厚のナラでも作ったが、ナラは固くこちらもこの辺が限界の様子。もっとじっくり構えてやらなくては!

 

0 コメント

2013年

3月

02日

女郎の厚化粧?

春一番が吹き止まず、今日は春二番で冷たい北風。

ペイント作業には、風で乾きが早くて良いのだが程度もの。

夕方まで待って額縁に三回目のペイント、三色目の重ね塗り。

四回目の最後は、同じ色の上塗りで幾らかでも滑らかにしたい。

女郎の厚化粧? な~んて言われなければ良いのだが。

0 コメント

2013年

3月

01日

ビーンズ・ボード作り

今日は7年振りの春一番が吹きまくる、工房前の中学のグランドから南風に乗って"大砂塵"が吹き付ける。

予定では、額縁15枚に3回目のペイントだったが砂ぼこりで中止。

代わりに「テーブル・カッティングボート」を作る。

在庫切れで、まえから作らねばと思っていたが中々出来ず。

トチの荒板をカンナ掛け、5枚だけ取れたので写真の通り。

 

その昔、SFだかLAだったか忘れたがティファニーでプラチナの「ビーンズ」を勧められて、当時の「大枚」をはたいた記憶がある。

それ以来、何かにつけてビーンズデザインを見ると「ビーンズだぁ」

トチ杢・長径290×短径180×厚19mmにバンドソーで切抜き。

6mm丸面ビットで面取り、端に20mm穴あけ、皮ひも通し予定。

Butcher Block  & Cutting Board Oil(ミネラルオイル)塗布。白色ボトル。3~4回重ね塗り、B:B conditionerで仕上げる。黄色ボトル。

はたしてヤングママさんに受けるかな?

 

 

 

0 コメント