2013年

7月

31日

使い方自由に・フック

仕掛中のケヤキやカシのフックを仕上げる。バンドソーで切り抜いた原型を10Rの丸面ビットで面取り、この面取りが息を詰めて緊張の連続。

朝仕事のam5:30~6:30、まだ涼しい時間だが汗びっしょり。

夕方からスピンドルサンダーで修正、240#空研ぎペーパーで磨き、チークオイル塗布。
一日乾燥させ、SUSネジ径4mm×長さ50mm2本をセットして完成。

工房やガレージではコードやロープ掛け、室内では帽子や上着掛けetc使い方色いろ自由に。ワイルドにアクセサリーとしても良ぃぞ~。

 

 

 

 

0 コメント

2013年

7月

30日

さぁ 盛り上げよう

今日は落ち着いていたが、このところ夕方に雷雨発生しばしば、花火大会が中止になったり、あちこちの夏祭りが台無しの話が耳に入る。
つねさんの住宅地は、400世帯位でこじんまりしているが、地元ではまとまりのある優良自治会として通っている。

自治会が出来て40周年、大きなイベントは「夏祭り」や「三世代交流もちつき大会」等があり、都度看板を提供して側面支援。

今年は40周年記念の夏祭りで、山車も用意して賑やかになりそう、夏祭り担当役員と相談して、会場の公園に事前に看板を掲げて盛り上げよう!となりSPF材1×8で看板を2枚作った。

ストレートビット8mmで7mmの深さに彫り込んだのを1枚、45°ビットで4mm筋彫りを1枚、看板はイメージで伝われば細かい事はOK。

盛り上がってこれれば良いなぁ~。

 

2 コメント

2013年

7月

29日

ビット再生でサッパリ気分に

木工初めて8年目になるが、ルーターやトリマーを使い始めて約5年位か、主にストレートビットとボーズ(丸面)だが研ぎが出来ず、切れ味が落ちると新品購入でまかなってきた。
年金生活者の趣味+αの身、積もれば結構な金額は重い。木工仲間に教えて貰ったビット研ぎをしてくれる草加市「トミノヤ=(有)富野屋金物」TEL048-924-1541に30個程持参して依頼する。各種525円/個

10日程で研ぎ完了で再生、早速ストレートビットと30°・45°ビットで夏祭りの看板を彫ってみる。good・新品同様でサクサク、気分上々。

追加であと20個研ぎ依頼して8/9仕上がりとの事。

6mm軸で手軽にトリマーで使うが、50個あれば当分安心だ。

店主からの注意事項 ⇒コロ付き(ベアリング)は、念の為6角ネジを増し締めする事。そのままだと使用中にコロが外れる事があるとの事。

2.5mmの6角レンチで絞めたが、ガッチリ止めてありOKだった。

完了品は、保護の樹脂orゴムがドブ漬けされており親切。良かった。

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2013年

7月

28日

気になる木を発見 その2

今週行ってきた名湯秘湯探訪温泉旅行で、樹木の自然の治癒力の凄さを見てびっくりした。

黒部峡谷鉄道・欅平駅から徒歩5分程の山道に「さわぐるみ」が3本程目をひき、一番太い立木の枝の切り口が写真の様に盛り上がっていた。

最初は変な茸かなと思ったが切り口が自然に盛り上がったものだった。

樹木を良く知っている人や、地元の人には見なれた切り口だろうが、つねさんにとっては初めて見る「珍しい切り口」。

さわぐるみは、径1m、高さ15~30mになると言われていおり、柔らかくあまり使った事はないが比較的身近な材。

自然の治癒力は凄い、杉や桜等は切り口から腐れが出る様だが、柔らかく腐食しやすいさわぐるみが、立木では腐れず自己治癒力で生き抜く。

何とも自然の力はすごい。温泉は忘れたがこの樹は記憶に残るだろう。

 

0 コメント

2013年

7月

27日

気になる木、発見その1

日頃の行いが悪いのか、雨にたたられた名湯秘湯探訪温泉旅行の4日目、山道で「お宝」発見! 

黒部峡谷鉄道トロッコ電車の終着、欅平駅から名剣温泉への山道で崖から
垂れ下がった山桜、懸命に伸び上がり見事なU字曲線に成長。

4月末か5月初旬と思われる桜花の7分咲きは、どんなんだろう。

見事か、珍妙か、それより木工趣味人にはこの曲線が何よりの眼福。

不謹慎ながら、材にして桜皮と曲線を活かしたらどんな作品が出来るかな、温泉より、美味い料理より「美味そうな山桜」何よりの収穫だつた。

0 コメント

2013年

7月

21日

ワンポイント・ワイルドに

Am7:15頃投票所前を散歩で通る、10人程投票の人々がおり随分熱心だなぁ~、この分では投票率上がるな、と思いつつPm14:00投票所へ。
ガラガラで貸切? ニュースでは前回の同時刻より悪い! 情けない。

 

今日は端材を活用して木のフック作り、自工房でコードやほうき等を掛けてすごく便利。木工愛好家なら工房にビツタリのアイティム。

ケヤキ、カシ、カヤ等でフックの原型を切り出す。丸面ビットは研ぎに出しているので仕上がり後に整形と磨き、チークオイル塗布予定。

工房のワンポイント・アクセサリーはワイルドに!!。

 

7/22~28まで木工お休み、ブログもお休み、7/29より再開予定。

名湯秘湯探訪に北陸へ。板材でなく立木をじっくり見てこよう。

 

 

 

 

 

0 コメント

2013年

7月

20日

成るほど、コーヒー・ミクロ/ヒストリー

6月末に千葉県勝田台の「Cafe PicNic」で女性4人の手づくりクラフト展示販売があった。参考の為に見学に行ったがオシャレなカフェ+レストランだった。

たまにスターバックスかファミレスでしか飲まないので、カフェと称する店は縁遠い存在だったので見直した。

その店から「店名の切抜き文字」が欲しいとの事で作ってみた。楡(ニレ)25mm厚で色白、後で色付け出来る様に木地のままにする。

ついでに山桜にストレートビットで彫り込み、蛍光塗料を塗り込んで小さな看板も作ったが目につくかな。

気になったので、コーヒーの起源を検索、抜粋・なるほど。

1258年イスラム教徒が飲み物としてのコーヒーを発見、1554年トルコのコンスタンティノープルで世界最初のコーヒーハウス開店。

1601年コーヒー言う言葉が、coffe(コッフェ)と現代英語に近い形で登場(関ヶ原の戦い1600年)、1773年コーヒーがアメリカの常用飲料となる、1804年太田蜀山人、日本人初のココーヒー飲用体験、1888年上野黒門町に「可否茶館」開店。

755年前に世界で初めてコーヒーが飲まれ、125年前に日本人が初めて飲用体験、そして現在の消費量/年は、(1袋60Kg入り)全世界で1億4.170万袋で日本は705万袋、飲むのは世界NO1=ルクセンブルグ8杯/日・日本NO29で1杯/日。つねさんは1杯/週あるかないか。何でこんなに好まれるのかな? 大和男は緑茶だべ~、負け惜しみかな。

 

続きを読む 3 コメント

2013年

7月

19日

さて、どう料理しようか

TVで料理番組が花盛り、時間があれば「ながら見」をしている。特にNHKの「キッチンが走る」は、臨機応変に食材を活かして美味そうな料理に仕上げ、材の提供者に喜ばれて「さすがプロ」と感心している。
今日は特に急ぐ物もなく、例の栓厚板と楡厚板を製材する。

栓は径290×厚さ30mmの円板仕上げ、どっしりした「テーブルカッティングボード」にしようかと思っている。

楡は真ん中にひび割れがあり、幅120×長さ600×厚さ30mmに挽く。

初めての材で何を作るか思案中、料理番組なら「食材の持ち味を活かして・・・」とシェフが手早く料理するが、こちらの材木シェフ(?)は「さて、どう料理しようか」もたもたして定まらず。駄目だなこりゃ。

 

 

0 コメント

2013年

7月

17日

再生と創造のお手伝い

版画を趣味とする知人が移転する事になり、家財整理で古い版木が出てきた。カンナを掛けて再生したいとの事で、餞別にお手伝いする事になつた。几帳面な方で、年賀状は必ず版画を彫って新年のご挨拶。

両面に彫って20枚あり、永年の年輪を刻んだ貴重な物。

保管しておき、懐古にひたるより創造を楽しむ生き方に共感。

両面を削ってかなり薄くなったが、再生した版木で新天地での風景がどの様に彫られるか、ひょっとして来年の賀状が舞い込んで来たら嬉しいな。

再生と創造のお手伝い、こちらも負けずに創造しなくては。

 

 

0 コメント

2013年

7月

16日

一端の木工屋気取りで板材作り

先日、夢工房仲間で「木象嵌」講習会、木皿やお盆に象嵌する技法を実習して気に入ったので、まとめて作ろうと思う。

ターニングは8月から開始予定だが、板材に象嵌加工をしておきたい。
適当な板材の手持ちが無いので、栓厚板・600L×330W×100Tmmから薄板材を挽く事にした。

290×290×20~30mmの四角板材に挽きカンナ掛け、径280mm前後の円を書き象嵌下絵を描く予定。

栓材は木目が粗く、木皿には冒険だが仕上げを「木固めエース」か「ウレタン」仕上げにすれば良いのではないかな。

日立工機バンドソーに新品75mmブレードをset、軟らかい栓材でもあり気分よく板材挽きが出来た。

何だか一端の木工屋になった気分。自惚だな。

 ×写真を撮るのにカバーを外してあるが、稼働時は勿論閉じて行う。

続きを読む 0 コメント

2013年

7月

15日

スプレー作業は難しい

行きたかったが、中々機会が無かった黒部ダム観光行くことになった。
7/22から4泊5日の温泉旅行、名付けて「名湯・秘湯探訪」の23回目。

旅行には朴板に彫り込んだ看板を持参し、記念集合写真がお決まり。

今回は2泊がバス+歩きで看板持参出来ず、二日間は木綿布看板で代用にする。朴材の看板と同一サイズでプレー吹き付けで作る。

ベニァ板で文字を切抜き、並べてスプレー吹き付け、雨対策にシリコンスブレーとラッカーニス吹き付けの2枚。

慎重に吹き付けて、クッキリ文字が浮かび上がる・・・つもりだつた。

が、ベニァ板を外して見ると、輪郭がボケ、何となくスッキリしない。

ベニァ板と布の間から、ほんの僅かスプレーが入った様子。

板材看板なら彫り込み、色づけ、カンナ掛けでシャッキリするのに、スプレー作業は難しい。

 

 

続きを読む 2 コメント

2013年

7月

14日

使い勝手が良いので

我が家の昼食はトーストが定番となっている。4枚切り1枚を3本にcut、イチゴ、ブルーベリー、ピーナッツバターを気分次第で乗せたり乗せなかったり。牛乳+トマトと沢庵のミスマッチもあるが元気の源。
そこに登場するのが自作、「山桜のジャムスプーン」。自画自賛で申訳ないが、使い勝手がまことにgood。

在庫が1本しかなくなったので、いつもの手順で40本程作る。

仕上げにクルミを割って実をほじくり出し、木綿にくるんでつぶし、油を塗り込んで1日乾燥、木綿で磨いて完成。格別に美味いぞ~。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

7月

12日

樹皮の美容方法はないかな

7~8年前から年に何回か兄弟姉妹の夫婦で温泉巡りをしてる。

3年程前に泥湯に行った折、旅館の廊下に白樺や椎らしき丸太がごろごろ転がしてあった。伐採して間もない生木だつた。
主に「これ欲しいな」に適当に持って行け、との事で有難く頂戴する。

径20cm程の白樺を2本とその他をget、白樺1本は軒下に置いていたら虫食いでボケボケになり、1本は工房内に転がして置いたのでOK(写真)。

思い立ってぶつ切りにしたら、締まって使えそうなので10mm厚にスライス。白い樹皮を生かしてマスコット・ベンチを作ろうと思う。

右のベンチは、木工初期の物だが結構人気あり残った最後の物。

白樺は樹皮が命、はがれやすく扱いがやっかい。樺細工は樺桜樹皮をなめして工芸品にまできれいに仕上げているが、白樺の美容保存方法はないものかな、あれば7月下旬の温泉旅行で探してくるのだがな。

 

 

 

 

 

 

 

3 コメント

2013年

7月

11日

暑中お見舞い申し上げます

このブログに訪問頂いたている皆様へ、暑中お見舞い申し上げます。

7月7日の夜、七夕にちなみ「出会いを楽しみに」ブログにカウンターを取り付けました。

木工仲間数人程度の訪問者と思っていたところ、カウンター表示にある通りに、思いもかけず大勢の方々の訪問を頂き、嬉しいやら気恥ずかしい感じですが改めて訪問御礼申し上げます。

木工活動絵日記のつもりで始めたが、日を重ねるにつれて何かを作り始めると、自動的にブログのタイトルが浮かぶ様になってきました。

これからも第一義的には自分の絵日記として続けるつもりです。

皆様には(?)や理解に苦しむ表現もあると思いますが、斟酌して見守って頂き応援下さる様お願い致します。

末尾になりましたが、まだまだ続くこの酷暑 ご自愛下さい。

 

4 コメント

2013年

7月

11日

あたり前の事が、あたり前に出来た嬉しさ

Pm15:00、工房内の温度計は37℃を指し、タオル鉢巻ながら顔中から汗が噴き出て天然サウナを満喫(負け惜しみ)。

入荷していた日立バンドソーの75mm幅ブレードを取り付ける。

今まで使っていたLENOX WOOD  MASTER CIの幅25mm、歯数1吋3山から幅75mm歯数1吋1山のブレードに取り換えての初めての挽き割り。

最初は「ガッツン」、歯数が少ない為のショックを覚悟していたが軽くあっただけで、思ったよりスムーズに挽けて無事通過。

ベテランの木工家には笑止だろうが、先日指を怪我をした事がトラウマになっているのか、慎重に+慎重に=結果オーライ。

切れるのはあたり前の事ながら、あたり前の事があたり前に出来た事。

何事も身を持って体験成功は嬉しいもの。

朴板材の幅200mmから280mmを厚さ15mm~20mmに20枚挽き割り。ホッとした体験日でした。

 

2 コメント

2013年

7月

10日

初めての木象嵌

今日は夢工房仲間10人で「木象嵌」の実習、講師はJWA会員の横浜・山下講師。

全員ヒバ板材25~30mmt×250×250に各種イラストコピーを糊付け、糸鋸で切り抜く、台板と切り抜いたパーツの切り口にアクリル絵の具を塗る。乾いたら同じ切り口にタイトボンドをタップリ塗ってはめ込み、1時間程放置してからターニング。パン皿や浅い木皿に仕上げる。

上の写真は色付けして接着したもの、下の写真はパン皿に仕上げたものでサンタさんの輪郭(赤い線)がクッキリ浮かび上がりgood。

メンバーのKさん作で、つねさんは指の怪我が治らず今日はバス。

ターニングをしなかったが、赤2+青1+緑1の合計4枚を作ったので、近いうちにパン皿に仕上げる予定。

初めての木象嵌、きれいに出来るかな。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

7月

09日

ちょっとビビルな

この酷暑×2の連日、タオル鉢巻で木工に集中するつねさんに「暑中お見舞い申し上げます」はややオーバーかな。
待っていた日立バンドソーのブレードが入荷した。

日立工機BF 75Fブレードで、75w×0.65t×2.824L・全チップ刃でSKS-5とステンシルあり。

現在使っているブレードは、25w×1.5t×全長?で、幅は3倍だが肉厚は約1/2で思ったより薄い。日頃多用しているKERVバンドソーは、3w×0.7t×2.350Lと10w×0.7t×2.350Lで比べると数字以上にでかく感じる。

購入動機は、現用のブレードの切れ味が落ちた事と、250から300mm位の幅の板材を挽くのに25wブレードではドリフト発生で困難。

手持ちの材は60から75tの厚板ばかりで、20~30tmmの板材を挽くのに必要で購入。でも、いざ手にするとちょっとビビルな。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

7月

08日

どっちが主役かな

「ねこ写真立て」を30個程作っているが、空白写真立てを陳列しても味気ないので、目立つように可愛いイラストを集めてみた。
「ねこイラスト」で検索、画像一覧で中から、可愛いイラストをピックアップ。

本来は写真立てをお買い上げ頂きたいのだが、中には写真が可愛いので買いたいとの方が結構いて面食らう事もある。

次回のイベントで各種並べ、「ねこイラスト・コンテスト」をやってみようかな。苦労して作った写真立ての影が薄くなっても困るが。

写真立てとイラスト、どっちが主役になるかな?(版権?良く分からない)

 

2 コメント

2013年

7月

07日

この暑さ、参ったね

早や梅雨明け、朝からジリジリ日射しが強くなりやけくそになる。

仕掛中の「ネコ写真立て」の裏フタ溝彫り、6mmストレートビットで深さ4mmをフリーハンドで掘る。

トリマーで飛び散る木屑処理もあり、麦わら帽子をかぶって屋外工房で始めるが、アクリル板天井を通しての日差しは今年一番の強さ。

32枚の予定が2時間で26枚、こでギブアップ。暑さに慣れしていない為無理せず明日に持ち越し。こんな事初めてだ。この暑さ、参ったね。

0 コメント

2013年

7月

06日

3年振りの顔洗い

2010年2月に工房開設して3年半経過、この間に中のレイアウトを変えたり、倉庫を作って中の整理とスッキリさせたり。

外壁に張り付けた看板が汚れてきたので、カンナを掛けてニス塗布。下の写真が(前)・上が(後)。3年ぶりの顔洗いで少しはきれいになったかな。

 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

7月

04日

飽きっぽくなったようだ

加齢ですね、齢をとると・・・何かにつけて言い訳や、弁解につかう方便に便利な嫌な表現だが、最近実感させられる事がしばしば。

昨日に続き「ネコ写真立て」作り、午前中2時間で中抜き、午後2時間で外側をバンドソーで切抜き。

同じ事を、同じ姿勢で続けてやると疲れも出て飽きてくる。今までは一日中やっても感じなかった事が「齢をとると・・・」体感する様になった。

気分転換に、仕掛品を磨いたり、掃除をしたり。

今日はアイスバーをなめて一服! 、タイミング良く来客と雑談。

でも、好きな事は止められない。スローダウンしながらやるか。

 

0 コメント

2013年

7月

03日

ネコ型写真立て作り

子供や孫の写真を飾るのに「ネコ型写真立て」を作っているが、結構お買い上げがあり。在庫が一枚のみになったので補充に作る。

以前はタモ、ナラ、ウォールナット等の銘木で作っていたが、材が無くなりSPF1×8"で作る事にした。

L版用で曲線枠にする為若干狭くなるが、全体のバランスで見てOKとす。

今日は写真枠を糸鋸で切抜き、この後外側をバンドソーで切抜き、裏フタの溝彫り、丸面ビットで整形、空研ぎetc結構手間が掛かる。

そろそろバージョンアップしたいが、次のモデル思い浮かばず。

何か新鮮なデザンやヒントが欲しいな。

0 コメント

2013年

7月

02日

山桜の角棒作り

火曜日、いつもなら夢工房で火曜組のターニングディだが、残念ながら不名誉の怪我で7月はチョット早いが「夏休み」。

代わりに自工房で山桜の角棒作り、ジャムスプーンを大分作ったつもりだが、在庫が1本しか残っていなかったので、まとめて作る作業開始。

山桜の厚板(75mm)から長さ170×幅25×厚13mmの角棒を作る。

午前中2時間掛かったが、約60本位の角棒が出来た。合間を見ながら今週中に出来るかな。

0 コメント

2013年

7月

01日

木工再開で気分爽快に

毎年忘れずに来る7月1日だが、今日の7月1日は格別な日。

左薬指をグラインダーでシャープニングした不名誉なアクシデントから2週間経ち、ターニングは無理だが一般の木工は何とかOKな様子に。

 

先日遊びに来た姪っ子が、最初に目を付けたのが次の写真の取っ手。

あまりにも普通に使っていたが、初めての目には新鮮だつた様子。

そこで、あまり無理が掛からない「ドァの取っ手」を作る事にした。

秋からのイベント用に幾らか作り溜めしようと思い立つ。

早朝の一時間は、材の選び、型紙作り下描き。

午前中に3mmバンドソーで切抜き、6R丸面ビットで角落とし、スピンドルサンダーと空研ぎペーパーで磨き、チークオイル塗布仕上げ。

午後は木象嵌専門家が来訪、しばし専門的なお話を伺う。

ウツウツ気分が吹っ飛び気分爽快な7月1日だった。明日からは???

 

続きを読む 0 コメント