2013年

8月

31日

心頭滅却すれば、イベントもまた楽し

雨風を覚悟のイベントが一転して、カンカン照りのイベント。
メインは涼しい室内でのリフォーム商談会、つねさん工房は屋外出店。

看板の「リンゴ型切抜き手形」を中心に木工品展示販売をする。

テント下でも体感温度は35℃位か、ガブガブのみながら汗ダクダクで。

消費税前のためか、商談は盛況で目標の1.6倍達成とかで拍手~。

つねさん工房も程々で、心頭滅却すれば楽しいイベンでした。

0 コメント

2013年

8月

30日

出店準備の仕上げに

台風15号の進路が気になったが、Pm18:00前の予報では「さいたま・晴れ」になりそうで、ほっと胸をなでおろす。
8/31(土)と9/1(日)両日、TOTO大宮ショールームで「TOTO 2013夏のTDY感謝祭」リフォーム相談会に出店する事になり準備と設営。

値付け、箱入れ、諸々準備で、いつもの事ながら結構時間が掛かる。

商品ネームプレートを忘れていた。慌てて作り始める、杉薄板にプリント貼付けして裏に△材をボンド付け。

雨風が避けられる見込みだが、代わりの猛暑+蒸し暑さの様子。消費税導入前の事前発注で、どこも新築やリフォームは活況の様子、こちらにもおすそ分け頂ければgooだな。

 

0 コメント

2013年

8月

28日

塗装サンプル用に白木器つくり

日頃ターニングで作った器の塗装に「木固めエース」を多用している。
手間とコスト高が難点だが、実用上は一番良さそう、本来は漆が良いのだが、素人には難しいのでこれにしている。

このメーカーさんが来訪され、塗装実演用の器が必要との事で作る。

朴・松・欅・山桜・桧の5種類で面積を広くする為に皿中心にした。

桧の小判型皿は、ターニング中に隠れ節が出てきて「ワンポイント」になってしまった。

どんな塗料で仕上げるのかな、後で見てみたいナ。

 

0 コメント

2013年

8月

27日

木工新人の第2作

つねさん工房に「木工新人」が入って、1回/週来るようになった。
今週は第2作目として「チーズカッティングボード」に挑戦。

これは、比較的簡単で危険度が低く、実用品で(お土産)にもなる。

習得要点は、①自動カンナ掛け練習②デザインを考えて型紙の作り方③板材への写し方④バンドソーの使い方⑤スピンドルサンダーの使い方⑥ボール盤での穴のあけ方⑦サンダーの番手選びと使い方⑧クルミを割って、クルミオイルの塗り方。

この8通りを体験して完成。何分初体験の事ばかりで戸惑っていたが、4時間コースでここまで出来た。

桧と米松材、長さ300×幅120×厚さ13mm前後、持ち帰って奥さんの第一声は? 木工新人の第2作、暑さに負けず頑張り良く出来ました。

 

 

0 コメント

2013年

8月

26日

春日部の「夏りんご」豊作です

急に朝夕涼しくなり夏も終わりかな、日中の工房は30℃まで上がったが汗も出ず快適木工日和になってきた。
今週末のイベント用に「りんご型切抜き手形」の台板を40枚程作る。

イベントによっては、20~25枚/日見込まれるので二日間分+α=60枚用意する。もっとも20枚/日前後が切抜き限界なので、ちょっと多目に用意。

最近の子は手が大きくて、普通サイズに収まるのは4年生位まで、5.6年になるとはみ出すので大型を用意(写真右側)。

つねさん工房の「看板商品」なので、親切+ていねいに作るつもり。

今日は、春日部のりんご大豊作でした。

 

0 コメント

2013年

8月

25日

看板・本番で誇らしげに

昨日は地元住宅地(約400世帯)の夏祭り、自治会結成40周年を記念して例年になく熱心な準備が報われて大盛況。

事前盛り上げの為に8月早々に「看板」を2枚作り、会場の公園出入り口2ケ所に立てていた。夕方提灯に点灯、三々五々住民が集まり、ハワイアンダンスや盆踊りetcで賑やかに。

看板、やっと本番登場、こころなしか誇らしげに自己主張をしている様子、40周年記念の盛り上げに幾分たりとも役に立てて良かった。

 

続きを読む 2 コメント

2013年

8月

24日

木の工作の時間・3時間でやってみて

アマゾンから2冊配達された。匠の技にまなぶ「木の工作の時間」初級編「1」と「2」。手工具で切ったり削ったりで楽しめる木工本。
「1」で「コースター」が目に止まり作ってみる。掲載は栓の四角い板をノミで彫って作る方式だが、手作業では大変。つねさん流に応用。

ブナ材縁付き幅120×厚さ17×長さ1830mmをカンナ掛け、90mm角・厚さ15mmの四角板を18枚木取り。

中心点に軽くポンチ、木工旋盤に真空チャックset、芯押し台で押し付けてバキューム、径50mm×深さ3mmのチャック穴を彫る。

チャックを咥え直して、径70mm×深さ5mmを彫り、径50と30mmの溝と中心点を凹まて8枚作る。

空研ぎペーパーで磨き、裏に焼印と(ぶな)をバーニングペンで書き込み、ミネラルオイル塗布で仕上げ、ここまで3時間はまずまずか。

手作業では1枚が限度かな、ズルしちゃった。

0 コメント

2013年

8月

23日

amazonにつられてつい作ってしまう

amazonから本を取り寄せると、次から次と類似本の案内がメールで来て、ついつい買ってしまう。
先日もつられて「女子のおしゃれDIY入門」を取り寄せパラパラめくり、その中から、月末のイベント用に「レターボックス」を作ろうと部材作りをする。

杉板の幅180×厚さ15mm長さ3.630mmを木取りしてカンナ掛け、仮置きしてみると写真の様になった。

デザイン的には、もう少し丸味を付ければ+おしゃれになると思うが、一応サンプル通りに作ってみようと思う。こんなのが受けるのかな。

牛に曳かれて善光寺参り、ではないがamazonにつられてつい作ってしまう。単純だなぁ~。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

22日

木固めエース塗布

朝のうちに作り置きしていたパン皿に木固めエース塗布作業。

目止め塗布したのを#600空研ぎでスベスベにして、木固めエースを同量の薄め液でのばし、たっぷりハケ塗り。
上段6枚は、木象嵌のパン皿、中段6枚はホオのパン皿、下段3枚はセンのテーブルカッティングボード、明日#1500水研ぎペーパーで磨いて「全艶消し木固めエース」塗布仕上げ予定。

パン皿は本来は木地のままだろうが、洗いや保管を考えて実用性第一にして木固めエースにした。

8/31と9/1両日、TOTOさいたまショールームのイベントに出店予定。

ヤング+ミドルママさん達の反応が見たいので出品予定。どうかな?

 

2 コメント

2013年

8月

21日

使ってくれる事を期待して

初歩、簡単木工で実用的な物を探していたら、木工本に手頃なのが載っていた。「テーブル・チーズカッティングボート」=小さなテーブルまな板で、これなら初心者でも出来る。教材として試作、準備する。
桧と米松で、デザインを少し変えて3種類用意。

長さ290×幅120×厚み15mm、カンナ掛け・型板で下書き・バンドソーでcut・ボール盤で柄に穴あけ・#240空研ぎヘーパーで角落とし・クルミの実を絞ってオイル塗布で完成。

シルバー族になると、動物性脂肪はどうしても敬遠してしまう。

バター、チーズ類は滅多に口にしなくなった。自分で使う機会が無いのに作って提供するのは矛盾?、若干気がひけるが、使ってくれる事を期待して試作する。

下の写真左端列は米松、手前3枚は完成品、他は仕掛品。

 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

20日

逆目がとれないかなァ~

今日は夢工房・火曜日組のターニングディー、久し振りにメンバー全員集まって、各自好きな物作り。
ケヤキでお椀、ウオールナットでナチュラルエッジ、ケヤキで偏芯脚、センでテーブルカッティングボート゛と山桜の菓子皿etc。

つねさんは、4時間半掛かったが写真の6点を作る。センは中央が盛り上がって円周に溝をつけたカッティングボートと、お気に入りの山桜で菓子皿だが逆目とりにもたもた。

空研ぎペーパーの#120・180・240・400で、正逆回転させながら逆目とりするもなかなか取れず。特にセンは木目が粗くとりずらい。

先輩各氏から折にふれて、水拭きして、刃物を研いで、WAXかニスを塗布してetc指導頂くが、実用上は差ほどの効果は期待できず(未熟故に)。

初心者~中級者クラスで、出来る効果的な逆目とりの方法を習いたいもの。木目を隠す厚塗りすれば良いかもしれないが、木目が好きだもの。

いつまでやっても駄目かな。

 

0 コメント

2013年

8月

19日

生徒1号の作品1号完成

毎週月曜日に来る事になった生徒第1号が、先週木取りまでしていた「手提げ道具箱」を組み立て完成させた。
先週は、スライド丸鋸に苦戦したが、今日はインパクト・ドリルに苦戦。初体験はイメージと異なり四苦八苦。

ネジクギの下穴をボール盤であけ、8mmダボ穴あけ、35mmコーレッドをインパクトでねじ込み。ダボ穴にバルサ丸棒をボンド付け、最後に仕上げサンダー磨き。ここので4時間。

油絵教室に通うマルチ人で、白木Tool Boxにデザインを描き、仕上げるとの事で仕上がったらまたupしたい。

 

1 コメント

2013年

8月

18日

麦わら帽子を被ってトリマー作業

全国約3.600の高校から8校に絞られた甲子園の熱闘、あのアルプススタンドから熱中症が出ないのかな?と余計な事を考えながらラジオを聴く。
つねさん工房の屋外工房、負けずにアッチッチの状態。

先日サンダー仕上げしたケヤキ看板に文字を彫り込む、依頼主がカーボンで下書きした線に沿ってトリマーでなぞる。木屑を吹っ飛ばして涼しく。

3mmストレートビット、深さ5mmで快調に、研ぎあがったビットgoo。

この後、フォレストグリーンのペイントで文字に色付け、全体はウレタンニスを2~3回塗布して仕上げ予定。

麦わら帽子を被りながらのトリマー作業、炎天下に一瞬の清涼感あり。

 

続きを読む 2 コメント

2013年

8月

17日

民家の古材、堅ってぇ事、堅ってぇこと

8月も後半に入り、暑いながらも朝夕にどこか秋の気配。でも酷暑続きでPm16:00の工房は35℃を示し、冷房の我が家に入りたくなる。
2年程前にまとめて購入した板材に、真っ黒に煤けた板材が入っていた。

古い民家を解体して出た材との事。そのまま積んでいたが、何の板かカンナを掛けてみる。

何十年か、100年経っているのか、カンナが悲鳴を上げる位堅い。

ナラと思っていたらカシだった(ナラもカシも同じ様なものだが)。24mm厚をだましながら両面カンナ掛けで20mm厚にする。掛け終わると板材が熱をもっている。

替刃交換して1ケ月、7枚掛けてオシャカ、こんに煤けているのは天井板かな、でも天井板にカシを張るとは考えずらい。何を作るかカンナ掛けしてからと思っていたが、この堅ってぇカシ板ではどうしょうかな?

 

 

2 コメント

2013年

8月

16日

木工本を参考にして

孫たちが遊びに来て「連れ夏休み」、合間に木工本をめくってのんびり。
目についたのが、テーブルカッティングボードに荏油やオリーブオイルを塗布して割れ止めの説明。これを参考に朴で小型のテーブルボードを作り水研ぎしてあったのにオイル塗布する事にした。

1回目は、いつも使っているButcher Block&Cutting Board Oild(写真左)を塗布、2回目は、Butcher Block Cnditioner(右)でオイル研ぎ予定。

我が家のまな板は、銀杏の大小で間に合っており、写真のボードの出番は無いとの事で残念。老夫婦家庭には合わないかな。

 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

15日

汗かき作業は早朝に

8月15日のお昼頃、北京小学校の校庭に整列させられ「お話」があった。小学2年の子供には、何のことか分からなかったが、先生たちがしゃがみこんで泣き出し、大変な事が起こったのだ! 生徒たちもその場にうずくまり、土に落書きを始めた。
68年前の今日の出来事、おぼろげながら記憶ながらよみがえる。

終戦(敗戦)記念日も68年経つと風化しつつあり、朝刊TOP見出しは朝日→エジプトデモ強制排除、日経→移植用ips細胞を量産。

それぞれ天声人語と春秋でふれられている程度の扱い。第二次大戦を直接間接に体験し、記憶に残る層は後期高齢者連で、比率からしても少なく発言力も弱くなり止む無しか。

校庭に何かを書いたが、68年後の今朝はセン板材に木象嵌の下絵を描いた。糸鋸で切抜き、パン皿にする予定。

am5:30から1時間、神経を集中するとやけに汗が出るので、まだ幾分涼しい早朝の作業にする。

今日から孫たちが来訪で一緒にお盆休み。のんびりするか。

 

1 コメント

2013年

8月

14日

仕事を表す看板はこんなので良いかな

虚無僧・尺八・わらじ・苔寺・杉木立・百姓家etc、連想クイズでなく尺八教授所の看板を依頼されて何となく頭に浮かんだ情景。
夜10時半から30分、佐伯康英の密命シリーズを読むのが日課(夜課)になって、12巻目も影響してか、尺八=時代物と短絡的に結びつく。

尺八教授所には、直線的な看板はイメージしにくく、どうしても古びた腐れかけた縁付きの自然な形が浮かぶ。

幸いにイメージに近い、ウン十年経つ欅板があったので強引にサンダー研磨、カンナを掛けたかったが幅が広すぎ掛からず止む無し。

木は一皮剥けば生まれ変わる。この板も杢や小節等がちらばり趣充分。

さっそく教授所に持参して、現場との相性をみてもらい、全体のバランスを考えて書体、大きさ。配置を依頼する。

尺八に関しては門外漢だが、この看板をみて一人でも二人でも入門してくれれば最高に嬉しいな。完成前にあまり期待してもしょんがないな。

 

0 コメント

2013年

8月

13日

さて、塗装をどうするか悩む

今日はやけに車がすいているなぁ、と思いつつ火曜日で夢工房行。
そうかお盆の夏休みだっのだ、途中で思い出して急に何だか意欲減退?

のんびりターニング、ホオ材でパン皿の径270mm前後を6枚作る。

3時のティータイムで雑談休憩、早や上がりしようか、相棒と阿吽の呼吸で片付け掃除。工房主は「もっとやれよ~」で(バン掻き)作り。

(バン掻き)は、アクリル板の端面を掻き取り接着面を作るもの。

でもパン皿仕上げをどうするかで少々悩む。

昨日15枚程「木固めエース」で仕上げたが、仕上がりがイマイチ。

ウレタン吹き付け塗装をしたいが、年金生活者にはかなりの投資が必要だし、あと何年も出来ないタイムリミットを考えるとドーしようかな。

あと10枚程作ってから考えようかな。どこもお盆休みだし。

 

0 コメント

2013年

8月

12日

生徒1号の第1作途中まで

近くにお住いの定年族の方が、木工をやりたいとの事で1回/週来ることになった。生徒第1号、木工仲間を増やしたいと思い受け入れる事に。
安全第一、怪我をしない事が最優先を説き、実習を通じて解説指導へ。

初日は電動工具の名前や機能を説明しながら実際に作品作りを開始。

教材は、ドゥーパ付録の「簡単木工」がら「手さげ道具箱」を選ぶ。

ホームセンターでSPF材1×4、1×6、8mm丸棒を購入、材の選び方から

規格や特徴を説明しながらDIY館を見学と解説。

午後から木取り、スライド丸鋸でcut、サンダー研磨、バンドソーで曲線cut、丸面ビット作業は危険なのでつねさんが担当。

仮組して本日の作業終了、来週は組み立てと塗装で仕上げる予定。

飛び入りの生徒は時折いるが、定期的な生徒は初めて。気を遣う。

 

 

0 コメント

2013年

8月

11日

マレットでメキシコ料理?

春日部には稀な美人のヤングママさんが二人、保育園や幼稚園通いの可愛い女の子を五人連れて来訪、賑やかで微笑ましいが、何分工房なのでウロチョロされてハラハラ。
一人のママさんは、香港から来訪の中華料理の先生・「れいか老師」のネームでブログ掲載。地域のママさん達に教えている様子がupされている。なかなか大したもの。

「老師」とは中国では年齢と関係なく、学問のある人の敬称、先生。

この方がメキシコ料理の研究を始めたが、メキシコ料理に必要な道具が無く困っている。作ってくれないかとの依頼あり。

スケッチとサイズを書いて貰い、作ってみたらマレットそのもの。

違いは頭が凹んでいる程度、栓材で太い部分は70mm、長さ220mmで握り部分は35~40mm、滑り止めにグリップエンドを付ける。

用途はアボガトや柔らかい食材を器にいれてつぶす。成程。

日本の「すりこぎ」より合理的な調理用具かな?調理を見てみたいな。

 

 

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

10日

簡単な様で難しい穴あけ

今夏一番の暑さか工房の温度計38℃を示し、冷房を入れたが32℃止まりであまり冷えず、外に出て工房に入ると32℃でもひんやり、可笑しい。
木工仲間からオモチャの車を貰ったので、真似して作ってみる。

栂角材をカンナ掛けで68mm角材にして、ボディを3mmバンドソーでcut、車輪は径35mm丸棒の廃材を活用、この車輪に6mmの丸棒をシャフトにする。

中心に6mmドリル穴あけに手こずる。丸棒をドリルの長さにcut、ボール盤で穴開けるも? 上と下で穴位置が違う。フリーハンドで丸棒をcutした時に幾分斜めにズレ、これが原因で真ん中に穴開かず。

木工旋盤で中心を出して切れ目を入れ、10mmバンドソーでcut。

ドリルチャックが行方不明で、35mm円板治具を作り穴あけするも、真芯に穴あけ簡単に出来ると思っていたが案外難しい。意外な落とし穴。

 

続きを読む 3 コメント

2013年

8月

09日

朴の木が気に入ったので

飛騨高山方面の温泉旅行で「朴葉焼き」の料理をいろいろ賞味したが、その折は「朴葉」の有効活用に感心したが、樹木の朴を使った木工は考えなかった。
最近、木彫用の朴板材の加工依頼があり、厚薄、大小各種加工している。

木工先輩から朴板材を分けて頂いた事もあり、まな板作りが続く。

朴は堅く、水に強いので和包丁の柄やまな板、日本刀の鞘に使われ、古くは6世紀の古墳玄室の杯に朴葉が敷かれいてたのが発見されたとか。

朴葉味噌が食べたくなったな。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

08日

目止め塗布だが効果は?

毎年の事ながら、立秋とは名ばかりでこの蒸し暑さ、閉口するなぁ~。
木象嵌バン皿やテーブルボードの溜まったのを塗装開始する。

寿化工の「目止め」を塗布しようとcapを開けると中身がドロドロ、止む無く割り箸でかき回し、うすめ液を入れて溶かす、硬化剤が足りなかったので7分艶消し用の硬化剤を入れる。

この硬化剤に「キシレン」とかの成分が入っており、目止め用の硬化剤はこのキシレンが入ってないのでどうかな?

分量も滅茶苦茶になったが、筆でタップリ2回塗布、タレはうすめ液でふき取る。こんな「特製カクテル」では効果の程は???

事前確認もせず、在庫がある事を前提に作業開始が×。

明日の木固めエース塗布で効果を出そう。

 

 

 

 

0 コメント

2013年

8月

06日

芸術品か実用品か、どっちかな

東京の木彫愛好家から追加のボード依頼があり、A-4サイズで作る。
朴材は木工仲間が大事に保管していたのを、無理を言ってわけて頂き感謝。A-4サイズで厚さ12~15mm、板材より一枚づつバンドソーで挽き割り、自動カンナ掛け、3mmバンドソーで切抜き、ボール盤で穴あけ、4R丸面ビットで角落とし、"240空研ぎサンダー仕上げ。

どの様に彫刻をするのか分からないが、実用品と芸術品の両用か?

あるいはそのまま芸術品に化けるのか?どっちかな。

 

0 コメント

2013年

8月

05日

出番がきました

つねさんの住んでいる住宅地は、400世帯位の住宅地で自治会結成して40周年を迎える。この40周年を記念して山車も作り、盛大(?)に夏祭り開催をする予定。
企画担当役員から看板2枚の依頼があり作ったが、景気づけに立てる事になり2ケ所に取り付け。

結構目立ち、朝のラジオ体操のシルバー族から子連れで公園に遊びに来るママさんたちまで話題になっている様子。

住民の一員として、微力ながら協力できる事は嬉しいもの。

看板も出番が来て、こころなしか嬉しそう。雨が降らなければいいなぁ。

 

続きを読む 0 コメント

2013年

8月

04日

ターニング再開で皿作り

不名誉な指の怪我で約1ケ月半ほどターニングお休みだったが、ほぼ治ってきたので今朝から再開。
スピンドルをシャープニングするのに、怪我を思い出して汗をかきながら慎重に、2本研いでホッとして汗びっしょり。

作っていた木象嵌円板で、パン皿用にターニング開始、気分良好。

サンタの象嵌でセン・ヒバ・ホオ、センでLady & Gentelman、SPF材で半円模様、これは糸鋸でなくバンドソーでcutして染色と接着。

あと2枚作ったが、バキュームで象嵌の隙間からエァーを吸って0.02~0.04までしか吸引せず、チャックから外してタイトボンドで目止め。

勘と調子を取り戻す為に当分ターニング中心の木工になる予定。

 

 

 

 

 

0 コメント

2013年

8月

03日

独り占めで威張って

猫の額ほどの狭い庭、自宅の工房作りで余った土を積み上げた花壇もどきに新しい庭土を入れたところ、トランペット(?)が芽をだした。

いつのまにやらぐんぐん伸びてこの通り。

10年来、庭の片隅で遠慮がちに咲いていたのが、天下取りの気分に。

今更cutするのもはばかられ、この夏は朝夕の水やりで大事にするか。

でも、種が落ちて来年は心配だな、独り占めで威張っていられるのも今年限り。頑張ってな。

0 コメント

2013年

8月

02日

その後を見たいのだが

東京の木彫愛好家から、カッティングボートの形と円板を朴材で作る依頼があり、その一部を作る。
ホードはA-4サイズ・円板は径150mmで厚さは12~15mm、円板はカンナを掛けた板材をバンドソーで円盤にcut、中心点にエンピツでマーク、真空チャックでバキュームしながら円周と端面をなめる。

ボードは型板で下描き、バンドソーでcut、柄に25mmのフォスナービットで穴あけ、4R丸面ビットで端面落とし。サンダー#240空研ぎ仕上げ。毎日飽きずに、延べにすれば結構な数を作っているが、手元を離れるとその後に出会う機会は滅多に無いもの。

今回も同じと思うが、どんな作品に仕上がるのか見たいのだが。

一度訪ねてみようかな。

 

0 コメント

2013年

8月

01日

さて、何を出品しようか

日本のTOTO、世界のTOTO、皆のTOTO、べつにTOTOの宣伝をする訳ではないが、毎日うん回はお世話になっているTOTO。
今朝の日経にTOTO業績好調、今期純利益91%upと景気の良い活字が躍っていた。そのTOTOさんから「お客様大感謝祭」に出店のお誘いを頂いた。

8/31(土)と9/1(日)の両日、さいたま市のTOTO埼玉支社でリモデルフェァが開催される。大勢の来訪者が期待されそうで楽しみ。

TOTO越谷ショールームにも出店した事があったが、TOTOへの来訪者はほとんど家族連れで、笑顔が弾ける楽しいイベント。

つねさん工房の十八番は、写真にも出ている「りんご型切抜き手形」だが、何か新しい物を出品したい。さて何を出品しようかな。

今日から8月、夏休みの宿題が出たみたい。でも楽しい宿題だな。

 

 

0 コメント