2014年

12月

28日

この一年有難うございました

今年もあと三日で終わろうとしている。例年の事ながら「さて、この一年何をやったんだろう?」と振り返っても、さしたる事も無く平々凡々の一年。世界・日本・政治経済・社会・世相etcスピーディーな展開だが、自分が係わる場が年々歳々薄れるにつけ関心の度合いも薄れ、自己中心になってしまう。人との交流、会話量に比例して社会との係わりの濃淡が出る。

今年は自己中心の木工活動だったが、同好の志やイベントに来訪される大勢の方々との交流を通じて楽しい一年だつた。日々の活動絵日記として、つたないプログをup「継続は力なり」の真似をして続けられたのも良かった。

お蔭様で今日現在42.586回のアクセスが積み重なり、木工製作の遣り甲斐と張り合いになっている。ご訪問頂いている多くの皆様、この一年応援頂き有難うございました。こころより厚く御礼申し上げます。迎える平成27年未年も変わらぬご声援宜しくお願い申し上げます。

写真は、新年の準備で工房入口前に掲げる「新年のご挨拶」をSPF1×10材にトリマーで彫り込んでいるところ。彩色して新年のご挨拶にup致します。

ご来訪の皆様、希望溢れる輝かしい新年をお迎えください。

0 コメント

2014年

12月

27日

やっと終わった工房の大掃除

今年の木工活動は今日でお終い。昨日から始めていた大掃除もガラス拭き掃除でやっとend。掃き掃除は毎日2~3回はやっているが、中掃除は3ケ月に一度位。大掃除は年末一度で、2.3日に小分けして行う。苦手がガラス拭き掃除、今回はTVのCMで見ていたケルヒャーの電動窓拭き掃除機を購入して行う。これは優れもの。5ケ所20枚のガラス窓の拭き掃除は、1時間半掛かっていたのが45分で終わり楽勝。明日からは、自宅・自室・自宅工房の掃除が待っている。日頃さぼっているので大変だ。12/28~1/4迄一応年末年始や休み。ブログも小休止。でも多分元日からゴソゴソやりそうだナ。

0 コメント

2014年

12月

26日

こんな蓋で良いのかな?

某会社の営業マンが飛び込んできた。こしがや産業フェスタで「つねさん工房」の焼印を見て探して来たとの事。要件は松の絵付けをした立派な湯呑茶碗の蓋を作って欲しい。希望は薄くて茶碗に少し沈む木の円板。木に関しては全くの素人なので若干の解説をする。ケヤキ材、径87mm×厚6mmの無塗装。

取っ手は先方で竹を接着するとの事。ターニングで作る円板はほぼ円形だが、焼き物の茶碗は歪んでピタリと蓋にならず。焼き物の円は歪む事も説明して納得。希望の円板を指定通りに作ったが相手は焼き物、うまく蓋になるか心配。

お茶道具に関しては予備知識が無いので、ターニングの立場からナラ材で「つまみ付きかぶせ蓋」を作って進呈(下の写真)。こちらの方が見映えま良いと思うのだがな。蛇足ながら、塗装しないと毛羽が立つ事を説明。

2 コメント

2014年

12月

26日

こっちの方が良いと思うがな

ナラ材でつまみ付きかぶせ蓋にしてみた。この方が良いと思うがな。

0 コメント

2014年

12月

25日

ひつじ年のお飾り?

昨日、孫の友人たちが「徹夜勉強」に来るというのでケーキ屋へ、ショートケーキを買ってきたが、ジジ+ババの口に入らず。X'masは縁遠くなった。

今日は近在のママさん依頼の「ひつじ年お飾り?」作り。今年の午年=写真左を依頼されて作ったのが気に入り、来年のひつし年も是非の依頼。お正月飾りと一緒に玄関に飾るとの事。今年の午年は、ナラ材で作ったが「良く出来た!」との事で大変喜ばれ。来年のひつじ年は、生憎ナラ・けやき材の手持ちがなくタモ材で作るがやや迫力不足。未の漢字は好きでないので「ひつじ」にしたが、もっと太く、大きくても良かった感じ。デザイン能力ゼロで、我ながら呆れとイライラする。困ったもんだ。

0 コメント

2014年

12月

24日

黄色いリンゴも味は赤いのと同じ

果物王国の山形でリンゴの新種が生まれたとの事、山形の親戚から写真の黄色いリンゴ「はるか」が送られてきた。黄色いサクランボの歌は知っているが、黄色いリンゴの歌が出来るかな?  こんなに黄色いリンゴは、いつ頃から発売されているのか知らないが、地元の住人も初めて見たとの事で最近と思う。

さっそく賞味、味は赤いリンゴと同じで何となくデリシャスに近い様で美味い。昔はインドリンゴがあり良く食べたが、最近は名前が変わって味もいま一。今日は頼まれ物の「湯飲み茶わん」の蓋作りだつたが、デジカメを工房に置き忘れ。代わって黄色いリンゴになった。最近ど忘れ多く、キタかな。



0 コメント

2014年

12月

23日

飽きたら駄目だな

今年最後の夢工房ターニングディー、どんぐりストラップが無くなったので在庫補充に作る。近くの常連さんからも依頼されておりお任せで作る。

5種類の銘木だが、もっと多種類を持参すれば良かったかな。軸に2mmドリルで穴あけ、ストラップ用に根付け紐を通す。何個作ったか数えてないが、単純作業で飽きる。気分次第で大小長短太細いろいろあるが飽きたら駄目だな。


0 コメント

2014年

12月

22日

プロは道具にも凝って

今年は夢工房に木彫10年20年の経験者4.5人がターニング入門してきた。

ターニング仲間が増えるのは大歓迎だが、木彫でその道を極めた方が「何で?」

の感もある。趣味を深める程度で、揃える用具とお金もある程度必要になる。

先日見学した神社拝殿の新築現場で目にした彫刻も立派にものだった。

工務店の棟梁は、寸暇を惜しんで仏像彫刻も行っており、神社の彫刻も特技を活かしてお手のもの。写真は工務店の作業現場に置いてあった「仕上げ用彫刻刀25本組」。彫刻刀と言えば、学校で習う小さなものしか知らなかったので「凄い」叩きノミで粗彫り、写真のノミで仕上げするとの事。道具にお金を掛けてるなぁ。プロは道具にも凝っているなぁ。

0 コメント

2014年

12月

21日

白いエゴノキ、何を作ろうかな

先日、木工仲間よりぶっ太い半割エゴノキをget、チェンソーでぶった切るのに一苦労したとの事。工房へ持ち帰ったが、重くて持ち上がらがず。エンジンチェンソーで1/2に切断、バンドソーで切り出す。軟らかく白くて何でも出来そうだが「はて、何を作ろうか」生木なのでサラダボールの粗彫りかな?

0 コメント

2014年

12月

21日

さて、何を作ろうか

随分太いエゴノキだな、クロマグロのぶつ切りなら・・・

0 コメント

2014年

12月

20日

建築中の神社拝殿見学

今日は日頃お世話になっている、さいたま市岩槻区の笠巻工務店に年末のご挨拶訪問。当工務店は一般注文住宅や神社仏閣の建築を担っており研究熱心な棟梁。御神輿・山車等も手掛けているとの事で、訪問の度に仕掛中のものがある。聞けば、若い折に何時かは役に立つと思い神社仏閣の勉強をしたそうな。

棟梁のご案内で写真のさいたま市岩槻区にある完成間近な「上野鷲宮神社の拝殿」を見学する。年初から設計に取り組み、型板・型紙おこしに始まり、棟梁の陣頭指揮で建築中。ヒバ・桧の香り漂う真っ新な拝殿。屋根上では銅板葺の作業中、奥に本殿がありこれも修復中。年明け1月25日に完成お披露目予定。

久喜市の近く鷲宮町の鷲宮神社は、820年前の1.193年の吾妻鏡に登場、鎌倉幕府ゆかりの有力な神社で徳川家康も400国を寄進、関東武士に篤く崇敬されていた(検索)。写真の岩槻・上野鷲宮神社は鷲宮町の鷲宮神社からの分かれ

(分社?)と言われ、それでも由緒ある神社で地元の信仰の神社となっている。

無節のヒバ・桧材は見事、ウン十年、ウン百年経って雨風に晒されて歴史を感ずる姿を想像するのも楽し。タイムスリップしてみたいな。

0 コメント

2014年

12月

19日

チェンソーも結構疲れる

雪国の皆さんには申し訳ない気分ながら、初冬の快晴に気分良好。差し迫っ木工も無くなり、溜まった丸太のチェンソー作業を。先日木工仲間よりエンジンチェンソーを購入、testを兼ねて始める。が、エンジンチェンソーは初めてなので、経験者の友人に初歩的な扱い方を教わる。2月頃に伐採した山桜の丸太が残っており、ブツ切りと半割にする。小口から10cm位までひび割れが入っており切り落としてブツ切りに。従来は電動チェンソーを使っていたが、馬力不足でストレス溜まる。今回は慣れるにしたがってスイスイ、それでも半割30個cutに午前中掛かる。写真は作業と半割で出た切り屑の山。カメラ影、盗撮の用で何ともダサイ。丸太を持ったり、転がしたりで結構疲れる。齢か。

0 コメント

2014年

12月

18日

こうゆう用途も良いな

今日は夢工房の大(?)忘年会、大和田分室、JWA大和田研修所に仲間12名が集まり、昼前から5時間のロングランのワィワィガヤガヤ。木彫を卒業して夢工房の仲間になったメンバーも多芸多才の方々。落語で幕開け、続いて尺八+ギター+オカリナ+ハーモニカの独奏と合奏で何とも珍妙な速成楽団。遥か昔のナツメロを口ずさむが、ご老体揃いのメンバーではそれなりの声量。無芸大食の身は、いささか小さくなって片身が狭い。写真の置物は玄関スペースに飾られた「ターニング木皿に造花(何と言うのか知らないが)を貼りつけたもの。

四角木皿は軽く、針葉樹に塗装して落ち着きあり。最近のイベントでは、単純

なターニング作品では目を惹かない。こんな用途もgoo。やってみよう。

0 コメント

2014年

12月

17日

味のある看板goo

0 コメント

2014年

12月

17日

こんな味のある看板を作りたいな

今朝工房に行くと、雨の水溜りに薄氷が張っていた。寒い~。

北海道・東北地方の猛吹雪に比べれば笑止の事ながら、温暖な埼玉ではミニ・ニュースになる始末。午前中は干支の3D文字切抜き、午後は親類縁者に恒例の干支発送で今年の木工活動ほぼ終了。今日の木工写真無しで代わり看板。

11月上旬に新潟県東部の麒麟山温泉・雪つばきの宿・古澤屋に行った折の古い看板。昭和10年創業で温泉地にしては比較的新しい旅館ながら風情があり◎。窓の下は阿賀野川の雄大な眺め、遠く飯豊連峰を望み記憶に残る宿。

約70年前の看板で、右から左流れの風格ある文字と瘤付きの材(?)。

温泉巡りの楽しみは、一番・温泉、二番・料理だが、三番目に看板、着いたらすぐ看板を見る。もう一枚、これも味があり見とれる。良いなぁ~。

 

0 コメント

2014年

12月

16日

杉小判皿作り溜め

やけに寒い日ながら、夢工房でのターニングは半地下で快適に楽しむ。厚さ30mmの杉板をgetしたので、いつもよりやや厚めに小判皿を作る。逆目が出るので強引に空研ぎペーパーで磨く。予定は9枚だったが、ひび割れ、節が出て7枚作り、小判を円板にして1枚、あと1枚は×。先週も10枚作ってそのままだが、30枚位溜めまとめて塗装予定。目止めしてウレタン吹き付け塗装をしたいのでtest用小判皿にする。ウレタン吹き付け器具一式はまだ購入しておらず、あれこれ検討中。2月のイベントまでには間に合わせたい。出来るかな。


0 コメント

2014年

12月

15日

今年も残り少なくなって

巨人・大鵬・卵焼き、ならぬ巨人・大鵬・自民党世代の身にとっては、今回の選挙で自民党圧勝は当然の感じ。政治と宗教には関わらない主義だか、政治政権が安定しているのが日常生活になっているので良かったと思っている。

世の中には、それぞれ主義主張があるのは当然ながら、衣食足りて礼節を知るの如く先ずは経済安定を望みたい。違う意見の方には、つねさんの独り言と見過ごして下さい。今年もあと半月で残り僅かになった。今日は来年の干支を入れた3D切抜き文字を作る。「平成27年未年」と「平成27年+ひつじ年」の2種類。SPF1×4材で毎年作っており、来年の分7本を作る。これで今年の木工作業は粗方終わり、あとは一年のほこりを払う大掃除。早めに終わしたいなぁ。2月早々にイベントが二日間舞い込み、ボチボチ準備があったけ。

0 コメント

2014年

12月

14日

干支ひつじの写真と案内

下の写真パッケージに入れた写真と案内書。

0 コメント

2014年

12月

14日

目減りしていき足りないかな

来年の干支(ひつじ)親子と置台の3点セットをパッケージ、見栄えを良くるのに干支の案内写真を同封する。35set作ったが予定外にあちこち嫁入りして大分目減りし足りないかも。今回は販売用でなく、親戚友人知人への配布用なので優先順位で先に確保しなくては。来年は木工仲間で干支の交換会をしたいな。

0 コメント

2014年

12月

13日

うなぎパイが食べたいな

今日は地元シルバー族・ハイキング・サークルの忘年会、60代後半から80代後半まで約50名程集まり賑やかに。あちこちの忘年会に参加でそろそろ年末かぁを実感する。来年の干支・ひつじ作りの追い込み、タモとナラ材でひつじの親子35setを作り終わる。続いて置台板を作り、ほこりまみれのタモ板材を引っ張り出し、カンナ掛け。親子に合わせて切抜き、角を丸めて焼印「春日部・つねさん工房」を押したところ。並べていると浜松のうなぎパイが食べたくなった。これで一段落、明日から切抜き文字作り予定。

0 コメント

2014年

12月

12日

戸田奈津子に刺激されて眼科へ

ここウン十年映画館に行ってないが、高校の頃から洋画中心に観ていた。

西部劇、戦争もの、アクション系で、最初に観た洋画はカンサスの騎兵隊だったと思う。かの「レーガン大統領が騎兵隊の端役で出ていた映画も観た記憶がある。字幕は決まって「戸田奈津子」翻訳でそれ以外は知らない。その戸田奈津子が黄斑変性で片目を失明したとの記事が出ていた。イベント続きとあれこれ詰まっていて、眼科に行くのをサボっていた。両目を白内障手術をして3年経過するも、同じく黄斑変性で経過観察中の身。11月検眼だったのが、戸田奈津子に刺激されて慌てて今日検眼へ。良くも悪くも変化が無く、次回は2月に来るように指定された。眼底検査を受けるので目が使えるのは、点眼後5時間位かかる。午後遅くなって工房へ行くも大したこと出来ず。

写真は近くの自宅に時折駐車しているアメ車、シボレーVanity。古き良き時代アメ車だろうが落ち着いた赤い車体に派手派手な屋根、誰が乗るのだろう?

0 コメント

2014年

12月

11日

0 コメント

2014年

12月

11日

100年後の家宝かな

度々このブログに登場する「鍔工」がとんでもないプレゼントを持参してくれた。写真の日本刀の鍔、18金と言いたいところだが真鍮で彫り込んだ見事なもの。丑年のため丑をデザインして毛の一本一本まで鏨で彫り込んだ何とも緻密な作業振り。先日自分の鍔製作集大成として十二支をコレクション風に飾り付けした。その折に欅板材を提供した御礼との事。海老鯛ならぬ欅鍔かな。

下の写真に彫り込まれている「東方斎 雅見」が雅号?花押も見事。100年経ったら我が家の家宝になるかな。何でも鑑定団に出品しようか、阿呆かいな。


0 コメント

2014年

12月

10日

干支・ひつじ作り急がねば

12月に入りのんびり出来ると思っていたが、溜まった野暮用が次から次と。

今日は夕方になってやっと木工取組。来年の干支(未・ひつじ)親子と台板の3点setを30組作る予定で開始。取りあえず親25+子3個を3mmバンドソーで切り抜く。堅いタモ材・厚22mmの為ブレードを新品と交換してスイスイ。

今週中に仕上げを急がねば、間に忘年会もあるし困ったな。

0 コメント

2014年

12月

09日

杉の大判小判皿作り

今日は火曜日の夢工房ターニングディー、昨日切り抜いた杉小判で木皿作り。

予定通り大判300×200mmと小判270×170mmを5枚づつ計10枚完成。

正味4時間のターニング、杉は軟らかくついつい薄くなってしまう。夏目冬目の年輪堅さが極端に違う。空研ぎペーパー掛けを念入りにするが、仕上がりはつるんと出来ず見栄えやや悪い。柿渋で落ち着きのある色に染めようかと思っているが、思案のしどころ。


0 コメント

2014年

12月

08日

杉小判切抜き

今日は午前午後とも来客応対で干支作り中止、寒くなり石油ストーブを点けシュンシュンお湯が沸くと、どれ「お茶でも」ついつい雑談で座っている時間が長くなる。午後遅くからから材木店へ杉板購入訪問、無節杉板を勧められ購入するもお高いのにびっくり。幅210×長さ4.000×厚24mmと180×3.650×18mm。大型小判と小型小判をバンドソーで切り抜く。明日は10枚程小判皿に仕上げる予定。11月のイベント販売で在庫無くなりまとめて補充。本来は桧か朴で作りたいのだが、材が高く販売価格も相応になるので今回は杉材にする。杉材は軟らかく、吸い込みが大きく下地処理を考えなくては。

0 コメント

2014年

12月

07日

木工旋盤(ターニング)技術講習会

日本ウッドターニング協会(JWA)では、年4回の技術講習会を開催し毎回盛り上がっている。今日は今年度最終の4回目、全国70名の会員中38名の参加があり大賑わい。関東地区を中心に北海道、福島、新潟。静岡、群馬等の遠距離組を交えて熱心に聴講、実習、情報交換で中身濃く2014年を締めくくった。内容は主に3種類の刃物(ポールガウジ・スピンドルガウジ・スキュー)を使っての作品作り。大型木工旋盤6台をフルに使って、講師の指導で実技体得する。特に初級クラスのターナーにとっては、効果的な内容で良かったと思う。ターニングは各人ごとに型があるが基本は同じ、材の形状・材質・作る物・技量etcに合わせた指導があり、今後のに活きると思う。当人は助手役で出番なし、遠方組を優先して近距離組は遠慮。講師の方々お疲れ様でした。


0 コメント

2014年

12月

06日

ページをめくる楽しみ

今日は明日のJWA講習会準備で木工休み。

代わって本のup

アマゾンから写真の本紹介があり早速購入。

国産材116+外国産119=合計235種の材が原色で各4カット。

しかも加工曲面が掲載されており、ターニング人にはバイブルになりそう。まだ開いてないが

今夜からページをめくるのが楽しみだ。

このブログ変だ。いつもの文字記入が出来ず

写真横になった。

0 コメント

2014年

12月

06日

ベージをめくるのが楽しみだ


0 コメント

2014年

12月

05日

些細な事で喜ばれ

たまに立ち寄る中年美人が、友人と連れ立って来訪。お連れさんが包丁に名前を入れたいとの事。母親の古希お祝いに「関の孫六包丁」を贈りたい。ついては送り主の名前を書いてくれとの依頼。バーニングペンで書くのは簡単だが、折角の贈り物なら自分で書いたら良いのではとお勧め。おっかなびっくり置き込む。上手い下手は別にして、これで母娘の会話に話題が一つ加わり、盛り上がる事だろう。奥様族仲間で「名前を入れたい」希望が沢山あるので「団体で連れてきたい」の要望。勿論大歓迎! ついでの木工品購入を期待して。来訪のお二方も小物お買い上げ、オマケの方が多かった。美人には弱いので。

今日は野暮用の連続で木工出来ず。12月はのんびりしたいもの。





今日は野暮用の連続で木工出来ず。

0 コメント

2014年

12月

04日

厚めでどっしり棚に

今日は午前中2時間の木工時間で、リフォームしたトイレの棚を取り換え。

今までは米松の厚さ10mmの薄く軽い感じの棚にしていたが、今回は厚めでどっしりした棚に変えた。厚30mmの樺材で棚受けも同じ材で作る。オイル仕上げにすると色が濃くなるので蜜蝋仕上げにする。まだ何も乗せていないが、シンプルで存在感がありGoo。リフォームすると、あれここれ小物作りが必要になるがこれも楽しみの一つ。明日は隙間収納スタンド作りかな。

0 コメント

2014年

12月

03日

干支のひつじを手土産に

今日は古巣・会社のOB忘年会、OB歴十数年から現役古参も交えて和やかに懇談。酔えば昔の自慢話に花が咲き、あとは体調不良の披瀝になるのはいつもの事。昔の部下の活躍や業績拡大、社会貢献等を聞くとやはり嬉しいもの。OB歴10年の身も古巣が気になり、HP訪問や業界紙の記事に気を取られる始末。四十うん年ただひたすらに「滅私奉公」の後遺症かな。木工を初めて足かけ10年近く、OB会の度に何かしら持参、提供して喜ばれている。今回は「干支のひつじ親子」or「トナカイ」と「どんぐりストラップ2個」を提供。ストラップは昨日用意出来たが、ひつじは朝7時から作り始め午前中にやっと6set出来た。足りない分は在庫のトナカイにする。X'masと正月を控え、タイムリーで喜ばれ良かった。ひつじは山桜の厚25mm材で親は90、子は75mm角、台板はタモ材。オイル仕上げにしたかったが、乾燥時間がなく木地のままとする。11月は忙しかったので。

0 コメント

2014年

12月

02日

どんぐりストラップ作り

火曜日・夢工房のターニングディー、今日はどんぐりストラップ作り。沢山作って持っていたが、11月のイベント続きで販売したり、オマケに使ったりで無くなってしまった。明日の会社OB会用に急いで30個程作る。左側の「紅したん」は、正式名称でなく赤身の紫檀で便宜的に勝手につけたもの。紫檀を調べると分類が難しく、ケランジィとかマルバシタンとか、又はローズウッドともetcあり良く分からん。あまり難しく考えず紫檀のどんぐりとした。

右側はウエンジで黒光りして適度の重さがあり、どんぐり色ではないがストラップとしては良さそう。先日のイベントでも出足は早かった。お土産用に用意したもので喜んでくれれば幸い。

0 コメント

2014年

12月

01日

地元が日本一のねぎ産地とは

古さでは負けない自宅の水回り全面リフォーム開始で一週間、やっと終わった。リフォーム立ち合いやイベント参加で忙しかった一週間。今日も内装工事、設備機器取り付け等の「見学」で木工お休み。写真は土・日のイベント会場に鎮座した貫録十分な「扇ねぎ」。調べてみると(検索),ネギの産出額は、NO1埼玉・NO2千葉・NO3茨城県。ねぎと聞けば反射的に下仁田ねぎ、深谷ねぎ、九条ねぎを先ず思い出す。もっとと言われれば、千住ねぎに博多万能ねぎか。それにしても「一本ねぎの横綱・越谷ねぎ」は知らなかった。この「扇ねぎ」は、越谷ねぎ独特の飾り付け?とかで立派な物。戦後の食糧危機で育った身には、好き嫌いはほとんど無いが、薬味を除いて煮ても焼いてもねぎの「ぬるっ」が頂けない=嫌い。ねぎの出し味は好きだがな。嫌いな故にねぎに関心が無く、地元が日本一のねぎ産地とは知らなかった。灯台元暗しか。

0 コメント