2014年

3月

31日

テッドストックにしたくないが

今日は午後から時間が取れたので材木店へ、前々から作ろうと思っていたターニング刃物格納箱を作る。杉板幅150×厚さ15長さ800mmをカンナ掛け、反っている為に厚さ13mmと少々薄くなる。

ターニング歴はまだ浅いが、あれこれ思いつきでバイトを購入、いつの間にか結構な数になり、格納箱2個がオーバーフロー。出番の少ないバイトを格納する箱を作る。継続常用箱、あると便利用箱、細くて小さな刃物用箱に3分類したい。長短分類もしたいが、あまり細分化すると探すのに手間で3分類まで。他のターナーが使っていると、つい欲しくなり思いつき購入もあり。デッドストックにしたくないがつい溜まる。作品を作る為にバイトを用意したが、今度は出番の少ないバイトを使う作品作りもたまには必要だな。

0 コメント

2014年

3月

28日

やっと収まったJWA看板

日本ウッドターニング協会(JWA)は、木工旋盤での作品作りを楽しむ会で、全国から70名が参加して活動している会です。技術習得、情報交換、懇親等を目的に3ケ月に1回講習会を開催し、毎回30名前後の参加があり活発に活動。2014年度第1回講習会が明日3/29(土)開催し、5分計砂時計製作の予定。今日はさいたま市の大和田研修所の会場準備に行く。昨年秋に作った「日本ウッドターニング協会 大和田研修所」の看板を取り付け、やっと収まるべき所に収まった。会場は1Fに木工旋盤の大型6、中型1、小型1台の計8台を設置。2Fは宿泊設備があり、今夜は9人泊り予定で一杯交わしながらの木工談義がまた楽しで、いつも満杯状態。発足以来5年目で、地道な活動を通して看板に見合う会にしていきたいもの。木工旋盤に興味のある方の加入、見学大歓迎!

0 コメント

2014年

3月

24日

陽気に誘われ看板作り

MY工房裏の「一ノ割公園」の白木蓮が、一斉に咲き出し春本番到来。

この陽気に誘われ、屋外工房で仕掛中の看板彫りと色付けをする。6mmストレートビットで深さ5mmを彫ってペイント、どうしてもペイントがはみ出し、木目に滲みが広がる。乾燥後電動カンナ掛けで輪郭をはっきりさせたつもりが、カンナの刃が鈍らになっていたのと、生乾きだった為こすれて汚れ出る。明日にでも替刃を交換してやり直しの予定。

今日の様に、陽気に誘われての屋外作業は気分爽快。春は良いなぁ~。

1 コメント

2014年

3月

22日

試し彫り、OKの様だ

今日は午前中2時間程しか時間が無いので、杉の切り落とし板に文字を彫り込んだ看板を試し彫り。6mmストレートピットで深さ5mmの文字をフリーハンドで彫る。杉は軟らかいので縁欠けを懸念したがOKだった。

文字に色付け、全体にウレタンニス・クリャーを塗布仕上げ予定。貰も物の切り落とし材で変な形だがこれも一興、むしろ素朴な感じで良さそう。

あと2枚作り、3枚並べれば幾らか目を惹くだろう。期待したい。

0 コメント

2014年

3月

21日

彫刻用のテーブルボード作り

東京の木彫教室から、朴材で彫刻用ボードの依頼が舞い込んできた。

昨年8月頃にまとめて納入して以来久し振り、つねさん工房モデルのテーブルカッティングボートの大、中、円板型の3種類。朴の荒板から節を避けて木取り、バントソーで挽き割り、カンナ、型抜き、角丸め、サンダーetc単純だが結構手間が掛かる。幅230×厚さ13~15mm×長さ250~350mmだが問題は幅のサイズ。中心部のグリーン色の部分だけならベストだが、そんな幅広板材の入手が困難で白太部分が両側に入る。実際の彫刻作品を見た事が無いので、どの様に彫刻しているのか見たい。

木工仲間のご厚意で板材を分けて頂き作っているが、まだ足りないので重ねて甘えなくては。材の安定購入が出来る事に感謝。

0 コメント

2014年

3月

19日

看板の効果を期待して準備

春日部市は約10万世帯で24万人ののんびりした地方都市。工房は地理的には中心部にありながら、大通りから1本離れて人通りはまばら。

散歩の方が時折立ち寄られた折に「この工房は入りずらい」と言われた事があった。どうもフェンスに囲まれた中にあり、何をしているのか分からないらしい。人寄せ、口コミを狙って目立つ看板を立てようと準備開始。たまたま杉製材の切り落としをgetしたので、変形・節・皮付きだが使う事にした。電動カンナで荒削り、バンドソーで周囲を丸め。収まりに合わせて文字を拡大貼付け全体俯瞰。どうも文字だけでは味気ないな、何かイラストを入れないと目立たない感じ。秋口までイベントは無さそうで、看板の効果を期待して準備開始。トリマーで彫って色付け予定。

0 コメント

2014年

3月

18日

底抜け木皿、どうしょうかな

こところ片付けばっかりでターニングが出来なかった、今日は夢工房で杉の木皿作り。木目のきれいな杉木皿は、軽くて馴染みやすい為か人気があり当工房の中では売れ筋。径240mmを3枚予定したが、3枚目に底抜けをやっちゃった。高台部分を「もうちょい薄く」がバリッ、手触り・目測誤り。35mmの大穴、使い途は? さてどうしようかな。アイディァ募集! 

 

 

3 コメント

2014年

3月

17日

勿体ないが薪に

昨日、自宅工房の片付けをしていたら丸太が出てきた。4~5年前位にどこの温泉だったか、泊まった旅館の廊下にに白樺や榎のぶつ切りがごろごろ転がったいた。4組夫婦だったので、白樺4本と榎4本をお土産に貰ったもの。生木なので両端にボンドをべったり塗って転がし、そのまま物陰に隠れて忘れていた。引っ張り出したら、見事な芯割れと細かなひび割れでターニンクはダメ。チェンソーで半切、ナタとハンマーでパカン、パカン気持ちよく割れ薪に変身。軟らかくて薪には向かないと思うが、他に使い途なし。細めの丸太は楓で持参した人の話では、伐採後ウン十年経っているとか。これは堅くて薪には向いているだろう。折角山奥から貰ってきたのに、勿体ないが薪になってしまった。

 

0 コメント

2014年

3月

16日

随分溜まってたものだ

この土・日は4月並みの暖かさで、自宅工房は24度にもなっていた。木工に熱中して我が家の片付けはそっちのけ、ごちゃこちゃ乱雑になって止む無く処分作業。あるわあるわ、良くもこの狭い家に詰まっていたものだ。

文庫本700冊、単行本130冊、VTRテープ150本、カセットテープ100本、その他諸々で二日間の「戦果」、小分けして「可燃物の日」と「布・紙の日」に出さなくては。まだCDが残っており、まだ続くな。

工房と自宅工房に、太いの細いの、熱いの薄いの、四角いの丸いの、種々雑多な材が溜まっており、こちらも整理と廃棄しなくては。いつか使うだろうととっておくと、いつのまにか随分溜まるものだ。捨てなくては。

0 コメント

2014年

3月

13日

山桜に魅せられて

厚板保管コンテナを整理していて、山桜の厚板が気になった。小口からのひび割れが、思ったより進行していたので一部を製材する。先日作った

「針刺し」の壺の鮮やかな木目と色合いが気に入って追加製作に入る。

ひび割れの合間で木取り、100W×100D×60T/mmにcut、径80mmに切り抜く。中に入れる「座布団」作りが遅れていてまだ完成品は幾つも無いが、壺さえ作っておけば、女房の気分しだいでそのうち完成するだろう。山桜に魅せられて、手に取ると何かしら作りたくなる。3mmバンドソーも大活躍中。

0 コメント

2014年

3月

12日

カラフル砂時計、材の選び方が難しい

ピンクとブルーの砂時計「ひょうたん/蜂の腰」が入荷したので作ってみる。左はケヤキ材にチークオイル塗布してピンク、右はマホガニーにメラミンラッカー+カルナバ磨きにブルーを組み合わせてみた。どうもしっくりこない、色に合わせて材を選ぶのでなく、材があって色を合わせるのでどだい無理がある。さりとて、紙や布の様に手軽に材は入手出来ないので困る。

イメージ的には、明るいブナ、メープル、トチ、シカモア、水木等が合いそうな感じがする。でも材があったかな、今日は仮組でsetして見ただけ。カラフル砂時計は材の選び方が難しく、固定観念から「落ち着き」が無い様で心配。若い層はあまり抵抗感が無いと思うが、どうかな。

0 コメント

2014年

3月

11日

初めての樹種ターニングも良いもんだ

今日は夢工房で二週間振りのターニングディー、3/20に行われる町内会(自治会)のグラウンドゴルフ大会用優勝杯を作る。日曜日に朴で作った杯は小さく、色合いも地味なので明るい白木にした。

昨年5月末に近くで伐採した、径100mm×長さ200mmの金木犀があったので試してみる。何分初めての樹種ターニングでもあり、軟らかい材と思っていたが意外にしっかり。導管と縞目が目立ち#400空研ぎペーパーみがきでツルツルになった。中と小の2個作ったところで、夢工房から90×90×200mmの柚子の角材を頂戴して大を作る。柚子も初めての樹種であり期待するが、あまり面白みのある材ではない。部分的に黄色味がみられる、#400空研ぎペーパーでツルツル、金木犀と同様に手触りは良好。優勝・準優勝・第3位・・・バーニングペンで書き込んで仕上げにする。オイル仕上げにするより、木地のままが良さそう。

大⇒径80×高さ135mm、中⇒87×85、小⇒80×57。

初めての樹種ターニングも良いもんだ。次は何かないかな。

0 コメント

2014年

3月

10日

ボールペン在庫補充準備

3.4月は卒業、入学、移動、昇進等々で何となく慌ただしい季節。

このシーズンは、ボールペンが贈答用としてお買い上げが結構あり嬉しい季節。在庫が少なくなり、補充用として30本分ほど下拵えを始める。

一番人気のカリンコブを始め、黒檀・ゼブラウッド・カリン・紫タガヤサン・インドシタン・トチ玉杢の7種に真鍮パイプ挿入作業。

ひと目を惹くには、デザインか珍しい樹種になると思うが、デザインは難しいし、珍しい樹種もなかなか入手困難(リーズナプル価格で)。何か良い方法はないかな。

0 コメント

2014年

3月

09日

エリさんWAXを使ってみるが

続きを読む 0 コメント

2014年

3月

08日

バンドソーのドリフト何とかならないかな

昨日は瞳孔を開いての目の検診で、夕方まで目を使えず一日お休み。

今日は強風もおさまり、屋外の厚板格納コンテナにシート張替、ついでに整形、製材をする。プビンガ、ケヤキ、山桜の厚さ70~120mm×幅600mm前後をひび割れを見ながら適当にcut。

日立工機バンドソーCB-75で製材、横挽きはまずまずながら、縦挽きでドリフト発生。ある程度は調整しながら使っていたが、最近特にひどく何だろう? 歯の出っ張り具合、テンションの張り具合等を調整しながら稼働させるが、縦挽きが特にドリフト強く閉口、今までこんな事は無かったのだが。30mm厚の板材にしたいが無理な様子。何とかならないかな。

2 コメント

2014年

3月

06日

初めてビード(玉縁)を付けてみた

砂時計作りの準備から4日目の今日は、ケヤキとサペリ材で2個作る。構造とターニングは比較的単純で、支柱の穴位置とガラス玉に合わせた長さを正確に作ればOKの様だ。JWA会員Sさん提供の「アクリル円板治具」が大活躍、お蔭で不器用なつねさんも失敗ナシで出来た。見た目の第一印象が大切、支柱を少々オシャレにしようと玉縁をつけてみる。3~4年前に「Robert Sorby 55HS 5本組 ビーディングツール」を購入したままになっていた。思い出して引っ張り出し、オッカナビックリ使ってみる。先日夢工房で借りて試してみたが、上手くいかなかった。だめもとで5mmの細いのでやってみる。写真ケヤキの支柱3本に上下2カ所、サペリには上下1ケ所つけてみるとvery good。軽やかでスッリした雰囲気になった。出番が増えそう。

2 コメント

2014年

3月

05日

やばい、忘れてた

朝からの雨、手帳を開いて「やばい」、午後からの交通安全見守り隊の当番を忘れてた。予定では「5分砂時計」を3個作るつもりだったが、午前中しか時間が無い。マホガニー天地板に紫タガヤサンで支柱を作り、所要時間2時間20分掛かって1個完成。スタート9;00 ⇒ 時計のゴールは11:20を示している。この後ケヤキ天地板を2枚作りタイムアップ。マホガニーと紫タガヤサン、一見すると同じ材に見える。いつものメラミンラッカーとカルバナで磨き、ピカピカ仕上げ。但し水濡れ要注意!大分要領がつかめてきたので、つねさん工房流マニュアルを作ってみようかな。

0 コメント

2014年

3月

04日

5分砂時計、作るのに3時間

今日は午前中に砂時計作りの部材揃えと手順確認、Pm14:10製作開始。円板にアクリル板治具で、中心点に千万通しを刺し径80mmの円周書き込み。穴あけポイント3ケ所にマーク。3mmドリルで10mm深さにドリリング、円板を径80mmにターニング、中心点に8mmドリルで深さ7mm穴あけ、裏表整形とサンディング。支柱は径13mm×長さ120mmの丸棒を作り、円板の差し込み部分両端を8mmにする。支柱のデザインは自由だが、ガラス玉(ひょうたん)の出っ張りを挿し込んで、支柱挿し込み後の合わせに注意。幾分上下に振れる位の余裕必要。写真は仮組したもの。要注意は、ひょうたんの全長が微妙に長短あり、出っ張り部分も長さが若干違うので採寸をひょうたん毎に確認が要りそう。スタートpm14:10 ⇒ ゴールpm17:00、5分砂時計作るのに3時間。初めての作りで、遅いのか早いのか分からないが、とにかく様になった。明日の分を3個用意したが出来るかな。

0 コメント

2014年

3月

03日

5分間って結構長いもんだ

生来気の長い方ではないが、喜寿の齢を迎える今年、努めて長くしている事がある。ウン十年続いた「カラスの行水」を卒業して"長湯"に心掛け、湯船に浸かって「5分間じっし我慢する」事。昔々、学生時代に刑法だったか刑事訴訟法だったかの勉強の一貫で、中野刑務所見学があった。今以て記憶に残るのが、「風呂は3分間」の規則、爾来いつの間にか3分風呂が続いてきた。

3月29日(土)にJWA講習会で「5分砂時計」を作る事になった。5分計のガラス玉(瓢箪)は専門店から仕入れ、上下板と3~4本の円柱はターニングで作る。今日は銘木で部材作り、明日から当分製作が続く予定。

上下の円板は、ケヤキ・マホガニー・ブナ・サペリ・ヤマザクラで径80mmに3mmバンドソーで切抜き。円柱(支柱)は、ケヤキ・ゼブラ・ウェンジ・インドシタン・紫タガヤサン・ケヤキ・紅梅を用意。

全体を同一樹種で作れば良いのだが、材が中々揃わないので混合。

木工仲間の制作振りを見ると、最初は1個/日の様だが、2個は作りたい。これで湯船に浸かっている時間を計るつもりはないが、5分って一日の0.35%の時間だが、結構長いもんだ。

 

0 コメント

2014年

3月

02日

外は冷え冷えでも、中は熱気ムンムン商談会

朝から今にも雪が降りそうな冷え込み、午前中は何とかもったが、2時頃より小雨と弱い風、テント内展示も難しくなり早仕舞い。

イベント来訪者へのささやかな恩典として、昨日は「とん汁と暖かいお茶」。野外テントに休憩コーナーがあり、そこで熱々とん汁を食べながら雑談。隣がつねさん工房テントで結構お買い上げあり恩恵大。だが今日は「焼きそばディー」、皆さんお持ち帰りで休憩コーナーは閑古鳥。当コーナーも以下同文、写真中段左に「木工・つねさん工房」が紹介され「去年も買ったよ~」のリピーターが時折、嬉しい!またまたサービスしてしまう。TOTOの動員力は大したもの、約30台の駐車スペースに常時20台前後。ショールーム内はてんてこ舞いで大盛況。動員目標達成率130%との事、外は冷え冷えでも、中は熱気ムンムンの商談会。

お楽しみイベントに「パステルアート」があり、女の子、女性に大人気。絵はがきにパステルアート、つねさん工房の「絵はがきスタンド」も大量お買い上げ、外の寒さも幾分薄れ、懐温まる。寒さの中に温ったか神様が居た。神様・仏様・TOTO様は大袈裟かな。

 

0 コメント

2014年

3月

01日

雨のイベントにも楽しみが

たまには外れてくれれば良いのに、最近の天気予報はビシャリと当たる。予報通りの小雨の中で、TOTO大宮ショールームの「お客様大感謝祭」初日スタート。つねさん工房は2×2mのテントで出店するが、雨と風の吹き込みで展示ままならず、いつもの1/3程度にこじんまりと。

寒さは左程感じなかったが、来訪者の立ち寄り少なく○店同様で手持無沙汰。他の出店メーカーさんも同様でお互いにウロウロ。

ショールーム内は外と真逆の大盛況、主催者側はOB客と称していたが、リピーターに声を掛けて動員。的を射たアプローチで高確率の商談会。外の出店者は、お互いの専門分野での情報交換(雑談も)。

建材メーカーの大建さんとフローリング材を通じての材木談義、木の特色や用途等の共通話題での会話がまた楽し。

若い営業マン、不明な点は即スマホ検索確認、話がスピーディーでgoo。雨のイベントも楽しい会話で、これまたgooでした。

0 コメント