2014年

6月

30日

いつものボールペン作り

今日は落ち着いてボールペン作り。スリムタイプで変わり映えしないが、

ゼブラ・ブビンガ・パドック・屋久杉・インドシタン・シカモア・縞黒檀の7樹種に金具を24K・クローム・ガンメタの3種を混ぜて種類だけは21種になり賑やに20本。前処理をしてあり、ターニングのみで楽な作業。

8月に2回イベントがあり、あと20~30本作る予定だが飽きちゃうな。

アマゾンからの案内メールに木製ボールペンがあった。ヨーロピァンタイプの様に見受けられたが樹種説明なし。価格は3.700円~4.700円。随分高いなぁと思ったが、こちらの半値が安いのかな。

0 コメント

2014年

6月

29日

さくらんぼ狩り

金・木曜日に900kmロングドライブ、疲れが一日遅れで出て昨夜はpm9:00に早寝。am5:00に目が覚めると雨、新聞+TVでのんびり。朝食後にPC起動、写真をとり込んでいると夢中になり木工お休み。

山形県東根市に木工仲間とサクランボ狩り、約100枚の写真を抜粋して記録用に4枚にまとめ。A-4でいろいろ70枚程プリントすると一日終わる。

今日は木工の代わりにさくらんぼの一枚。美味かったなぁ!

0 コメント

2014年

6月

28日

何よりのお土産は楓のドーナツ

(木)(金)一泊二日で木工仲間とご夫人同伴も含めて11人「山形さくらんぼ狩り」旅行。梅雨の最中にもかかわらず、善男善女で晴れ間もあり最高のタイミング。同じく尾花沢市・木工仲間のビジネスホテルにお世話になり、あちこち見学と見物。ターニング同志、有名な「伊豆こけし」でこけしの絵付けに挑戦するも難しい。楓の木地はスッと絵筆を吸い込み、まともな顔や柄にならず滅茶苦茶に。こけし作りの難しさを実感する。工房内を見学させて頂く、見た事の無い旋盤?、ロクロ設備、仕掛中のこけしetc。傍らの箱に何やら円板、こけし作りで派生する切り落としとの事、まるでバームクウヘンで格安の販売品。木に目の無いターナー連、こけしそっちのけでめいめいget。さくらんぼも沢山お土産に買い込んだが、何よりの御土産は楓のドーナツ。さて何を作ろうか。

0 コメント

2014年

6月

25日

「彩杯」で一献、美味いだろうな

埼玉県南部を流れる元荒川に永代橋が掛かっている。農業用水取水の大きな水門があり、その隣に大きな材木店「大忠」と木の博物館「木力館」がある。今日はその木力館の館長と学芸員を交えて懇談して写真の「彩杯」を頂いた。この彩杯は埼玉産の極上桧を贅沢に使った猪口で「彩の国」地木とレーザー刻印された見事なもの。netで「彩杯」を検索するとYou Tubeにupされ紹介されている。七転び八起の動画もあり是非お勧め。木力館は六角形の堂々たる木の博物館で、家を建てる方は勿論、木に興味のある方は必見。昨日も大型バス2台で名物館長の「木のお話」講演を聞きに来訪されたとの事。写真の彩杯はうまく撮れていませんが、You Tubeはきれいに映っています。もう少しターニングの腕があがったら出来るかな。

6/26.27は、ターニング仲間とサクランボ狩りで木工お休みです。この猪口を持参して一献傾けてみよう。埼玉の桧猪口に山形尾花沢の地酒、下戸のつねさんでも「美味いっ!」と一声出るだろうな。

0 コメント

2014年

6月

24日

慶長ならぬ杉と木曾桧小判作り

今日は夢工房でターニングディー、三年振り位に小判皿作り。パン皿作りは大分やったが、小判皿は近所の方からテーブルが狭いので、細長いパン皿を作って欲しいと頼まれたのが発端。杉で長径300×短径200mmを6枚、木曾桧で長径270×短径180mmを2枚作る。今回は薄めに軽く作ったが、お買い上げの方の反応が気になる。円周はバンドソーの切り口の為スピンドルサンダーで滑らかにし、木固めエース仕上げ予定。net検索で慶長小判は、170~200万/枚と出ていたが、今日作った小判皿/枚は1/1000にでもなれば万歳~ぃ!!!

0 コメント

2014年

6月

23日

ご当地果樹ペン試作

昨日準備したボールペン部材を10本程ターニングして完成。

山形県東根市特産のサクランボで4本、ラフランスで4本。他にメジャーな屋久杉で3本。サクランボは、一部青味がかった部分が特徴、ラフランスはヌメッとして木目が分からないが、仕上げは良好。両方ともあまり特徴が無く地元愛着派向けかな。さくらんぼとラフランス園をやっている親戚への手土産とする。ご当地果樹ボールペンとして活かせないか試作する。

屋久杉の3本は、近くのお馴染さんが立ち寄られ、ブレゼント用にしたいとの事で即お買い上げ。へぇ~。

0 コメント

2014年

6月

22日

やっと再開へ

くたびれた我が家のリフォームが延びてやっと終わった。興味と今後の事を考えて「無言の監督兼見学者」で煙たがれる。

今日から木工再開、イベント用にボールペンをまとめて作ろうと部材作り。山形県東根市特産のラフランスとさくらんぼ、ブビンガ・インドシタン・屋久杉・シカモア・パドックの24本分。手持ち金具がこれしか無かったので取りあえず。ラフランスとさくらんぼは、4月下旬に現地の果樹園でgetしたもので乾燥に若干不安あり、今週末に「さくらんぼ狩り」に行くので無理して作り、ご当地ボールペンとして手土産にする予定。両方とも木に特徴が無く「タグ」を付けておかないと目立たず残念。全国各地に名産、名物樹木があると思うが、これを活かしたご当地名産ボールペンはどの位あるのかな。屋久杉、二十世紀梨はあるけど。

 

0 コメント

2014年

6月

17日

見ているのは辛いが

今日は木工でなく鉄工解体作業の見学者、築40年・我が家のベランダ解体ショー。40年の昔、ガッチリした鉄骨、長さ5m×幅1m×高さ0.85mの手摺付きだがくたびれてきた。施工が拙かったのか、地盤が揺れたのか排水方向が逆転して「想定外」の箇所が腐食。地震対策も兼ねて撤去してアルミ製ベランダに付け替える。40年世話になったベランダ、解体となるといささか感傷的になる。見た目にはまだまだOKの様だが、解体してみると集中的な腐食あり止む無し。高速カッターで火花を散らしながら、切断されていく様子を見ているのは辛いが、三日後にはピカピカに生まれ変わる。愛着が湧くまで寿命との競争になりそう。2~3日は木工を休んで無言の監督者の予定。額縁作りたいんだがなぁ。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

16日

お化粧して見違える様に

「素肌美人に素顔美人」の形容詞をたまに目にするが、つねさん工房作品が「お化粧美人」に変身した。五日前にスプルース集成材柱と樫の取っ手で作った「生ごみnet押え」9個も木地の素肌美人だった。この素肌美人を近所の奥方に「自分たちで好みのカラーに塗装したら如何」と提供。早速飛び切り美人の昔若奥さんが手を挙げて「私がやります」、嬉しい賛同にこちらもびっくり。昨日夕方「出来ました」とわざわざ報告に来てくれて嬉しさ倍増。今日が使い初めとの事で記念の一枚を撮る。やはり女性の感覚は柔らかく、武骨な木地素肌美人が、お化粧して見違える様になり、作った甲斐があった。雨風に打たれ、蹴飛ばされもして生まれたての素肌も次第に色あせて来るだろうが、自分の手で作った物には愛着人一倍で大事にすると思う。これから3年頑張って!

0 コメント

2014年

6月

15日

国際的になった楊枝入れ

JWA(日本ウッドターニング協会)は、3ケ月に一回技術講習会を開催している。回を追う毎に充実し、盛会になって今日は2014年度第2回講習会「楊枝入れ」を実演しながら解説を行った。40名近い参加者は熱心にメモをとりながら見学。講師はカナダのスチュアート・アブレットさん、カナダ国籍ながら日本滞在が長く流暢な日本語で要領よく解説しながらのターニングで写真の楊枝入れを作る。下の写真のイメージとjapanの楊枝入れ? どうもしっくりこないが、完成品を見ると立派なもの。細かな技術を要し、そう簡単には出来そうもないが「仕様書/サイズ表」を参考にして作ってみようと思うが出来るかな?

カナダのイメージは「豪快さ」を形にしたものを想像するが、今日の作品作りは、工芸品らしい細やかな典型的な純和風作品。カナダ人が作るとは。国際的になった楊枝入れ。差し詰めtoothpick standかな。

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

14日

額縁部材切り出し

認めたくはないが、齢とともに活字は大きく、音も大きく、ついでに写真も大きくしてしまう。毎日のブログやプリントしたい写真はA-4に決めている。兄弟から旅行記念や四季折々の鮮やかな写真をA-3やA-3ノビで沢山送ってくれて大分溜まってきた。手持ちの額縁が無くなったので、まとめて作ろうと午前中は部材切り出し。ケヤキ・タモ・・ニレ材で30×30×500~1000mmを15枚分程バンドソーで挽き、自動カンナ掛け。来週は額縁weekになりそう。タモとニレは木地色が地味なので塗装をどうするか思案中。あまり目立ってもいかんし。

0 コメント

2014年

6月

12日

地元へのホランティァの気持ちで

久し振りにホカッと穴が開いた。雨空を眺めながら「さて、今日は何を」。前々から気になっていた、名前は不詳だが実用的に「生ごみネット押え」とても言おうか、要するにネット押えの重石代わり。

建築現場で余ったいたスプルース集合材の105mm角柱を溜めていた。生ごみ置き場のU字溝幅300mmなので、長さ350mmでcut。樫材で取っ手をつけたシンプル品。90と120mmのコースレッドでがっちり捻じ込む。約5年前に作った同じものが、腐ってネジが浮き出て危険なので代替品。ペイント塗装は、生ごみ置き場を使う住宅のおやじさん達にお任せ。全部仕上げて提供より、ペイント塗装作業による共同意識と大事に保管する意識upを願って。ささやかな地元へのボランティァの気持ちで作った物。どんな配色と図案になるか楽しみだ。

 

0 コメント

2014年

6月

11日

山桜テーブルボード作り

山桜の厚板、幅260×長さ600×厚さ70mmを製材してテーブルカッティングボードを作る。月初のイベントでも好評だったので、在庫補充も兼ねて6枚程。両端にひび割れ入り約100mm程切り落とす。日立CB-75バンドソーで挽き割り、ドリフトの為ラインに沿ってフリーハンドで挽き、自働カンナ掛け。かなり反りがあり、仕上がり厚み15~25mmでバラバラ。カレンダー用紙で型紙、沿ってライン引き3mmバンドソーで切抜き。6R丸面ビットで角落とし、サンダー掛け、オイル磨き。オイルはいつものブッチャーブロック・カッティングボードOil。

テーブルまな板は沢山作っているが、肝心の我が家では出番が無い。女房に言わせると、キッチンとテーブルが近すぎて必要無いとの事。

うさぎ小屋みたいな狭小我が家では×、広いダイニングルームなら○。

夢だな。

 

0 コメント

2014年

6月

10日

のんびり中皿作り

梅雨の合間の曇り空、夢工房のターニングディー、ナラ材で中型皿作り。

径150~160mmの7枚、10枚を予定していたが、JWA行事打ち合わせやお遊びの雑談でいつもより2時間程短縮。特に急ぐ事も無く、在庫補充品作りの為のんびりターニング。先週作った10枚は、木固めエース仕上げで完了し今回も木固めエースの予定。8月のイベント用に作り溜めが続きそう。たまにはもうチト高度な技術を要する物作りをしなければ、とも思うがついつい量産物になってしまう。ナチュラルエッジも待っているなぁ。

0 コメント

2014年

6月

09日

手許に無いと落ち着かない一品

人生成長過程での想い出に、手放せない無いと落ち着かない一品があると思う。午前中は歯医者で、削ったり嵌めたりキュンキュンで終わり、野暮用済ませて夕方工房へ。水研ぎしたり値付け等で木工作業お休み。

作業台に転がっていたマイナスドライバー、何でこんなに汚れた物を大事にしていたのか。でもこれが無いと何となく落ち着かない。

子供時代の肥後守、受験時代の赤尾の豆タン、学生時代のポケット小六法、ボロボロになっても後生大事にしていた。サラリーマン時代は、角が擦り切れたビジネスカバン。米国研修旅行で大枚はたいて買ったコーチのアタッシュケース、携えても落ち着かず仕事も上手くいかず元の擦り切れカバンに戻したり。木工初めて足かけ10年位になるか、いつも手許にあって無二の「親友」になったこのドライバー。新しくてピカピカのドライバーが沢山あっても、これが混じっていないと落ち着かず。

ご同輩諸氏も同じ様な一品をお持ちと思うが不思議なもんだな。

0 コメント

2014年

6月

08日

少々がっかりした鹿沼木工団地祭「雨空市」

いくら梅雨時と言えども三日も降り続くと「もうやめてくれ!」

今朝TVを見ていたら(カヌマ木工団地祭」で子供たちが木工教室で椅子の組み立てをしていた。慣れない手つきで金槌でトントン、心配そうなパパが変わってガツンガツン。この雨でmy工房の予定が変更になったので、思い立って鹿沼へ飛び出す。思ったより人出が少ない、だろうなこの雨では。入ってオヤッ、たこ焼き・焼きそば・から揚げ・オモチャetc、これでは町場の夜店と同じじゃないか。お目当ての木工品は?あった、ぐちゃぐちゃ+ドロドロの通路を挟んでテントの中にボツボツ。地元で作った物は?少ないな、期待した方が悪かったのか、この程度が普通なのか。一回りしたら靴が湿って気持ち悪く早々に退散。主催者の努力と気遣いは分からないでもないが、どうも主催者目線で来訪者目線は度外視かな、せめて通路だけでも歩けるように整備していれば。鹿沼さつき祭も有名だが、木工祭りは残念。今日はタイトルの青空市でなく「雨空市」残念でがっかりした市だった。

 

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

07日

仲良し動物の仲間完成

昨夜来の雨続きに些かうんざり、午前中に仕掛中の動物作りの作業継続。

車輪取り付け、茶フェルトで耳付け、しゅろ縄で尻尾を付け、前後にヒートン取り付け下穴あけ、6頭で一組を5組完成。結構手間掛かる。

どんな子の手に渡るか楽しみだが、遊んでいるところも見たいもの。

 

0 コメント

2014年

6月

06日

紫檀の目を入れて命が宿る

本格的な梅雨入りで朝から断続的な大雨、タイミング悪く今日から屋根の塗装工事開始、この雨の中高圧洗浄でザァザァ叩きつける。雨としぶきでずぶ濡れ作業、仕事とはいえ大変な仕事。2F陸屋根で下からは見えず、工房へ。仕掛中の動物たちの加工再開、インド紫檀を10mm角の細棒にして径4mmにターニング、24頭×2=48ケ所に目を入れる。径38mmのタイヤを6mmペグで取り付け、段々形になってくる。何でもそうだが、目を入れる事によって表情が生き、命が宿る。こんな雑なオモチャでも目ひとつで板材からオモチャが生まれる。不思議なもの。

0 コメント

2014年

6月

05日

ヒットの予感を大事に

「仲良し動物たち」の名前で、ライオン・ゾウ・キリン・ラクダ・カバ・クマの6頭を1セットにして、ヒートンでつなぎオモチャにしてみた。日曜日のイベントに2set展示、1setはすぐヤング・ママさんがお買い上げ。夕方に清瀬駅近くに出している展示販売ショールームから「欲しい人がいる」とのTELあり。試作品として4set作ったが、展示早々の反応にビックリ。今日は午前中に4set分、24頭を切抜き部材作り、オフ・コより丸タイヤ32mmと車軸になるペグを200個づつ取り寄せ、1setで24個使うので8set分。

これから細かな作業が続く、目は黒檀か紫檀を径4mmにターニングして埋め込み、耳は茶色フェルト、尻尾はジュート、車輪取り付けetc。

何となくヒットの予感!、当てにならない予感だが大事にしたい。

0 コメント

2014年

6月

04日

展示品入れ替え

日曜日のイベントが終わったので一息、午後から東京日本橋小網町のショールーム「エスカル」の展示品入れ替えに行く。ここは夢工房のターニング仲間を中心に8人合同の展示販売ショールームで仲間のYさんが経営している。子供向けのcat・dog型写真スタンド中心だったが、新しく銘木丸型時計、インテリァベンチ、キッチンペーパースタンド、動物オモチャを展示。目に留まってくれればgooだが。写真左の上下段。

仲間は専門のターニング作品展示、同類ではラップするので少々趣の異なったのを展示。毎月一品を新作品にしたいところだが、中々思いつかず。工房から35km、都心の混雑渋滞へ向かって走るのは、若干おっくうだが今日は珍しくスイスイ。通常片道2時間近くかかるが、往路1時間15分、復路1時間40分。この位なら苦にならないが、次回は?駄目だろうな。

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

03日

スルスル気持ち良く

いつもながら火曜日は夢工房仲間と楽しくターニングディー。ケヤキお菓子ポット・ケヤキお椀・杉の大型お盆・タモ木皿等各自好きな物作り。昨日切抜きのタモ円板で木皿作り、径160.170.180.200mm各サイズ合計10枚作る。完全乾燥に近い板材の反りがひどく、厚さ25~30mmが仕上がり20mmとなったが、木目がきれいに浮き出し楽しみ。径160と170mmの皿はナラで斑が出てきた、念入りにシャープニングしたガウジで気持ち良くスルスル・ターニング。木固めエース仕上げにする予定。

0 コメント

2014年

6月

02日

ナラだと思ったらタモだったが

午前中は昨日のイベント出品の後かたづけ、在庫を確認で木皿が少なくなっていた。午後から在庫補充に木皿板材準備。立て掛けているコンテナをゴソゴソ、真っ黒に汚れた板材にチョークでナラの書き込みあり引っ張り出す。3年位前にまとめて購入の折、木の専門家に聞きながら樹種を書いたもの。昨日のイベントで、ナラ木皿に木固めエースを塗布したものが人気、二人連れのヤングママさんがまとめてお買い上げ。

てっきりナラ材と思い、仕上がりで径200と160mm×厚さ20mmになる様に円板切抜き。50mmフォスナービットでチャック穴あけ。どうも変だ、ナラ特有の虎斑が無いし木目が粗い。タモじゃないか! がっかり。タモは木目が粗く、木皿や器には合わないと思いあまり使ってなかった。net検索、あった。「うつわ楓店」のHPに堂々とup、オイル仕上げと墨を混ぜた拭き漆が見事。木目が美しい、サイズは径150×厚さ20mmで手頃なサイズ。つねさん工房では、径200mmが好まれる。

合計17枚の円板を作ったのでトライしてみよう。楽しみだ。

0 コメント

2014年

6月

01日

暑かったな~、でも楽しいイベント

いゃ~暑い日だった、一日外のテントでイベント参加。なん℃になったか分からなかったが体感温度では33℃位かな。朝霞市の初雁木材さん恒例の「第16回はつかり感謝祭」に出店させて頂き楽しい一日だった。

写真は社長の開会ご挨拶、ステージに昨日大急ぎで作った看板を掲げて頂く。下の写真は主催の社員と出展者で開始ご挨拶から盛り上がる。

つねさん工房の出品で、午前中は木皿や器中心に出足順調。中には仕事を休んで3年連続で木工品を買いに来たとのリピーター・ママさん、嬉しい限りでお買い上げ金額の2~3割相当品のサービス。午後からは「りんご型切抜き手形」中心で休む間無し、腹減ったと思ったら3時を過ぎていた。企画、配置、運営、気配り、爽やかな応対、何れをとってもイベントのモデルになる素晴らしいイベントで楽しかった一日。

ご来訪の皆さん、お買い上げ頂いたお客様、主催の皆さん、同じコーナーに出店した木工仲間のみなさん、有難うございました。

次のイベントに向けて在庫作りが待っている。頑張ろう!

続きを読む 0 コメント