2015年

1月

31日

杢の妙

木工に取り組みかれこれ10年近くなる。樹の事は杉、松、桧、楓等身の回りにあるものしか知らなかったが、ターニングを始めてから広葉樹を使い、堅さ木目等に興味を持つ様になった。カンナ掛けやターニングで浮き出てくる杢に俄然興味倍増、事ある毎に図鑑や検索で調べ、我流ながら何種類か判別できるようになってきた。今日は来客に時間取られ、合間に小刻みにターニング。その一つが写真の「けやき台つき独楽セット」。けやき台は、円板で用意していたが中心が割れそうでほったらかしにしていたもの。思い切ってターニングすると見た事の無い「杢」が出てきた。木目は合っているし、どうしてこんな杢が出来たのか不思議。いろいろ調べてみると「サバ杢」「鯖杢」or「二股杢」と呼ばれるものらしい。幹が二つに分かれた部分に現れる独特の木目らしい。「捌ける」ことからサバ杢に転じたとも言われている。約40種類近い杢の種類があったが、知っているのはせいぜい5~6種類。杢の妙に魅かれて杢のコレクションも興味あるが、お宝がかかるので駄目だな。

0 コメント

2015年

1月

30日

雪を心配しながら

TVでは一日雪で8cm位積もるとか、帰りの雪道を心配しながら工房へ。今日の予定は、ドングリのストラップ30本でターニング開始。窓からの外景色は、牡丹雪が舞ってきてみるみる真っ白に。旋盤に向かっていると足元がヒヤヒヤ、ストーブを足元に向ける。途中でバンドソーの掛け替えと調整で時間を取られ、2時間でこれだけ。昼時には道路もやばそうで切り上げ、自宅に戻って紐付けとパッケージ。雪を心配しながらのターニング、雪国人には笑止だな。

続きを読む 0 コメント

2015年

1月

29日

グリーンの木皿は珍しいか

木皿の2回目の塗装やその他雑用で午前中。午後から菓子皿の在庫補充をする。倉庫に朴材の厚35×径200mm前後の円板があったので5枚程ターニング。朴は軟らかく、木目が気にならず作り易い。優しいグリーンの持ち味を活かし菓子皿のする。ターニング直後はペーパー掛けの木粉で白っぽいが、木固めエースを塗布するとグリーンが浮き出て一味変わる。グリーンの板材は朴だけらしい。こちらも在庫補充が必要だ。

0 コメント

2015年

1月

28日

フランス風を和風に

つい最近TVで肩凝りは日本人独特のもので、外国人には無いとの放映があった。街頭インタビューでも外人は、肩凝りは? 無いとの事。今日は肩が凝りそうなものを作った。先日試作した「フランス風ゴルフ・独楽=Golf Top」を10set。タモ・山桜・ナラ等の独楽台に銘木独楽を2個セトにして一式。ミソは独楽台の中心に径5mmの穴をあけて周辺を微妙に盛り上げてある。グリーンで上りのcupを狙うように、回る独楽を前後左右に動かしてホールにcup inさせる。なかなか入りそうで入らない。肩が凝りそう。面白いが罪だな。

フランス風を巾着にいれて和風に装い、目を惹くようにドレスアップ。

0 コメント

2015年

1月

27日

期待通りの角皿に

今日は楽しみにしていた夢工房ターニングディー、昨日準備した杉柾目材で角皿を10枚作ろうと予定して浦和へ。夢工房の木工旋盤はヴィックマークVL200Lで安定感抜群。my工房のはビーバーで、キャスター付き架台に乗せているのでやや安定感が不足。杉柾目の220mm角2枚、200角6枚、米松200角2枚でターニング開始。最初はtestに左下の角皿を作る、今日は調子良さそうな感じ。2枚目のターニングで失敗、焦って角をつぶしてしまった。さて困った、角を取っちゃえ! チャックから外して、バンドソーで径210の円板にcut、角皿から径200の丸い菓子皿に変身。気を取り直して本番の杉柾目角皿作りへ、調子が出てきてペースup。合間にに米松角皿を交えて、予定通りに合計10枚完成。6時間のターニングながら期待通りの角皿が出来た。少々甘いが自己採点で80点の出来映えかな。取りあえずイベント用に間に合わせよう。

0 コメント

2015年

1月

26日

気取りは慎重に

今日は暖かく、朝から外で杉柾目板の木取り開始。角皿を中心に作ろうと思い正方形作り、スライドソーで小口をスパッとcut、直角を出しに手押しカンナで微調整と端面を滑らかにする。柾目は見ていて気持よく、楽しい作業。

サイズ毎に切り分け、下の写真の様に22枚作る。

続きを読む 0 コメント

2015年

1月

25日

杉柾目、さてどう料理しようか

何かとお世話になっている大きな材木店に、「杉柾目材」の購入相談をしていた。この材木店は、注文住宅建築も行っており、家具や建具を作るのに杉柾目を使っているとの事。在庫があった切り落とし端材を特別価格で譲って頂いた。厚30~40×幅150~220×長さ250~360mmでバラバラながら立派なもの。この杉柾目材をどう料理しようか、角皿、長角皿、小判皿、菓子皿、菓子器etc作ろうか。各種イベントに参加して、杉柾目の木皿や器は人気商品の一つ。折角getした立派な材、材に負けない木工品を作らねば。当分杉三昧だな。

0 コメント

2015年

1月

24日

変わり種コマ作り

今日も朝から独楽台と独楽作りで4set作る。独楽は8樹種で35個位かな、あれこれ形を変えるが段々に似通ってくる。イメージとして釣鐘、五重塔、瓢箪等々だが気分の向くまま。30mm角材からのターニングで仕上がり径25~27mm前後が多い。自分の手が小さい為か、これ以上になると回りが悪い。子供達相手の独楽を想定でこの位かな。欧米のひねり独楽は径50~60mm、全高100mm以上も見られるが手が大きい為か、どうやって回すのだろう?。相対的にアジア系は小さ目でjapanに通ずる様子。たまにはこんな「変わり種独楽」作りも良いかな。

0 コメント

2015年

1月

23日

どんな形の独楽にしたら良いかな

今日は晴+北風+強風、内でのんびりお茶をすすりながらのターニング日。

独楽台付き6独楽セットを作る。6種類の銘木で6種類の独楽を作るが、回って形が素直で、目を惹くものにしたいが難しい。作っているうちに段々同じ形になってくる。あと3セット作るが、どんな形の独楽にしたら良いかな。上の大きな独楽は、オーストリア・マーダー社のWriting Top(鉛筆コマ)をモデルにしたが×。モデルはもっと平たい丸、こちらはメタボ丸。やり直しだな。

0 コメント

2015年

1月

22日

物好きなターニング

昨年の暮れに、工房前の家で玄関脇に自生していた棕櫚を伐採した。40年以上前に自然に生えてきた棕櫚が伸び放題になっていた。伐採してみると径110mmで全長は目見当で7~8m位か、伐採主が何かに使えないか? との事でチェンソーでぶった切って3本程残していた。思いついてターニング、棕櫚皮を剥くと軟らかい竹に似ている。径100mmの丸棒にしてcupを作り記念として提供。年輪が無いので面白い様にスルスル、樹液が飛びはねる。板目、柾目方向とも竹を削った様にザラザラ。生の為空研ぎペーパー効かず、棕櫚はしゅろ縄や束子、ほうき等に利用されているが「幹」はどうしているのだろう?。馴染の造園親方に聞くと、腐らないので杭や土止めに使っているとの事。物好きにも棕櫚をターニングするとは! でも貴重な体験になった。

2 コメント

2015年

1月

21日

ホールインワンにチャレンジ

現役時代には社用ゴルフで何十・何百ラウンドプレーしたか記憶に無いが、生涯平均アベレージは「除夜の鐘」前後だったと思う。止せばいいのにホールインワン保険にも入って、一端のゴルファー気取りの時代もあった。クラブを持ち替え「グラウンドゴルフ」に転じてからは、アンダースコァは当たり前。ホールインワンも時折あるが、さしたる感慨も湧かず。みぞれの降る今日は、フランス式「ゴルフ独楽」の試作。独楽回し台を手に乗せて、独楽を回して中心の穴に入れば「ホールインワン」。簡単に出来そうだが中々出来ない、グリーン相当の独楽回し台の中心部はゆるやかなupコース。回っている独楽を乗せた台を前後左右に振り動かしながら攻める。本式ゴルフのホールインワン確率は、アマで10.750ラウンドで一回との統計があるそうな。手のゴルフは5ラウンドに1回位か、慣れないと入る前に独楽がダウン。イライラ・肩凝りは自己責任、ゴルファーの暇つぶしに如何かな。

0 コメント

2015年

1月

20日

寒い日はコタツの上で

今日は夢工房のターニングディー、仲間4人でそれぞれ好みをターニング。卓上楊枝入れ、置き時計、ボールペン等、当人は写真の「独楽と独楽回し台セット」を2組作る。いつだったか木工雑誌かカタログで見て、機会があったら作ってみたいリストに入れていたもの。2月7(土)8(日)TOTO大宮ショールームのイベントに出店予定、出品物の新顔にしたいと思って作る。銘木独楽をウォールナット・カリン・ブナ・サクラ・ナラ・カエデの6種類で作る。独楽回し台は、サクラで径180とカシで径210mm、周囲に独楽置き兼独楽立ての穴をあける。独楽の形は定番では面白くないので、遊びを入れてユーモラスにしてみた。いずれも木地のままで素朴さを出すのに塗装無し。本来は独楽回し台も木地のままにしたいのだが、独楽の回転を良くする為にラッカー塗布の上にカルナバを摺り込み磨く。大寒入り、北風寒い日はコタツの上で独楽で遊ぼう!

0 コメント

2015年

1月

19日

珍しく咲いたぞ

もう10年以上経つと思うが、自宅工房の一角に「金の成る木」or「花月」とも言うらしいのがデンと居座っている。どうした事か珍しく花芽を付け始めた。この木(多年草)の花は見た記憶が無いので咲かないものと思っていた。

金には縁の無いリタィァ人生、今年は何か良い事があるのかな?とささやかな期待をしたいところ。調べてみると、花を咲かせるには梅雨明けから彼岸まで水を遣らず、軒下で日光を当てても雨が掛からない事。肥料をやらない事。彼岸過ぎに水遣りで1月に花が咲く。と出ている。夏場の水やりをサボってた為の結果オーライか。草花育てはあまりやらないので知らなかっただけ。

午前中は板材のカンナ掛け・角皿台板作りや来客応対、午後から出掛けて木工製作無し。代役登場。

0 コメント

2015年

1月

18日

これなら作り易い

お世話になっている工務店の社長から「額スタンド」の依頼があった。来店の女性が略図を持参して、これを作って欲しいとの事。その略図を基に指定サイズで作る。柾目の白木を希望、手持ちの米松で木目の揃ったので作る。高さ300×幅180×厚10mm、蝶番で折り畳みの要望。厚さ8mm位を要望されたが、蝶番のネジが飛び出すので10mmにする。略図があったので、これなら作り易い。夕方から近所の方から依頼された、庭の「ザクロ」の伐採。50年位の老木との事、柚子に似た黄色味を帯びた樹木。ザクロの伐採は初めての経験。でもトゲで痛かった。

0 コメント

2015年

1月

17日

今どき珍しい鍬の手助け

朝一番に友人が相談事でやって来た。手に昔懐かしのオンボロ鍬をぶら下げて。木部の差し込み部分が腐って抜けてきた、新しく交換品を作りたいとの事。倉庫を探して赤樫の手頃なのを引っ張り出し、現物合わせで5mm余裕をみてなぞる。幅120×長さ300×厚さ60mmにcut。赤樫の堅い事、曲線があるので6mmバンドソーで切り抜くが、焦げ、煙も出て写真の通り。友人が鉈とノミで削り荒削り、柄の差し込み口を径25mmドリルで穴あけ、ノミで整形。柄の差し込み口は、見える手前は幅25mm、出口28mmで幾分テーパーになっいる。この鍬を作った鍛冶屋はもう居なく、修理も出来ず困っていた。写真撮り忘れたが、今どき珍しい鍬の手助けだった。もっと軽いのがあるのにな。

0 コメント

2015年

1月

16日

杉鍋敷き作り

午前中に杉鍋敷き約30枚を作る。径170×厚17×穴径50mm、穴をスピンドルサンダーで磨きチークオイル塗布仕上げ。写真はオイル塗布前、2月上旬のイベント用に在庫補充。冬の間にあと30枚程追加必要の様子。

0 コメント

2015年

1月

15日

お遊び偏芯ターニング

歯医者から戻ると本格的な冷雨、時間も中途半端になっていたので、今日はお遊びターニングディーとする。正月の時間つぶしにWood Turning You Tubeを見ていた。その中にoff center、eccentic(偏芯)turningがあり気になっていた。良い機会なので試しにやってみる。右端はタモ集成材で1偏芯の試作、左端は朴材で4偏芯、真ん中はブナ材で3偏芯。1.と4偏芯は平面偏芯だが、3偏芯は裏にsetしたフェースプレート最外周のネジ留め下に7mm厚のナットを噛ませて持ち上げる。ターニングすると、偏芯で外周部が深く、中心部が浅くなる。材は径140と155mmだが、センターポイントより20mmずらしてフェースプレートを留める。旋盤はビーバーで架台にキャスター付きの為偏芯回転ではガタツキひどく、極低回転(勘で500/rpm)位か。面白いが面倒だ。

続きを読む 0 コメント

2015年

1月

14日

3回目の塗布

午前中に杉小判皿に3回目の塗布をする。毎回塗布乾燥後に#400空研ぎペーパーで磨いて白粉を吹き再塗布。杉は2回目まで吸い込みが強く、かなりの量だったが今回は程々。次回は全艶消しで塗布仕上げの予定。柾目で質の良い杉材を探しているが、手の届く範囲で探すのは難しい。昨日作ったカバ長角皿も一緒に1回目の塗布、こちらの吸い込みは左程なく木質の違いがでる。

0 コメント

2015年

1月

13日

そうは問屋が卸さない?

今日は夢工房ターニングディー、昨日用意したカバ長角皿/幅80×長さ160×厚30mm台板を持参して、長角皿作りの初挑戦。四角皿はそれなりに経験があるが、こちらは全くの未経験。円・四角・長方形でもターニングに変わりは無い、何とかなるだろうと始めるが、そうは問屋が卸さない。ベテランターナーは簡単に出来るだろうが、中途半端なターナーには荷が重かった。

角をつぶさず均一な肉厚に、刃物挽き跡を残さがツルツルに、凹みカーブの滑らかさ、高台と裏面のカーブと仕上がり加減、ほぼ同じ形状で複数作る事etc

どれをとっても相当な腕が必要。左一番下が最初のテストピース、角がつぶれて高台が不細工。左上の穴開きは削り過ぎ、10枚揃えて見ると全部ダメ。

残念ながら、これは自宅用とする。あと20枚位挽いて自信をつけたいな。

2 コメント

2015年

1月

12日

下拵えの一日

2月上旬に二日間のイベント出店を予定、本格的な準備に入る。午前中は、杉材の鍋敷き用ドーナツ30枚。幅180×厚さ24mmの杉荒材を自動カンナで厚17mmにして、径170mmの円板型板で下描き、6mmバンドソーで切り抜く。午後からブナ粗材の幅165×厚35mmのを自動カンナ掛け、手押しカンナで幅160mmにする。スライド丸鋸で160mmにcut、径50mmのチャック掴みを掘り6枚作る。カバ粗材幅85×厚30を自動カンナ、手押しカンナ、スライド丸鋸、ボール盤等で長角皿80×160×27mm台板を10枚作る。天気晴朗は大歓迎だが、北西の寒風がこたえる。午後からは水っぱなをすすりながらの作業。日が長くなってきたので、ついつい夕方まで下拵えの一日だった。

0 コメント

2015年

1月

11日

下拵えは念入りに、でも肩が凝る

今朝の工房は3℃でブルブル、陽が射すと真冬ながら暖かく。でもこの乾燥いつまで続くのだろう、そろそろお湿りが欲しいところ。

午後からボールペン50本分の部材下拵え。材を揃え、真鍮パイプを#80で空研ぎ。100ピースづつ、計200個を1個づつていねいにcutと荒削り。何事もそうだが、良い仕上がりはていねいな下拵え次第。でも集中していた為か肩が凝る。穴あけ、接着、面取り、ターニングetcまだまだ続く。楽しみだか。

0 コメント

2015年

1月

10日

もちつき大会とコマ回し

今日は恒例の「第9回三世代交流もちつき大会」と子供達の独楽回し、輪投げ等で賑わう。自治会の夏祭りともちつき大会は、二大イベントでこんなに居たのかと思うほどの大勢の参加者。30kgのもち米を蒸かしてペタンコ・ペタンコ。合間に子供達も参加してもちつき、小さな杵は仲間と一緒につねさん工房で作った物。搗き立ての餅をあんこ・黄な粉・からみで美味い!皆さん大満足。ちびっ子達は、別コーナーで投げコマ・引きコマ・ひねりコマでワイワイ、キャッキャッの喚声。投げコマ回しは、いつもの事ながら先ず爺さん連、次に親父連、最後に子供達。いまの子供達は、投げコマの回し方をほとんど知らないのが残念。ゲームに夢中になるのも良いが、もっと家庭や学校で昔からの素朴な遊びを体験させると嬉しいのだがな。

続きを読む 0 コメント

2015年

1月

09日

やっと一段落

週初めから始めたキッチンペーパーホルダー作り、休みを挟みながら12個組み立て完了して一段落。チークオイル塗布予定だったが、何を勘違いしたか奥に積んである杉小判皿18枚を先に塗布してしまった。気が付いたら、いつもの「木固めエース」の塗布。前々からやらねばと気になっていたので、無意識のうちに手が動いていた様子。我ながら呆れる。チークオイルでなくてホッとする。常連さんが二人来訪中で、お茶を飲みながら雑談しながら立ち動いていたので自然の動きか。明日は町内会(住宅地自治会)の三世代交流もちつき大会、終わってからのチークオイル塗布作業予定。頭と手がバラバラでは困るな。

0 コメント

2015年

1月

08日

PP.stand部材作り

今日はキッチンペーパースタンドの部材作り。タモ板にカンナ掛けして厚さ22mmにする。ひょうたん型のベースに径25mmの穴あけ、型板で下描きしたcatキャラクターを糸鋸と3mmバンドソーで切り抜く。6R丸面ビットで角丸め。台板に焼印を押してほぼ完成。後は#240ペーパーで耳とシッポ先端の角をなめる。明日組み立てとチークオイル塗布で完成予定。慣れたとはいえ、catを丸面ビットでの丸めは慎重に、緊張する。タモ板材の在庫が無くなった。

0 コメント

2015年

1月

07日

七福神よりこちらの方が・・・

七草を迎えてもう正月も終わりか、今日はハイキングサークルのメンバー22名と連れ立って、埼玉県川越市の川越七福神巡り。北風は冷たかったが、抜けるような青空で富士山も遠くに見える絶好の日和。第一番毘沙門天から第七番弁財天まで、蔵の街を見たり菓子屋横丁で芋菓子を買ったりでのんびり歩く。

毎年あちこちの七福神巡りをしているが、今年は甘酒の振る舞いがなくチト残念だった。だが、川越と言えばさつま芋の街。街中のあちこちに芋菓子や芋料理の看板が目につく。極め付きは、第一番毘沙門天の隣にあった「川越さつまいも地蔵尊」。全国あちこにあるそうだが、初めてお目にかかかるお地蔵様。

参拝すると、プ~ンと甘い匂いが漂ってくる。何と石焼き芋の屋台がある。川越に来たら焼き芋、とばかりに早速パクつく。美味い事、甘くてホカホカ。

北風に吹かれながら熱々の焼き芋、七福神よりこちらの方が・・・

焼き芋は、皮ごと食べると胸焼けしないよ!と教わって皮ごと丸かじり。

肝心の七福神より、こちらの方が記憶に残り話題にもなる楽しい日だった。

 

続きを読む 0 コメント

2015年

1月

06日

素肌はスリムbodyに

今年のターニング初めは、夢工房でキッチンペーパースタンドのポール作り。

右3本は天然カラマツ、左5本はケヤキで、根本部分はベースの台板の厚みに合わせて切り落とす。ポールは、ペーパーが立っていればOKの棒だが、ストレート丸棒では味気ない。ペーパーを被せてしまえば頭しか見えないが、店頭展示でお客様に手に取って見て貰うには外観も大事。頭はそれぞれで、首下の膨らみから胴にかけて絞り込む。このスタイルにしてから人気商品の一つになった。市販のペーパースタンドは、殆どストレート丸棒で円盤に直立型。

つねさん工房は、ヒョウタン型台板の大きい円にポールを立てて、小さい円の方にcatキャラクターを付ける。今日は年始挨拶回りもあり、4時間のターニング。明日、台板とキャラクター作り、組み立て。チークオイル仕上げ予定。

年末年始の夜は、相当時間you tubeでターニング鑑賞。作りたいもの一杯。

0 コメント

2015年

1月

05日

初詣のあとにSOS(JAF)

正月も終わり、世間は今日から一斉に動き出した。仕事始めにふさわしい青空と幾分の暖かさ、午前中に古巣(会社)の後輩たちが10人程連れ立って新年挨拶に来訪。お得意先訪問のついでながら、元気一杯の若手後輩の顔を見るのは嬉しいもの。お年玉代わりに「銘木どんぐりストラップ」を進呈しこれも喜ばれる。午後から近くの「慈恩寺」に初詣に行く、40年近く続けている慈恩寺で「華林山最上院」とも称されている。天長元年(824年)に慈覚大師によって開山、徳川家康から寺領100石を拝領していたこともあり、坂東三十三ケ所観音霊場の十二札所で由緒ある古刹。五日ともなると参拝客も無くがらんとしてこの通り。家内安全、健康、無事故を祈願しての帰路JAFにSOSとは!10年近く酷使したmy carは、エンジン掛からずウンともスンともいわず。即JAFにSOS、待つ事20分程で助けの神到着、駄目ですね、バッテリー上がりですね。どうします、交換しますか?二つ返事で「お願いします。新品と交換に15分程で元気回復、良かった~。初詣の直後にSOS、お賽銭足りなかったかな。

続きを読む 0 コメント

2015年

1月

04日

この焚き木で美味い餅が出来るぞ!

世間の正月休みは今日で終わり、明日からはまた気忙しい毎日が始まる。

つねさん工房もその予定だったが、暇なので工房へ。約400世帯の町内会(自治会)では、毎年1月第2土曜日あたりに「三世代交流もちつき大会」が開催される。お偉い衆参議員さん、市長やかばん持ち議員等も来訪し、お決まりの年頭ご挨拶もある。搗き立ての餅が振舞われろ為に、夏祭りより大勢の住民が参加(餅食べに)する。先日実行役員が工房に来訪「焚き木の提供」要請があり、端材・残材で焚き木を作る。会場の公園では、もち米蒸かしの焚き木の他に、ご老体皆さんの暖房用にかなりの焚き木が必要になる。石油缶で速成ストーブを4~5ケ所に配置。焚火を囲んでワイワイガヤガヤの世間話が楽しくての参加者が多い。堅木・軟木ごちゃまぜで10束位出来て、お蔭様で工房周りがすっきり。つねさんは、独楽回し大会の世話役ながら、合間にご馳走になる搗き立て餅が美味く楽しみ。この焚き木で美味い餅が出来るぞ!

0 コメント

2015年

1月

03日

もう10年目にもなるのか

昨日は家族全員集合の新年会、賑やかに盛り上がり新年のスタート。一転今日は老夫婦二人に戻り静かな正月に。忙しさに紛れてやっていなかった一日の行動記録一年分の表を月別に12枚作る。2005年9月末(平成17年)に43年間の勤務を卒業、その後1ケ月間は、お決まりの虚脱感で落ち着かず。一念発起して11月から一日の行動記録を記録、時間の有効活用を図るべく実行開始。A-3版の左縦に月日、上段にAm6:00から24時まで一時間単位の刻み。一日のやった事を書き込む。2005年(H17)11月より開始以来2014年10月で丸9年経過、今年10月で10年間の節目になる。写真左は開始の2005年11月の記録、右は今年2015年10月の表。ここまで続けば10年間の記録完成、am6:00起床→Pm23:00就寝の基本パターンは続き、暖かい4月から10月は起床am5:00前後に早まる位であまり変化なし。継続は力なり→継続は習慣なり、一日の終わりに線引きと行動記録をつけている。一日を振り返るのもボケ防止に役立つ。さぁ10年目の継続を目指して行動しよう。

2 コメント

2015年

1月

02日

つねさん工房流「書き初め」

1月2日は書初めの日、生来の悪筆にとっては鬼門の日。それでも新しい年の初めに当たり、今年のテーマを考えていた。幼少期・青少年期・中年期・熟年期までは足し算人生で、希望も夢もあり全てに加算されていく人生。後期高齢期を過ぎるとあと何ケ月、何年の残っているかの引き算人生。残された月日、年月を有効に使って悔いの無い人生にするには日々を大切に。

本来ならTime is Moneyだろうが、「Time is Value」とした。時間は貴重な財産で有効or無効にするのは心掛け次第。体力・気力・知力・財力が衰えていく下り坂人生「最高!」とは言い難い。気持ちの持ちようで目減りを引き延ばす努力が必要、この書初め看板を工房の目につく箇所に張り付け、日々を大事にしたい。杉の薄板・厚さ10×幅200×長さ900mmにトリマー6mmストレートビットで彫り込み色付け、カンナ掛け。こんな書初め初めてだ

0 コメント

2015年

1月

02日

つねさん工房流「書初め」

つねさん工房流「書初め」

続きを読む 0 コメント

2015年

1月

01日

元日の工房寒々と


0 コメント

2015年

1月

01日

平成27年おめでとうございます

平成27年明けましておめでとうございます。訪問頂く皆様には、お健やかに明るい新年をお迎えの事とお慶び申し上げます。

旧年中は、直接間接にご協力ご声援を頂き厚く御礼申し上げます。開けて本年も変わらぬご指導ご支援の程宜しくお願い申し上げます。

当地、埼玉県春日部市は11時頃まで初日から青空でしたが、次第に曇り冷たい北風に雪が舞いそうな天気に。12/29.30.31の三日間を自宅と自宅工房の掃除で木工お休み、元日の今日は雑煮を食べながら実業団駅伝を観る。11時にじっとして居れず写真を撮りに工房へ、ついでに書初めならぬ「トリマーの彫り初め」。屋外工房は6℃×35%で北風が冷たくこごえる。今年のテーマを彫って色付け。明日カンナ掛けで仕上げる予定。出入り口には12/28~1/4までお休みの貼り紙だが、3時間程開けてしまった。今年は変わった物を作りたいな。


0 コメント