2015年

11月

30日

申さん 嫁いでいっちゃった

今日は干支作りに専念して16組完成、本体+台板+「華コマ」の3点set。これに写真を添付してポリ袋にパッケージ。このお申(猿)さん、♂だか♀だか不明だが取りあえず♀として全部嫁いで行ってしまつた。まだ仕掛中が50個位あるので妹or弟が続々生まれる予定。台板と「華コマ」を同じ数だけ作らねばならず、材の手配と作りの時間を捻りださねば。夕方お渡ししたご近所さん「嬉しい!」作った甲斐があったと一安心。

続きを読む 2 コメント

2015年

11月

29日

? こんな晩秋に咲くとは

あと二日で12月、冬本番入り。この最晩秋に「さつき」がピンク色大輪の花を咲かせている。my工房入口から約10m離れた正面前の大きな木斛の下に雨宿りみたいに佇む。この春に移植した「さつき」、春には咲かず何故今頃に?

色花の少ないこの季節に思わぬ目の保養をさせてもらう。今朝の朝日新聞「天声人語」に、遺伝子組み換えで通常より2倍ほど速く成長するサケが米国で開発され、2年後にピンク色の切り身が店頭にならぶそうな。この伝で冬に咲きほこる花が開発されれば、ギスギスした世の中に潤いをもたらすと思う。その道の専門家頑張って!今日は相変わらずの木工で、木から樹へ目を移す。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

28日

晩秋のトリマー日和で

am6:15、車のフロントガラスは初霜。工房内は9.9℃で早速ストーブ着火、熱々のお茶をすすりながら中でペンダントの捨て作り60個。材木店でケヤキ薄板仕入れして工房へam10:30、暖かくなり無風、晩秋のトリマー日和。

昨日型紙貼付けの干支・申のラインを60℃ビットでトリマー彫り。タモ材だが延べ150個位彫ると切れ味落ち、ラインに細かなささくれが出始める。交換時期だが、代わりの在庫はあったかな。このラインに沿って糸鋸切抜きやバンドソーで挽いたり。板材のカンナ掛けから仕上げまで12工程あり、今日はまだ3工程目。樹齢百数十年と言われる甘柿、成り過ぎて重くしなだれるも食べる人無くボトボト落ち始める。勿体ないが些か食傷気味。雪国なら落ちたのは美味いんだがな。


続きを読む 0 コメント

2015年

11月

27日

干支・申・これに決める

朝、工房のカーテンを開けて歯医者へ。天気良く、戻ると工房内は12℃で暖かく気分ok。昨日作った干支の申・2種類を見比べ、デザイン・新鮮さ・作り易さ・コスト等からこれに決める。本体+台板+華コマの3点setで手間暇は掛かるが、贈呈先の笑顔を思い浮かべると苦にならないもの。タモ板材作り、型紙プリント、45個分の型紙貼り。明日からトリマー・糸鋸・バンドソーのフル回転、終わると台板と「華コマ」作りが待っている。その他にもやること一杯、時間と体は無理効かず。困った、ボツボツいこう。

2 コメント

2015年

11月

26日

干支が近くなってきたので

昨夜来の雨が続く、今日は糸鋸とバンドソーで干支の申作り。車の外気温6℃・工房内9.6℃、腰かけて糸鋸挽きするも冷え冷えで石油ストーブを引っ張り出す。チュンチュン暖かい音が出てお茶一服、美味い。冷たいボトル水だったのが熱々のお茶になり、11時と3時の楽しみが増えた。タモ材で試作していた干支の申を本格的に作り始める。昨日作った自称「華コマ」を縁起物に華を添えて台板にセットする。今回からちょっと贅沢にタモ材にする。新聞に赤一色でお正月のカニ広告が目立つ、そろそろ干支がちかくなったので当分続く。

0 コメント

2015年

11月

25日

こんな人生を続けたいもの

札幌の大雪を見れば贅沢は言えないが、当地は真冬並みの一日。いろいろあって今日は木工お休み、慣れない台所の水仕事に閉口。女房の大変さが良く分かり感謝と「大事にせねば」の感一段と。大分前、秋の彼岸に東京・田町のお寺に墓参。控室に掛かっていた額縁、まぁるい石に和やかな百面相があった。思わずニャッとしてしまう写真、見ているだけでこころ落ち着き、さすがにお寺さんの目利き。こんな和やかな人生を続けたいものだ。

0 コメント

2015年

11月

23日

今日も元気で木工に感謝day

冷たい霧雨で何とも陰鬱な「勤労感謝の日」、TVでは埼玉・秩父だったか静岡・熱海だつたか紅葉真っ盛りの報道。晩秋の秋晴れだつたら、疲れを癒す感謝の日だったろうに。「勤労感謝の日」、誰が誰に感謝する日なんだろう?労働者が経営者に感謝+御礼の日か、一生懸命家族の為に働くお父さん・お母さんに感謝する日か?屁理屈は止めて「一億総感謝の日」としよう。今日は作り溜めたペンダントの「説明写真」を入れてのパッケージと、追加製作する35個分の積層圧着。ボンドの減るのが早い事、足らなくなりHCへひとっ走り等忙しい日。お蔭様で程々の健康と物作り意欲、今日も一日木工を楽しめた事の感謝day。我がニッポンは素晴らしい「休養日」を作ってくれた。が、本人はお国のご厚意に反して「勤労日」。いい歳をして、もっと素直にならねばな。


0 コメント

2015年

11月

22日

忘年会の手土産に

11月も下旬に入り、そろそろ年末年始用の準備時期になった。今日は忘年会の手土産用のペンダントを20個作る。例年何かを持参しているが、ネタ切れで何にしようか迷っていた。集まる仲間は後期高齢者前後で老夫婦のみの生活が多い様子。亭主は飲み会でご機嫌だが、古女房は留守番。たまには奥方のご機嫌とりの手土産が良いかと思案して「積層ペンダント」にする。

このところペンダント・シリーズが続いているので、その流れで作ってしまった。今回は「ブビンガ+ケヤキ+ミズキ+ウォールナットの4層」コントラストが効いて、落ち着きの中に軽やかさがあり、良い出来と自画自賛。奥方の反応は? ダメなら娘か嫁さんにでも良いだろう。写真は蜜蝋仕上げで乾燥中。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

21日

塗装日和で

やっと天候回復で青空暖かく、仕掛中のウレタン吹付け塗装日和。工務店の社長が板材を持ち込んで、お盆とお皿の制作依頼。日頃何かと端材を頂戴している工務店、御礼の気持ちで大小様々のターニング。赤味は金襴杉で白味はトチの素直な材。厚27mmで幾分薄めの材で浅いお盆とお皿になる。下塗り・中塗り・上塗りを2回づつ吹付け塗装、全艶消し仕上げで落ち着いた出来、OK。

0 コメント

2015年

11月

20日

柄にもなく「美術」鑑賞

今日は延び延びになっていた眼底検査、曇天で瞳孔が定まらずチカチカ目には好都合。この為木工お休みdayにして40日目の散髪へ。ついでに「第10回春日部市美術展覧会」をのぞく、お馴染みの造園業85才の親方が長年製作している「竹彫刻」を出品されているので鑑賞。「たから」のテーマで房総の孟宗竹に3人目の曾孫が入っている大きなお腹の彫刻。曾孫娘二人がママさんのお腹をさすり、三人目の(弟)に語りかけている構図。微笑ましく大勢の人が立ち止り鑑賞、係員の審査委員によると珍しさもあり一番人気との事。302点展示で竹彫刻はこの1点のみ、絵画+書道+写真で250点、陶芸も多く彫刻は11点、興味のあった木工作品は0で残念。審査委員との会話で木工をやっていると話すと、「次回は是非出店下さい」との事。ナチュラルエッジでも出展すれば、珍しがられるかも。柄にもなく美術鑑賞だったが、一瞬「俺にも出来るのかな」の自惚れこころ。止めとこ、美術には無縁の己を知れ! と。

2 コメント

2015年

11月

19日

226面のボンド塗り

今日は昨日スライスした銘木薄板に水木を追加してボンド圧着作業。5種類の銘木70mm角×4mm厚をSPF材2×4の捨て板に順不同で4枚重ねて圧着する。34個の捨て板に延べ226面にボンドをたっぷり塗布して圧着。写真はボンド塗布して捨て板に4枚重ねと、プレス機に2段重ね12個同時圧着。続きは木製クランプで挟んで圧着しているところ。明日は眼底検査につき木工お休み。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

18日

下拵えの3時間

午前中は仏像彫師の依頼で3体分の台座と言うのか、大中小3枚組の円板を3set作り。桧板を11.13.20mm厚で径75、78.108mm、自動カンナが直って大助かり。午後からペンダント用の薄板作り、厚4×70mm角に統一。上2段の茶系がブビンガ約100枚、3段目黄色がケヤキ約40枚。下右2列の紫系が紫タガヤサン約20枚、その他がウォールナット約130枚。次回は4枚積層ペンダントの予定で月末まで50個作り。計算上は200枚必要、下拵えの3時間。結構疲れる。

0 コメント

2015年

11月

17日

単板もいけそう

夢工房ターニングday、今日は単板と積層板のペンダント台板を持参してターニング。今回は「朴の一枚板」、「赤いパドック+杉柾目+朴」と「杉柾目一枚板」のペンダントにする。続きの写真の様にSPF材2×4の捨て板に接着する。一緒にターニングしている仲間が彫刻の先生で、ペンダントに彫刻をしたいとの事で朴の一枚板でつくる。朴の濃いグリーンが存在感があり、短板でもいけそう。上段左から2番目の杉柾目単板は、軽すぎて美味しくない。3種類の組み合わせは、蜜蝋を塗布してからでないと判断出来ず。5時間で20枚のターニング、仕上がり具合で単版or2枚積層ペンダントにしてみたい。


続きを読む 0 コメント

2015年

11月

16日

直った、助かった、早まった。

今日は小春日和とでも言うのか、上着を脱いで木工いろいろ。先日お陀仏になったDELTA自動カンナが生き返った。肝心の刃をセットするシャフトのキー溝が擦り減ってツルツル、メカに詳しい仲間にチェックしてもらうも「ダメです」。無ければ困るし、国産のマキタ自動カンナを購入、入荷済み。でも念の為顔見知りの鉄工製作所に見て貰う。直りますよ、シャフトに新しくキー溝を彫れば大丈夫ですよと鉄工歴50数年の老社長。11/14(土)バラしてシャフトを持ち帰り、今日加工済のシャフトを持参、ついでにベァリングも交換済み。1時間程で組み立て直し、グリスupして再生完了。試運転で静かな事にビックリ、SPF材1×10をカンナ掛けTEST、新品同様の感触で言う事なし。それにしても沢山の部品とボルト、ネジ類をいとも簡単に組み立て直す専門家に脱帽。直った! 助かった! 早まった! (新品購入は早まった)さて、どうしよう。

続きを読む 4 コメント

2015年

11月

15日

さぁ、本腰を入れて作ろう

今日は午後から出掛けるので正味2時間の木工。11/末予定していたイベントへの出店が手違いで中止、急ぎの作りが無くなったので、干支の申を本腰入れて作り始める。親戚・知人等へのお配りに30~40個必要で11/末までに作る予定。タモ板材に型紙を貼付、60°ビットで4mm彫る。谷間を糸鋸とバンドソーで挽き、ベルトサンダーで紙を削り取る。ビットの切れ味が落ちるのに閉口。

0 コメント

2015年

11月

14日

勿体ないけど

朝から細かな雨、肌寒くなったが落ち着いて木工作業。今日は日本橋ショールーム向けのX'mas・トナカイを15set/30個作る。SPF材2×4を150mmにcut・型板で下描き・3mmバンドソーで切抜き・バリ取り、お化粧・パッケージまで。作るのは良いのだが、材の2/3は抜け殻になって写真の通り。30個作ると一杯半近くの廃棄材が出る。いくらSPF材でも勿体ない、使い途が無いかな。続きは仕上げまで。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

13日

雑用の一日

パッとしない天気で気分乗らず。午前中は清瀬市のショールーム向けにcat・dogの写真立てと3Dトナカイ合計30個のパッケージや値付け、荷造り、発送等。午後の予定はトナカイの在庫補充作りだつたが、土・日の雨予報で屋外作業に変更。12/6(日)JWAの例会で干支(申)作り予定、その台板80枚を作る。

SPF材1×4(厚19×幅89mm)を長さ135mmにcut、上下両端を手押しカンナ掛け。 上に乗っている干支(申)は、自宅用にタモ材で作り、台板にチャタリングの独楽を乗せて幾分の華やかさを出したつもり。今後の作業は型紙貼付け、糸鋸用の穴あけ等、JAW役員のボランティァ仕事にお任せ。頑張って!

2 コメント

2015年

11月

12日

初めての竹加工

今日はパワフルおばちゃんのDIYディー、「竹踏み」と「チリ取り」を作る。

先週のDIYディーで「竹踏み」を作ったが、大変気に入り親戚友人にプレゼントしたいとの事。竹彫刻用の竹材を分けて貰い、半割・節みがき・バリ取り・磨きetc初めての竹加工。長さ400と600mmの要望、続きの写真は空研ぎペーパでの磨き。仕掛中のチリ取りを仕上げ、ケヤキとセンの立派なもの。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

11日

顔の表情が難しい

今日は午後から小学校の安全見守り隊ボランティァ、仕掛中の写真スタンド16枚の仕上げにフル回転。L版用の裏板ミゾをトリマーに6mmストレートビットをsetして、フリーハンドで掘る。慣れたとは言え若干曲線になるが、クレーム無しで手作り感満点(負け惜しみ)。お客様が一番気にするのは、顔の表情で特に目の描き方次第。なるべく軽やかに、明るく、ホッとする雰囲気に気を配っているが難しい。今回は上手く出来た様にも思えるが神様次第。どうかなぁ。


続きを読む 2 コメント

2015年

11月

10日

こんなに筋っぽかったかな

良く降るなぁ、雨の夢工房ターニングday。先日、工務店の社長が金襴杉とトチ板材を持参、これでお盆を作って欲しいとの事だった。金襴杉の方は先週作ったので、今日は厚27mmの少々薄いトチ材で径300mmのお盆を2枚、200と140mmの菓子皿2枚、金襴杉の小口径お皿を2枚作る。最近のターニングは、サクラ・ケヤキ・杉・桧・朴等が多くトチは久し振り。感じたのは「トチってこんなに筋っぽかったかな」、乾燥充分で軟らかめのトチ、バイトは研いで切れ味OKのつもりだが、ターニングが引っ掛かりスイスイいかず。スピンドル・ボールガウジをとっかえながら1枚に1本ペース。幸い空研ぎペーパーが効いてツルツルピカピカ、反対に金襴杉は脂の塊でひと舐め毎に目詰まりで取り換え。仕上げをどうするか、明日工房で決めよう。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

08日

無情の雨でもついいた

折角のイベントが朝から本降り、

主催本部、出店各位準備万端で臨むも客足鈍い。昨年は11/16で寒かったが晴れで大勢の来訪者。勘で昨年の半分くらいの感じ、特に期待していた子供が少なかった。主催者の特別の計らいで、製材所の中を空けて一番良い場所を割り当てて頂く。お客様は一番入り易く、傘をささないでゆっくり見られると喜んで頂く。子供に代わって中年以上の女性に積層ペンダントが人気、写真の左端。9種類の色つき銘木の薄板、積層接着現物、ターニング途中等々を展示説明。作る過程の解説が当たり、納得してお買い上げ。20個近く減っていたので大当たりかな。お蔭様で来訪者は半減?お足の頂きが5割up、無情の雨でもついていた。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

07日

不覚、痛い出費

何だか雲行きが怪しくなってきた。神様・仏様、明日一日雨が降らないように!と祈りたい心境。明日の新座市・東京新宿材木市場・埼玉センターのイベントに参加出品準備の一日。木工は干支・ペンダント等を10個程作ったのみ。代わって自動カンナのお陀仏をup、11/4カンナ掛けの途中でプッツン、エンスト。モーターは回るが、肝心の刃が空回り。メカに弱いが、止む無く分解・原因探し。あった、何と一番肝心なシャフトのキー溝とキーが摩耗して空回り。続きの写真=ツルツルに摩耗して部品を全部交換以外再生不能。不覚!思わぬ大きな出費にこころと懐痛い。

続きを読む 6 コメント

2015年

11月

06日

まだ早いがイベント用に

今日は一日暖かい晩秋の好日、日曜日のイベントに持ち越したい絶好のイベント日和なんだがな。

X'masにはまだ早いが、イベント用に3Dトナカイ作り。ペァーで12set完成、昨年のイベントは11/16で一番の人気だつたので今年も!

3mmバンドソーが快調でスイス、

SPF材2×4の選定が良かった事もあり予定より大分早めに完成。工程は次の写真、切抜きとバリ取り磨きが同じ位の時間が掛かる。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

05日

おしゃべり木工day

今日はDIY好きおばちゃんとの「おしゃべり木工day」午前中2時間、午後からの2時間、合計4時間で一週間分位のおしゃべり量。何でも知りたい、どうやるの?何故?知識吸収欲旺盛でタジダジ。学校の先生なら「しゃべってなんぼ」の世界だろうが、木工は手を動かして具体的に作り上げての世界。持ち時間の1/3はおしゃべり研修の様相。疲れる。

でも意欲と熱意と事前の準備は大したもの、応えて出来るだけの事はしてあげたい。午前中に「竹踏み」作り、孟宗竹を半割にして削り、磨き仕上げ。

午後から「塵取り」2個分の部材作り、底板はケヤキ10mm厚、側板・裏板・押え板はセン10mm厚、取っ手は径23mmの丸棒。来週組み立て予定。

続きを読む 2 コメント

2015年

11月

04日

忘れていて大慌てで

11/8(日)に材木市場のイベントに参加するが、X'mas用のトナカイを作るのを忘れてた。昨年より一週間早まったこのイベント、間に合わせる様に大慌てで準備開始。今日はついてない日、イベント用のカンナ掛け途中で自動カンナが突然stop。分解、原因、再生etcに時間をとられ半日徒労に終わる。午後遅くなってからSPF材2×4を150mmにcut、トナカイの下書きを始める。続きの写真。

続きを読む 2 コメント

2015年

11月

03日

ボンドにも賞味期限?

昨日夕方に積層接着したペンダント材をターニング。パドック・チーク・ウォールナットの3色、写真の色合いは冴えないが、蜜蝋を塗布+バフで生き返る。下段の穴無し2個は穴あけ段階で捨て板から接着剥離。何とかしなくては。続きの写真・捨て板につけたままでこの後バンドソーで切り離す。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

02日

三枚重ねはどうかな

雨でam7:00までゆっくり朝寝、今日はラミネート(積層)ペンダントの部材作り。予定では7mm厚にスライスした銘木を自動カンナで5mm厚に落とし、3枚積層して作る予定だった。幅70×長さ260mm×7mm厚の板を自動カンナにsetするもダメ。カンナの刃が下りず、5mmまで掛けた記憶があるが動かず。止む無くそのまま接着する。続きは圧着機とクランプで絞めているところ。

続きを読む 2 コメント

2015年

11月

01日

さて、大きさはどの位かな

今週のDIYおばちゃんの要望は、デスクの下に置く「フットレスト」=足置き台。イメージorスケッチ等何もなく全てお任せ、任せられても困るが、自分ならこんな風にと思い付きで試作する。SPF材1×10と1×4で幅400×奥行300×最高高さ180mm。母親は丑年、息子が申年との事で側板に牛と猿のイラストをトリマー60°ビットで彫り込む。

続きの写真に部材一式をup。さて、どの位の大きさかな? 椅子の高さ、体格に合わせてピッタリのサイズを作りたいが、本人が来てからにしよう。

続きを読む 0 コメント