2015年

12月

31日

木工納めは中途半端だった

今年もあと6時間ちょっとで終わりか、よく動いた一年だった。暮れにきて町内会(自治会)の電器屋さんからデッカイ薄型ポストの依頼があり、午後から実寸大の試作品を作る。全高1.150×幅400×奥行100mmの指定、まるで田舎の消防ホース格納箱並み。箱物はあまりやらないので、本番前の確認作業。ラバーかラジアタパインの集成材で作る予定だが、材料代が結構掛かる。net検索で1万円も出せば、本格的なポストが沢山あるのでそちらを勧めたいのが本音。頼まれてやらない訳にはいかず、取り敢えず試作品で考えて貰う。この後別板に店名とTELを彫り込んで全面に貼付け予定。今年最後の木工納めは中途半端で心残りだが、続きは元日の初木工かな。

2 コメント

2015年

12月

30日

新年の木輪リース作り

昨日我が家の掃除が終わり、最後に玄関先に注連飾りを下げて(?)何か足らない。そうだ、我が家特製「新年の干支木輪リース」が無い。毎年干支をモチーフにした新年リースを一緒に飾っているが、作り忘れていた。我が家ではX'masリースは飾った事が無いが、せめて新年用リースだけは飾りたい。リース(Weath)はローマ時代から花や葉で輪を作り祭事に用いられたそうだが、注連飾りもjapan風リースなのだろうな。タモ薄板の円板にH28・さる年と猿をいれて糸鋸で切抜き、バーニングペンで縁取り。ついでに常連さん宅のも作りお届け。こんなリースは世界に一つ、もっとあっても良いのだがなぁ。

0 コメント

2015年

12月

29日

格別に暖かいぞ~

今年もあと二日、年末の片付けや掃除の合間に焚き木作り。40年前はフレッシュタウン、今はロートルタウンとなった我が住宅地。400世帯だが、老夫婦世帯が大半で日頃は静まり返っている。活性化の一環として、例年1月上旬に「三世代交流餅つき大会」を開催して、一時ながら賑わっている。今日は餅米せいろ蒸しや暖房用として焚き木作りをする。製材ででた端材を扱い易いように切り揃え、土のう袋に詰める。ケヤキ、サクラ、トチ、カヤ、ヒノキetcで17~18袋にまとめる。石油缶に穴をあけて5.6個速成トーブにして暖をとる。焚火を囲んで、搗き立ての餅を食べながらワイワイガヤガヤ、楽しいひととき。端材が処分出来て喜ばれ、一挙両得に。格別に暖かいぞ~。

4 コメント

2015年

12月

27日

今年の木工仕舞いに

街中のあちこちで障子の水洗いや庭掃除で年末ムードに、急かされて我が家も明日からやるか。今日はペンダント在庫補充の薄板挽き、圧着等で今年の木工仕舞いにする。やりたい事は山ほどあるが、年末ぐらいは「家庭サービス」をしなくては来年がやばい。4枚積層を35組ほど圧着機とクランプ挟み。

続きを読む 3 コメント

2015年

12月

26日

みにくいアヒルの子?だった

今年の年末年始は、気分的に焦りとあれこれ考える事が多くてのんびり出来そうにもない。2/1~27の一か月間、東京・経堂のイベント出品計画がありその準備を始めたところ。今日は出品用のボールペ作りで14種×33本、定番のカリンコブ・インドシタン・トチ玉杢etcだが、初めての材・サンショで作って見た。角棒の外見は水木の様で何の変哲も無かった、仕上げてビックリ。少々オーバーな表現で「絹肌 美人」とでも言おうか。シカモアに似ているが絹の光沢で断然サンショに軍配が上がる。誰から頂戴したか忘れたが、材に「サンショ」の記入があり間違いないと思う。サンショ=鰻蒲焼or擂粉木のイメージだが、これからはボールペン材に取り入れたい。みにくいアヒルの子だった。

 

0 コメント

2015年

12月

25日

このケヤキずっしり重くて貫録でそう

先日さくら材仕入れのついでにケヤキの切り落としをget、今日はケヤキとさくらの円板作り。さくらはパン皿に、ケヤキはお盆と菓子器の予定。ケヤキはOKだが、さくらは20mmで薄く反りが出て出来るかどうか。大掃除をした後なのでターニングは年明けの予定、掃除が早すぎたな。

続きを読む 2 コメント

2015年

12月

24日

何事も経験しなくては

今日はポカポカ陽気に近いX'masイブ、サンタを楽しんだのは遥か昔で今は無縁の存在かな。JWA仲間のYさんが、自称「華コマ」を作りたいと来訪。テクスチャリングツールの見学をしたい要望だが実習をしてもらう。ターニングは初級クラスで、水木角材から仕上げまで一通りやってみる。ラフィングとスピンドルを使い分けて作るが、少々おっかない場面も。何事も経験を積んでスムーズに出来るもの、あと100個も作れば自信がつくと思われる。頑張って!

続きを読む 3 コメント

2015年

12月

23日

幾らかきれいになったかな

今日は早めの工房大掃除、入口・窓全開、換気扇フル回転で高い所からエァーガン吹きで埃を吹っ飛ばす。大掃除は年末と夏の2回やっているが、木工のお釣りで木埃が降り積もる。床の埃も吹いて集塵機でフローリングを舐める。全部キャスター付きなので、動かしながら全面雑巾がけでやっとスッキリ、ここまでで8割方終わりホッとひと息つく。残りは棚の細かな埃落としと拭き取り、これが意外に面倒で時間が掛かる。ガラス磨きが終わって外は真っ暗、明るくなると拭き残し発見!かな。写真は入り口から見た工房、幾らかきれいになったかな。いつもこれ位だったらいいのになぁ。

2 コメント

2015年

12月

22日

ドタバタ駆けずり回り

今日はなんとも締まらないドタバタ駆けずり回った一日で木工お休み。

火曜日の夢工房ターニングdayだったがお休みにして、am・年末大掃除で自宅を始める。窓拭きで「ケルヒャー窓拭きプラス」が、昨年末に1回使ったきりで故障?/想定外、HCへ一っ走り止む無く新品購入。ついでに工房掃除。早朝はボールペン部材作り、pm材木店へサクラ・朴・ケヤキ材仕入れ、夕方に工房掃除。暗くなってスーパーで年賀状購入、宅急便5個荷造りと発送へ。これがホントの師走だな!明日は本格的に工房大掃除予定だが、飛び入りが入りそう。

写真は購入したさくら・ケヤキ・朴等の一部。材木倉庫が狭くなった。

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

21日

そろそろ年末準備へ

TVもラジオもX'masの盛り上げでムードup、今年もあと10日でそろそろ年末準備へ。午前中は歯医者でゴリゴリ、午後から新年ご挨拶の看板作り開始。

工房入口に新年を迎える看板を下げている。SPF材1×10×6fで簡単な物だが、あれば新年の気分が盛り上がり来訪者にも喜ばれている。カメラ電池切れで途中の写真、色付けして乾燥後カンナ掛けで仕上げる。今日は乾燥まで。

続きを読む 1 コメント

2015年

12月

20日

つねさん工房、熱い三兄弟

今日は一年の垢落としに夢工房大掃除、一年お世話になったターニング工房は、一年の実績を示す「大量の木埃」。門下生10人で朝から「埃高き男と女」、終わって2部・慰労の忘年会。特製仕出しバラ寿司や工房主夫人手造りおつまみの差し入れで乾杯! 。一息ついて3部のくじ引き、吹き矢、ダーツのゲーム。商品は木工屋らしく銘木の端材、4部は芸達者揃いのメンバーによる演奏会。特別参加のギター製作と教授による生演奏で贅沢な忘年会でした。

午後遅くなって工房へ戻る。時間半端でボールペン作り準備と来客応対。作りは無いので「つねさん工房の熱い三兄弟」をup。上は小さな銅刻印、中は中型の銅製刻印、下は鉄製刻印の焼印。木工品の大小形状によって使い分け、手書きより重みを増して好評。近々、四男の銅製刻印の「かや」焼印が加わる事になっている。当分かや材での作りになるので事前に用意。近在の鍔工職人に製作依頼。鍔工と木工職人同士のお付き合いで、お互いに融通しあっている。

 

2 コメント

2015年

12月

19日

ゴチャゴチャ混ぜて16種

晴天なれど北風強し、珍しくチャリンコで工房へ。行はフウフウ、帰りは楽チン、たまには使わぬ筋肉を使わねば、と思うも三日坊主かな。今日はボールペン作りの下拵え、ゴチャゴチャ混ぜて16種×50本程。2月の1ケ月間ロングランイベントに参加予定で、1/末まで木工品量産始まる。インドシタン・カリンコブ赤・アンズ・黒檀・パドック・屋久杉・カリンコブ黄・トチ玉杢・タガヤサン・ゼブラ・シャラ・カヤ・ラフランス・さくらんぼ・紅梅・山椒etc。場所柄主婦層中心の様子で期待度は?枯れ木の山になんとやらで品揃えの一環で。

予定では33種×○○○個だが、どこまで出来るか体力+気力+時間との勝負かな、今年の年末年始は省略になりそう。

続きを読む 3 コメント

2015年

12月

18日

黒が入ると引き締まってgoo

今朝は寒かったが、暫く振りの青空で気分もスカッとして木工日和。先日黒檀が手に入ったので、積層ペンダントの一部に入れて圧着していた。20個程いつもの手順でターニング、裏面磨いて蜜蝋を塗布磨きする。風も出てきたので乾燥に日光浴させる。ブビンガ・水木・ウォールナット・コクタン・ケヤキ・ホオの6種類を適当に重ねて圧着。黒が入ると引き締まり、水木の白とのコントラストとブビンガの赤味が加わり案外良さそうな予感。イベントに出品すると、コクタンの入ったものから買われていく傾向。年内にあと30個作る予定だが、コクタンの手当をしなくては。銘木入手が難しくなってきて困った。

続きを読む 1 コメント

2015年

12月

17日

杢が出てきた

火曜日にターニングしたトチのボール、前回同様のキラキラ杢が出れば拭き漆仕上げにしようと思っていた。ターニング終わった段階では、あまり期待できないとおもっていた。昨日目止めの下塗り、今朝#800空研ぎ磨きして仕上げクリーナーを塗布。目立たなかった杢が浮き出して「しまった!」拭き漆にするんだつたと後悔。写真は仕上げクリーナー塗布直後で特に光っているが、夕方見てもキラキラ杢でひと安心。ターニング+漆の大先輩からの「アドバィス」に従っていれば良かったのに「後悔先に立たず」。残り材は漆でやろう。

2 コメント

2015年

12月

16日

どのくらい回るのかな?

今日は出掛けるので午前中2時間だけの木工、半端な時間なのでコマ作りにする。水木で自称「華コマ」、テクスチャリングツールでギザギザを付けて彩色。干支・申とセットにする予定、10分/個・2時間で丁度12個。お正月用につき、赤色中心に色付けする。結構良く回るが何秒かの計測はしたことが無いので、自宅の陶器皿で試すと約35秒。長いか短いかの分からんがまずまずだ。

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

15日

期待の杢は僅かだった

夢工房ターニングday、先週作ったトチ・サラダボールは縮み杢がビッカビッカに出てビックリとヤッター。今日も二匹目のドジョウを狙ってトチ円板を持参、杢は荒材の上から見てもある程度分かるが挽いてみないとはっきりしない。厚55×径160~260mmをターニングして6個作る。期待してた杢は僅かで残念、杢が良ければ拭き漆にしようと思っていたが木固めエースになりそう。少し厚めのサラダボールにしたつもりだが、万能ボールとしておこう。我が家のサラダは、白い陶器皿で毎晩出てくるがたまにはこれを使おうかな。

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

14日

甘ったるい香木?

今日は午前中2時間のみの木工で、カヤ材の製材。厚さ150mm前後×幅180mm前後を150mmに挽き、器作りの木取り。黄味色の心材を使いたいので辺材、ヒビ、節等を避けると良材はあまり取れない。カヤ材を本格的に使うのは初めてでどんな仕上がりになるか楽しみ。バンドソーで挽くと甘ったるい香りが漂う。仏像を彫る工務店社長によると、昔はカヤで仏像を彫ったもの、香木で彫り易く虫が付きにくいとか。カヤは数が少なく、今は高級材の仲間。持ち味の黄色を活かした仕上げにしたい。香木で作るとは贅沢だな。

0 コメント

2015年

12月

13日

やっとロールアウト寸前に

今年もあと二週間、ボチボチ工房の片付けと大掃除の段取りに入らねば。と思いつつ早いとこ干支の申仕上げに掛かる。今日は13個を仕上げてお終いにしようと馬力を入れる。延べ60個位になるか、最終版のロールアウト寸前に。

残りは「華コマ」を作ってsetすれば完了。あちこちに婿入りして手元に残るのはこれだけ。年末年始の来訪者用にとっておく、来週からは2月のイベント用に種々製作開始予定。何か目新しい木工品を作りたいが思い浮かばず。さて!

0 コメント

2015年

12月

12日

良いなぁ~、シルクの輝き

my工房に隣接して樹齢百数十年と言われる柿の老木が、突然変異の如く鈴なりの実をつけた。小さくて種が6~8個入っており、皮を剥くと食べるところが無くなる。毎朝・昼、皮付きのまま丸かじり、美味い!今日が最後のもぎ取り、来年はダメだろうな。火曜日にターニングしたトチのサラダボールに、木固めエースを塗布していて、今日は「仕上げクリァー」を塗布。何とも優美なトチ杢が現れて見とれる。いつもは全艶消しを塗布するが、今回はこの杢を大事にしてクリァーを塗布する。良いなぁ~、このシルクの輝。木好き人の独りよがり。

続きを読む 6 コメント

2015年

12月

11日

どんなテーブルになるかな

東西南北・全国それぞれの家庭の食事は、家族構成、食材や風習によって千差万別でも楽しい家庭団らんだと思う。雑誌やTVで見るテーブルには、テーブルクロスに白い食器と美味そうな料理が定番。我が家も若いときは、テーブルクロスが敷いてあり、明るくお洒落な時もあった。残念ながらジジ+ババ所帯になったらむき出しのテーブルにドンと置くのみ。先日ショールームのお客さんからランチョンマットのオーダーが入った。希望は①白い無垢材②5mm厚③木葉型④軽いもの⑤A-3版の大きさ⑥食べ物に安心塗装等の盛り沢山の条件。つねさん工房には荷の重いオーダーながら何とかせねば。あれこれ考えて銀杏材で試作する。無垢材の5mm厚では反る可能性大、写真の銀杏を挽いてカンナ掛けして7mm厚にする。右・銀杏の厚材、中・依頼主提供の木葉型をA-3版一杯に切抜く、左A-3版に木葉デザインを60°ビットで3mm彫り、食紅の緑で色付け。このあと木固めエース塗装する。さてこのランチョンマットでのテーブルは、どんな風景になるかな。写真で良いから見せて頂けいかな。

2 コメント

2015年

12月

10日

チンタラ歩きが駆け足に

昨日は地元小学校1年生の「昔の遊び大会」にボランティァ参加。100人近くの1年生、元気一杯でワイワイ・キャァーキャァーの大騒ぎ。号令(掛け声)には敏感に反応して整列、お辞儀等良くしつけられていて感心する。コマ回し担当で自作の「捻り・引き・投げコマ」三種を持参して教える。こんなの初めて見た!とビックリする子もいて、先生方も興味津々。捻りと引きコマに関心が集まり、学校常備の投げコマにはほとんど手をつけない。常備コマは汚れ・キズ・投げひもが太さバラバラとボロボロ・芯ズレ等で、自称コマ名人も戸惑うコマ。出来れば投げコマをプレゼントしたいが、その前に新品交換を提案しようかな。今日は下校安全見守り隊の「旗振り」、1年生はチンタラ・チンタラ歩き、ふざけ合っての下校で中々進まず。3年になると男の子は駆け足で、交差点での引き留めに気を遣う。5~6年になると「お帰りなさい」と声を掛けても半分は素知らぬ顔、たまに「さようなら」と挨拶する子もいてホッとする。話に夢中か、毎日の事で見守り隊の声に不感症になったのか、複雑な気にもなる。木工は午前中にいつもの「華コマ」作りで変わり映えせず、代わってふた昔前のキャデラック、ケバケバしいが妙に懐かしいアメ車をup。この時代のアメ車は、今風の車に比較すると共通してボディに対して足回りの貧弱さが目立つ。(車素人の独り言)


2 コメント

2015年

12月

09日

宝の山かゴミの山か

足掛け10年の木工で大小様々なものを作り、数えてないが樹種も多種多様使ってきた。材木用語はあやふやだが、芯材と辺材、本身と白太それぞれ特徴があり使い分けも面白い。特にエンジュの黄味がかった皮付きや、ケヤキ盆で片隅に白太(鱗)の入ったものが気に入っている。今日は馴染の工務店から写真の「榧/カヤ」材を入手。カヤで作った記憶は、3~4年前にパン皿を何枚かのみ。しっとりした良い感じで、その後欲しくても手に入らなかった。カヤは芯材に近い黄色の濃いのが持ち味で価値があり、白太は面白くない。今回の材は、厚さ120から140×幅120から140mm前後。芯割れ、ひび割れ、節が多く正味どれ位使えるか? 「お宝の山かゴミの山か」気になるところ。黄味材が取れれば、作りたいもの∞。製材と残材処理が大変だ。

続きを読む 1 コメント

2015年

12月

08日

さしずめ山の貴婦人かな

今日は夢工房ターニングdayだったが、所要で午後からのターニング。ものの喩に優れた事・凄い事等で「料理の鉄人、箱根駅伝・山の神」等がある。最近、カヤの樹に興味があり調べてみると、高知県にカヤ材専門の店名「榧/かや」のHPがあった。そこによるとカヤの木は径1.1mになるのに300年、伐採して製品にするには15年かかり、日本カヤは一山一木と言われる程に希少で別名「山の宝石」と言われるらしい。中国産も十数年前より輸出禁止とか。今日のターニングはどこにでもあり、いつでも入手出来るトチ材のサラダボール作り。トチにもピンからキリまであり、その価値もピンからキリまで。作ったボールには、「縮み杢」か入っており角度によってキラキラ光り優雅なもの。カヤが山の宝石なら、このトチにはさしずめ「山の貴婦人」の称号を奉りたい。玉杢ならもっと高級品だが、縮み杢でやや高級品。これで我慢しよう。

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

07日

ちょっとお高くなるが

先日、お隣の国の工場人件費がお国柄「鯉のぼり」とでも言うのか、遂に日本の工場人件費を越して、進出企業の一部は引き揚げ始めたとか。百均に象徴されるC国製品は、早や日本文化の一部に溶け込んだ様相。価格=価値であればそれなりに受け入れられて、価格>便利さなら一気に普及。百均はさしずめそのくちで、木工作業にも重宝している。代わってこちらは、my工房としては分不相応な高価なトチ厚板を製材、ターニング用の円板に挽いた、上端400×下端900×高さ1.300×厚55mm。一部縮れ杢が入り良品だが、入り皮と干割れも入りまずまずの板材。比較対象すれば、百均価値+利便性>トチ材製品になりそう。my工房の嫁入り先やイベントでのお客さんを勘案すれば、購入価額に対する価値観は百均が勝ると思う。このトチ材製品は、コスト8割以上になりそうでやばい。逆にちょっとお高くなるが、市販価格並みに設定しようか。腕と出来映えから逆算すると自惚れになる。やっぱり感謝サービス品が相応かな。

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

06日

糸鋸とトン汁で和気あいあい

今日は日本ウッドターニング協会(JWA)定例の2015年度第4回講習会。いつもの木工旋盤を電動糸鋸に変えて、来年の干支「申」作りと忘年会を兼ねて「トン汁」を賞味しながらワイワイガヤガヤ。ヘグナー・デウオト・リョービ・マキタ等の糸鋸12台を揃え、三十数名の参加者交代でバタバタ。ターニング達人も糸鋸は初心者で、勝手が違いまごまごする場面も。午後から銘木ペンダントトップ作りで、表裏同一に作る治具の説明と実演。静岡の治具作り達人のI講師による作品作り、素晴らしい出来映え。続いて塗師にして料理鉄人のUシェフのトン汁美味かった。JWAは表芸のターニンクに勝るとも劣らぬ裏芸達人が多士済々。一年の締めくくりにふさわしい和気あいあいの会でした。

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

05日

知らない時は幸せだった

昭和のバブル期に念願の家を建て、それなりに小市民的な満ち足りた生活だった。安月給のサラリーマンには、家は建てたが満足な家具が無いピーマン我が家。ボチボチ揃え始めて、初めての「高級大型家具=重たい座卓」。どこの家具店だったか、無垢の花梨材で高級な座卓ですよ!と言われてすっかりその気に。大枚はたいて二階の和室にどっかり鎮座、掃除の度に二人でどっこいしょ。そのうち畳がへこんできて厄介者に、あれから40年近く経つか。昨年春孫の勉強部屋にリフォーム、フローリングで出番なし。my工房へ運び込んで木工部材に変身、脚4本を取り外すと真っ赤なパドック。シメシメ、やっぱり本物の花梨材かな? 半信半疑で午後からチェンソーでぶった切る。持ち上げて「花梨にしてはチト軽いな」と思いつつ挽くと写真の通り、切り口は何と赤味どころか白味に変身! 花梨とは「真っ白な嘘」。まさかラワン材に尤もらしく下地塗装+ウレタン塗装で花梨に化けて販売とは。だまされた方がアホか、だました方がお利口か。当時木の事は全くのど素人、今ならいささか目利きも出来るが。でも新築当時「高級座卓」を楽しんだ事を思えば、知らない時は幸せだった。さてこのラワン材とうしようか、餅つき大会の焚き木にでもするか。

0 コメント

2015年

12月

04日

ファーストペンギンになれたらなぁ

ファーストペンギン、毎朝時計代わりに見ているNHK「あさがきた」で初めて聞いた。率先してチャレンジ、初めての事に挑戦、生まれたペンギンの子達が初めて海に飛び込む時、率先して飛び込む勇気のあるペンギンとか。昨夜のカンブリア宮殿の成功した出演者、「初めての事をやる」。5億5000万年前のカンブリア期、生物が爆発的に出現して「カンブリア大爆発」があった。平成の現代はあらゆる業態、情報爆発をもじって「平成カンブリア期」と言うらしい。毎日好きな木工をやりながら、いつも頭の片隅に「何か新しい事、物を」と思いつつもファーストペンギンにはなれない。なれたらなぁ。

今日は午前中だけの木工で「華コマ」作り、干支の申に添えるコマにするのでまだまだ足りない。何かほかの物にしようかな。

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

03日

相も変わらず

今日は清瀬市・ショールーム用の「干支・申」作り、10組予定だったが来客応対もあって台板のチークオイル塗布を残してtime up。糸鋸.バンドソー.サンダー.ハンド磨き.焼印.オイルetcあり慣れたとはいえ結構大変。あと30組か!

0 コメント

2015年

12月

02日

こんな発想がうらやましい

時折来訪される木工小物作りを楽しむ方が4・5日前に来訪。どこかのイベントで珍しい物を見つけたと、わざわざ持参してくれた。「恐竜の卵」との事、扁平楕円卵から恐竜の赤ん坊が誕生。思わずへぇー、良く出来ている。SPF材1×4を三枚重ねて真ん中に赤ん坊、良く考えたものだ。現物を見れば作り方は推測出来るが、そもそもこんな発想が出来る人が羨ましい。ガチャガチャからでもヒントを得たのかな。今日は会社OB会で木工お休みして代役登場でした。

続きを読む 0 コメント

2015年

12月

01日

配色アドバイザーが欲しい

夢工房ターニングday、今日は清瀬市のショールーム展示販売用ペンダント作り。30個分程素材を持参したが、どうも調子が出ない。リズムに乗ればスイスイ楽しくターニングだが、どうした事か「傾斜と偏芯ターニング」にバイトを入れるのに、タイミングずれと躊躇感が出る。慣れたターニングだがこんな事は初めて、写真左下2個は接着不良ではがれたもの。一緒にターニング仲間三人の評価はマチマチ、俺ならこれだ!は下段右から2番目。ブビンガ+水木+コクタン+ケヤキのペンダント。白黒のコントラストと赤系のワンポイントの為らしい。銘木の色を工夫しながら積層圧着しているが、どう配色したら良いのか迷う。ミドルエイジの配色アドバイザーが欲しい。気まぐれな方が現れないかな。こんどのイベントでアンケートをとってみようかな。

続きを読む 0 コメント