2015年

6月

30日

暫く振りのNEG

早いなぁ、今日で半年を過ぎて後半へ。前半は何をやったんだろう?夢工房への道すがらあれこれ思い出すも特筆事項無し。強いて挙げれば平々凡々の毎日が良かったのかな。5月下旬に故郷の山形でgetしたエンジュでナチュラルエッジ(NEG)のターニング。写真のお皿は、ターニング・ポエムさんから頂戴したエンジュをターニングしたもの。特徴の外周黄色皮がきれいに浮き出ててgoo。

左は途中で大きなひび割れが出てきて、裏のチャック掴みを残したまま。右は薄く仕上げようとして失敗、いつまで経っても下手+未熟!続きの写真は、底裏の仕上げ中。

続きを読む 2 コメント

2015年

6月

29日

やっと出上がり一段落

途切れ途切れながら手間ばかり掛かった「おさかなさん」、今日は角(エッジ)をスピンドルサンダーとハンドで落とし。バーニングペンで名前を書き込み、3mmの鍋ネジを口に捻じ込む。最後に値段シールを貼って、やっと出来上がり一段落。後はマグネットを埋め込んだ釣り針と釣竿20本分作り。さて次は何を作るんだっけ、いろいろあって優先順位が気分次第でコロコロ。

0 コメント

2015年

6月

28日

ちょっとスリムになったおさかなさん

戦後食糧難の最中で大家族の食事は、一種の生存競争の有様だった。そのせいか生来の早食い食いしん坊は、70年経っても変わらず食欲不振は無縁の存在。さすがに短足出っ腹を何とかせにぁと、GWからダイエットに挑戦。7週間で3Kgの減量、気のせいか何となく身が軽くなった感じ。9/末まであと2Kg減量目標だが出来るかな。今日は仕掛中の「おかなつりセット」の約100匹を30°ビットで裏表彫り込みとサンダー掛け。手持ち板材の関係で厚10mmのため従来のより、ちょっとスリムなおさかなさん。13~15mmあれば持ち重りと存在感があって良いのだが残念! 自分のダイエットに合わせて、おさかなもダイエットさせた訳では無いのだがな。脂ののった・・・・とは言いずらい。

0 コメント

2015年

6月

26日

頭が重い

今日は下描きしておいた「おさかなつのセット」用のおさかな作り。午前中は30°ビットでおさかなを彫り込み、3時間程で17種約100個。午後から3mmバンドソーで切抜き、2時間半で約70個ほど切り抜いて中断。朝から下を向いての集中作業で首と肩が凝る。人の頭の重さは、体重の10~13%と言われているので間の11.5%換算で約7Kgもある。この7Kgを下向きに支えて6時間近く、首が痛くなるわけだ。+ロートル化による筋肉の衰えが残念。明日も続く。

0 コメント

2015年

6月

25日

お江戸の塗料店へ

今日は久しぶりに花のお江戸へ、中目黒にある「カラーバックス/塗料店」を訪問して、ウレタン吹き付け塗装用具一式を購入。先日拭き漆の講習会をしたばかりだが、杉・桧・米松等の軟らかい材は、拭き漆よりウレタンの方が向いていると思った次第。木工仲間のPoemさんもここからの取り寄せと聞いており訪問。奥行が深く間口は狭いが7Fビルの1Fがお店、続きの写真は店内様子、多田専務に応対して頂き、分かり易く説明を受ける。コンプレッサー能力に応じたスプレーの選定と使い方、付属部品等中々難しそう。何事も経験から実用化への体験でやってみよう。明日発送との事で、到着次第組み立てと実習が当分続きそう。もう少し馬力にあるCOMPが欲しいな。

続きを読む 6 コメント

2015年

6月

24日

DIY老女子のTrash

今日はDIY老女子の木工教室、希望のTrash(ゴミ箱)作り。SPF材で仕上がりサイズ、幅200×奥行150×前高さ250×後ろ高さ300mm。のっぺらぼうでは味が無いので、全面とフタにイラスト彫り込みを提案、60°ビットとストレートビットで彫り込み手造り感を引き立たせる。フタの蝶番は、使い残しの皮を張り付け大型ホチキスで固定、隠しにもう一枚上に張り付けする(自宅で)。本人がやったのは、ビス穴、ネジ留め、ダボ埋め、仕上げサンダー位だが大満足。ケガを心配で95%は当方が作るが、一応はDIY老女子の作品。良かったね。

0 コメント

2015年

6月

23日

大きめと小さめ

夢工房ターニングday、今日は大きめの欅盆と小さめの杉小判皿作り。

大きい盆の注文があり、ケヤキ材で径360mmのお盆をターニング、my工房の木工旋盤は、ビーバーでmax径300mm迄のため夢工房のVL-200で挽く。底厚5mmの予定だったが、大きいので念の為7mmにしたら重くなった。小さめ杉小判皿は、長径×短径で300×150,300×130、270×170、270×130、240×135mm。材に合わせて挽いた為にマチマチの大きさになった。木固めエース仕上げ予定、Pm15:00に終わり早や上がり。もっと材を持参すれば良かったな。

0 コメント

2015年

6月

22日

一皮むいて生まれ変わり

今日は午前中の木工、60cmに切り揃えて倉庫に放り込んでいた薄板を引っ張り出しカンナ掛け。タモ・ナラ・サクラ・サペリ・ウォールナット・?材等の黒く薄汚れていたいた薄板を厚10mmに仕上げて生まれ変わる。前回のイベントで「おさかなつりセット」が好評で在庫補充の為に板材作り。17種のおさかな型板で約100匹分を下描きする。次は60°ビットで下絵を彫り込み、3mmバンドソーで切抜き。その他諸々で10工程程続く。この梅雨空に飽きるだろうな。

0 コメント

2015年

6月

21日

残念、さくらんぼ樹使えず

5月下旬に故郷、山形県東根市のさくらんぼ園から持ち帰った「さくらんぼ樹」を製材。伐採して3年間、畑に野ざらしだったので腐れとひび割れ多し。使える部分を探して製材するも残念、写真の如くほぼ全滅で使えず。左側の角材が幾分使えそうだが、乾燥後のひび割れを生き残れるか。往復900Km、折角積んで帰ってきたが焼却炉へ。今がさくらんぼ収穫の最盛期、終わって7月過ぎるとと剪定伐採が始まるとか。新しい樹をget考えよう。


0 コメント

2015年

6月

20日

やっぱり漆が最高

今日は木工旋盤の日本ウッドターニング協会(JWAの)講習会で「拭き漆」の実演、実習を行う。講師はメンバーで塗師の氏家さん、プロの実演と解説にうなずくのみ。約30名参加の会員の皆さんは、程度の差はあっても何らかの方法で拭き漆をやっていると思われる。だが塗師の実演と解説に「知らなかった~、そうなのか・・・」改めて拭き漆の技法に感心しきり。またベテラン・ターナーが汁椀をターニングして、拭き漆も行う°津¥もあり、中身の濃い講習会。続きの写真の通り、拭き漆は簡単そうでも手間暇無限の如く奥が深い。当方も真似事でやっていたが、女郎の厚化粧の如く、唯々重ね塗りの繰り返しで自己満足。特に砥の粉と漆を混ぜての目止めは、全く知らず赤面の至り。木工10年、いろいろな塗装をやってみたが、やっぱり漆が最高!と思えてきた。ついでに手間とコストも最高か。

続きを読む 2 コメント

2015年

6月

19日

JWA講習会準備

明日6/20(土)は、日本ウッドターニング協会(JWA)の本年度第2回技術講習会。午前中にその会場準備で大和田研修所行き、テーマは「拭き漆のやりかた」をメインに木工旋盤で椀のターニングも行う。約30名の会員が参加予定で相応の準備が必要。何事も事前の準備と事後の後片付けをする黒子が下働きをして成り立つもの。表舞台を支える裏方さんをボランティァ精神で担い、実のある会にしたいもの。夕方近くなってから、6/24(水)木工教室用の下準備、サイズを指定した「小さなゴミ箱」の希望があり木取りする。SPF材を厚17mmにして、プラモデル方式にプレカット。当日は下穴あけ、ネジ止め、塗装中心の予定。超初心者で電動工具使用は難しく、当分はこの方式になりそう。完成の喜びを味わえば、一層DIYへの関心も上がるだろう。期待したい。


0 コメント

2015年

6月

18日

ご当地お土産にしたいがな

今日は目の定期「眼底検査」のため木工お休み、代わって昨日の写真をup。

5月下旬に故郷の山形に帰省の折、3年前に伐採したさくらんぼの樹をget。

使える部分を製材して、ボールペン用に30本ほど挽く。思いのほか水気をたっぷり吸っており、乾燥するにつれ変形やひび割れを考慮して30角×長さ220mmにしてみた。さくらんぼシーズン入りだが、今シーズンには間に合わず来年用、山形名産さくらんぼの「ご当地お土産」になれば嬉しいな。

0 コメント

2015年

6月

17日

頑張った老女子DIY

今日は老女子のDIYディー、健康踏み台8台作りにチャレンジして7.8台目に取り組む。事前に木取りしてあるsetにコースレッドの下穴開け、ダボ穴あけ、コースレッド捻じ込み、バルサ丸棒でダボ穴埋め。サンダー掛け、チークオイル塗布、ここまでを2台やる。大分手慣れてきたが、インパクトドリルの扱いに苦戦。これは経験の積重ねしかない。8台完成で一段落。頑張った老女子DIY。次回は護美箱を作りたいそうな。意欲満々で圧倒されそう。ガンバレ!

0 コメント

2015年

6月

16日

でっかく重量級飯椀つくり

夢工房ターニングday、けやき材持参で飯椀と湯呑作りをする。6/10(土)にJWA講習会があり、今回のテーマは「拭き漆塗り」。山梨事務局長から教材としての椀を作れとの指示、何で下手ッピーの俺に?。善意に解釈すれば、初心者クラスの腕でも、拭き漆塗装をすれば「孫にも衣装」で上手く見えるとの事だろう。ご近所さんから「男物の大きな飯椀」の依頼があり、作ろうとしていたところ。自分で使っても良いかと思い、でっかくて重量感のある椀を作る。

外径131×内径125×高台高さ10×外径80×内径70×高さ70mm、どっしりして少々重かったかな。氏家講師(塗師)が拭き漆を実演してくれるそうで、我が家の家宝なりそう。

2 コメント

2015年

6月

15日

タオルを巻いてチェンソー作業

今日は今年一番の蒸し暑きを感じ、タオルを頭に巻いてチェンソー作業。

5月下旬に故郷・山形の実家へ帰省して、エンジュ・サクラ・ブナ・サンランボの丸太ぶつ切りを貰ってきた。何よりの御土産で、帰りの車は重かった。

本格的な雨の前に処理をすべく材に合わせてcut、残念ながらひび割れ。腐れ等で半分位は廃棄材、午前中にエンジュ。サクランボ・ブナをcutする。(続きの2枚)写真はエンジュ、カマボコ状に半割して後はバンドソーで整形する。


続きを読む 0 コメント

2015年

6月

14日

インタビューにやってきた

今日は野暮用で木工お休み、代わって昨日「かすかべ遊学」からインタビューにやってきたお話。詳しい事は知らないが、HPを見ると「遊学」は、春日部市で芸術文化活動をやっている方や、これから始めようと考えている方の支援と情報提供を目的とある。当人にとっては一番縁遠い分野ながら、どうゆう風の吹き回しかやってきた。お決まりのパターンでインタビュー、インタビューアーは、当工房来訪の常連ママさんで気楽に応答。この四月から市の教育委員会関連の広報担当になったらしい。過去の掲載記事を見ると音楽、絵画、書道等々の教室やサークルが主体で個人は少ない様子。折角の来訪なので、記念に「かすかべ遊学」の切抜き文字を提供し喜ばれる。写真冒頭の見出しにしたいとか。何はともあれ、木工仲間が増えると嬉しいなぁ。

0 コメント

2015年

6月

13日

おっかなびっくりで

今日は一回り若いご近所さんの「木工教室day」、かねて希望の健康踏み台にチャレンジ。とは言ってもプラモデル宜しく、事前に一式全てまとめてあり、後は組み立て・塗装のみ。ご年配で電動工具恐怖症の気配あり、なだめたりすかしたりで気を遣い、こちらがくたびれる。ポイントを付けた箇所にボールバンで2.5mmのガイド穴あけ誘導に一苦労。やってみると「こんなんだー」と歓声。続いてネジ頭隠しの8mmダボ穴あけ(写真)、これも大騒ぎをしながらやって貰う。ボンド塗り、コースレッド打ち込み、バルサ丸棒でダボ穴埋め、仕上げにサンダー掛け、チークオイル塗布で完成。最初は、おっかなびっくりで能書きばかり。口より手を動かすように!、一通りやってみて「出来た~」の笑顔。3台仕上げて本日終了、難しさと楽しさを実感した様子。良かったねー。

0 コメント

2015年

6月

12日

材に合わせた楕円作り、大変だ

今日は暑くは無いが、ジトッと蒸れて梅雨入りを実感。午前中に杉柾目角皿7枚を仕上げる。午後から同じく小判皿作り準備を始めるが、板材に合わせた楕円形の図面作りが大変。大小様々な材を最大限活用するには、材に合わせた小判台板作りが必要。生来数学的頭脳は貧弱、2焦点から紐で楕円描きも上手くいかない。極めて原始的だが、EXCEL→挿入→図面→楕円描き。問題は長径×短径を板材に合った数値でプリントする事。現物合わせで、材の縦横寸法と比率を記録。ディスプレー上に楕円を出して、スケールを当てながら比率に合った楕円を描きプリント。後はコピー機で拡大・プリント・転写・cut。

長径・短径数値をin putすると、画面にパッと楕円が出る「式」があった様に思うが、いざと言う時には思い出せない。何とも手間暇掛かった楕円図面作り。イライラで余計蒸し暑い日だった。


0 コメント

2015年

6月

11日

杉柾目をgetしたので

今日は午後から小学生の下校安全見守り隊ボランティァで午前中の木工作業。

杉柾目の切り落としをgetしたので、角皿と小判皿作りに入る。続きの写真にある140~200mm角材を13枚木取りする。厚1寸(33mm)あり仕上がりが楽しみ。最近イベント参加で客受けが良いのは、角皿や小判皿。従前の丸皿はあまり関心がなさそう、我が家でも昼はパン食で小判皿の出番、夕食は角皿で唐揚げ、てんぷら、煮物等で出番あり幾分オシャレ感覚。木固めエース仕上げで醤油・ソース・カレー等で心配なく無造作に使えて重宝。明日7枚作りへ。

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

10日

何を入れるのかな、この道具箱

一回り「若い」木工好きのお馴染おばちゃんが、今回は道具箱を作りたいとやってきた。自宅新築の折に大工さんより古い道具を貰ったので入れるとの事。内寸で400×300mmに取っ手を付ける希望、SPF材1×4と1×10で木取り。底板にシナベニァをはめ込む、10Rの丸面ビットで丸めて優しさを出し喜ばれる。それにしてもこの年配女性、こんなにデッカイ道具箱に何を入れるのだろう。本人が手を加えたのは、コースレットとめの8mmダボ穴にボンド入れと丸棒cutの穴埋めだけ。それでも裏に○○○○子 第3作と書入れで大満足。

こんなに喜ばれると、こちらもつられて笑顔の大サービス。良かったね!

0 コメント

2015年

6月

09日

美味いお茶が飲めるな

火曜日の夢工房ターニングディーで一週間は早い、今日は昨日挽いたケヤキ材で湯呑作り。右端の4~5年前に初めて作った湯呑をモデルにストレート型にする。ターニングを初めて6~7年経つが、ケヤキ湯呑作りは2度目でペース上がらず。菓子器やお盆等と違って湯呑は初めて作るのと同じ状態。午前中2時間掛かって左の湯呑1個のみ。これではターニングにならず、午後から2時間半で2個作り、ややペース上がるが2時間で3個は作りたいところ。

それにしても効率の悪いターニング、これで美味いお茶が飲めれば最高だが。

左内径80×外径85×深さ50×全高75mm、同じく中2個72×77×50×75mm。

0 コメント

2015年

6月

08日

けやき厚板製材

昨日のイベント疲れが幾分残る早朝2時間程後片付け、ダンボール3個分位減っていたかな。午前中は、続きの写真にあるけやき厚板の製材。常連さんが来訪時に工房でケヤキ湯呑を見つけて5個作って!の依頼。4~5年前に自分用に作ったが、塗装せずに忘れていたもの。内径70×深さ50×高さ70mm。同じものでストレート型を希望につき、けやき角材90×90×高さ100を4個、同じく80×80×100を4個挽く。穴掘りはあまり好きでないがしょんがないな。

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

07日

大盛況で疲れた一日

今日は「第17回はつかり感謝祭」、爽やかな初夏の陽気に誘われて10時openと同時に三世代親子連れがぞくぞく来訪。毎回このイベント企画力に感心するが、今回も期待以上の素晴らしい運営と動員力。お蔭様でつねさん工房ブースにも大勢の来訪者で賑わう。今回は小さなお子さんが大勢で「りんご型切抜き手形」の注文が多く、10時から3時半までぶっ続けの糸鋸作業。飲まず食わず、トイレもままならず腰が曲がったまま。こんなにくたびれたのも久し振り。と言う訳で写真を撮る暇がなく、最初のチェンソーアートと最後の社長御礼ご挨拶のみ。木工仲間4人で出店したが、仲間の応援で何とか出来ました事有難うございました。帰宅即風呂でぐったり、でも楽しい一日だった。

続きを読む 2 コメント

2015年

6月

06日

「出稼ぎ」準備

昨夜は大分降っていたが、今日は晴れてホッとしたところ。明日は車で1時間半程の朝霞市「第17回はつかり感謝祭」に出店予定。このイベントは若い社員の企画、進行でアットホーム的な和やかな催し。毎回参加して、待っていてくれるお客さんもおり楽しみなイベント。今回は目新しいものとして「おさかな・つりセット」「マグネットきのこ」を追加、何種類何品か数えてないが細々と結構な量、荷造りと積み込み作業で木工作業は無しで「出稼ぎ」準備の日。さて、どうなるか楽しみの日だ。


2 コメント

2015年

6月

05日

自然界の生存は厳しい

いつもの早朝散歩で用水路に居付いた「カルガモ」の親子が、餌を求めて泳いでいた。5/18は孵ったばかりのコガモが10羽、親鳥にぴったり寄り添ってほほえましかった。写真は6/3で5羽に減っていたのが、今朝は3羽になっていた。10羽のきょうだいが二十日たらずで3羽になり、大分成長したが寂しい家族になってしまった。今朝はカメラを向けると隠れて撮れなかった。自然界の敵から身を隠す素早い動きが習性になったのだろう。秋・冬になり親鳥になるまで無事生き残れるのは何羽か、自然界の生存は厳しい。

今日は居付いた「ドバト」防止のガードラックを7ケ所に取り付け、屋根近くの高所で若い人に依頼。たまの家事手伝いで木工お休み。つまんないな。

0 コメント

2015年

6月

04日

四連ちゃんのMGきのこ作り

半袖ポロシャ1枚での早朝散歩は、少々肌寒いくらいだったが日中は爽快。

昨日の来訪者がMGきのこを3個お買い上げ、これは「松茸だ」との声。マッシュルームもどきが松茸と受け取ってくれ大感謝。成程そうも見えてきた。

斜めcutの方が好まれる様で、今日は午前中に写真の斜めcutを作る。

四連ちゃんのMGきの作り、少々飽きてきたので当分お休みに。

0 コメント

2015年

6月

03日

三連チャンのキノコ栽培

am5:20に家を出た時は、曇り空ながら、6時頃から降り出してきた。今朝はチェンソー作業の準備しようとしていたが残念。変更してまたまたマグネット・キノコ作り。我が家の冷蔵庫で使ってみたら「直」の方が良さそうで、午前中のキノコMG取り付けは直にした。午後の来訪者は斜めMGのお買い上げ、続いての来訪者も斜めMGがお好み。沢山出回っているMG小物は斜め張り付けが多いので先入観で決めるのかな。この様子だと明日も四連チャンでキノコ作り、斜めMGを作らねばならぬ様子。在庫積み増しでやろうかな。

2 コメント

2015年

6月

02日

今日も続けてキノコ栽培

夢工房ターニングディー、今日は身軽にスピンドル2本とパーティング2本、銘木細木各種を持って行く。昨日作ったマグネット・キノコは全部女房殿に召し上げられてしまった。あちこちに手土産代わりにするらしいが、いつも木屑だらけの洗濯で苦労掛けているので「どうぞどうぞ」と進呈。安いもんだ。

日曜日のイベント用に今日も続けて「キノコ栽培」で30個程作る。いつものカシ・メープル・ケヤキ・カリン・ウォールナット・ベニタガヤサンを使用。

マグネット(MG)埋め込みを斜めと直にするが、どちらが好まれるかな。

マッシュルーム型になったが、種類を増やして常備在庫品にする予定。

 

0 コメント

2015年

6月

01日

松茸が出来れば良いな

早いなぁー、もう6月だ。今は晴天続きで一雨欲しいところだが、すぐ梅雨入りでうんざりする日が来るだろう。午前中に完成品の値付けやパッケージで一段落、午後から手早く出来る小物作り。前からあちこちのイベントで見受けるドングリやキノコのマグネットを作りたいと思っていたので試作する。

カリン・カシ・ブビンガ・メープル・紅梅etcでキノコもどきを作り、ベルトサンダーでマグネット(MG)を埋め込む面を削る。6mmドリルで穴掘り、瞬間接着剤を入れてMGを埋め込む。傘の部分をカルナバWAX磨きで色を濃くする。

作ってはみたがキノコの名前は? 冷蔵庫の扉が一番の出番と思うので、庶民には縁遠い「松茸」が出来れば良いな。でも松茸の形はとんなんだっけ?

0 コメント