2016年

4月

30日

GWも木工で

今年のGWは長くとれば10連休とか、当方は365連休につき折角のGWも有難味が薄れてしまった。今日は絶好の行楽日和で、あちこちの渋滞情報が流れていた。仕掛中の角型桐腰掛4台を楔打ち込みまで仕上げる。楔は目立つ様に赤いパドックにする。明日は丸型3台でGWも木工が続きそう。例年だが。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

29日

新戦力ツールで

今朝のNHK・TVだったと思うが、タイトル「凄技」?で日本とドイツの大工がて手工具で材木加工の対決をやっていた。4寸角赤松柱の手鋸切断とノミでの穴掘り、こちらは日本のV。同柱を継いで荷重をかけて耐重対決、こちらはドイツのV。ドイツらしく理詰めの継ぎ手工法に感心する。手工具の使い方が神業、一方素人木工の当方はからきしダメで電動工具頼り。今日はマキタ・マルチツールの新品を購入。桐腰掛10個を製作中だが、問題は楔を座面に傷を付けずに如何にきれいにcutするか。1個で4本、合計40本ともなると手鋸ではお手上げ。このマルチツールは、神業の様にダボや楔をcut出来る。新戦力のツールで、ストレス無く仕上げが出来そう。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

28日

当たると思うが?

今日は一日ゆううつな雨、工房内は18℃まで上がったが何となく肌寒さを感ずる。午前中は桐腰掛の偏芯脚挿入と楔打ち込み。楔の割れ目をバンドソーで挽くが、一人だと中心線に合わせるのが厄介。いつもは反対側で、右へ・左へとの見張り役がいて楽なんだけど。楔はパト゜ックの赤にする。午後から追加製作の7台分の木取り、座板40mm、偏芯脚は厚45と55mmの板材から角材に挽く。桐材の腰掛はあまり見かけなく、当たると思うがどうかな?

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

27日

新しいブログを書く

今日は歯医者や交通安全見守り隊のボランティァ等で半日の木工日。

昨日失敗した桐の偏芯脚子供腰掛の脚作り。厚55mmの桐厚板から脚用角材を挽き、2個分8本をターニング。挿入してみるとOK、楔打ち込み、高さ200mmに調整して完成。仕上げの塗装をどうするか検討中、砥の粉仕上げが多いようだが子供用に付き無塗装が良いかと思っている。さて。

0 コメント

2016年

4月

26日

筍掘りも楽じゃない

今日は夢工房の仲間11人と栃木県矢板市・木工仲間の山にある孟宗竹林に筍掘り。初夏の陽気で、竹林を上ったり下ったりの筍探しで汗びっしょり。TVで良く見かける筍掘りと異なり、落ち葉が盛り上がって僅かに頭を出す筍発見は至難の業。第1号は写真の様にかなり伸びたもの。鍬を振り上げ慎重にエィッ!

やっとget、出がけに女房から小さいのを1本あれば良いからね。責任果たす。

このシーズン、筍を頂いて美味しく賞味しているが、自分で見つけるのは大変。筍掘りも楽じゃない。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

26日

筍掘りも楽じゃない

0 コメント

2016年

4月

26日

筍掘りも楽じゃない

0 コメント

2016年

4月

25日

計算違いでやり直し

今日は倉庫から桐厚板を引っ張り出して「子供用偏芯脚腰掛」作り。いつもの手順でスイスイやったつもりが、計算間違いでやり直しの羽目に。桐座板厚40×径260に径30mmの偏芯脚用穴をあけてしまった。脚は45mm角材からターニング、座面の径42×脚先端30×首下160×全高200mmにする予定。

偏芯で座板穴30mmで挿入すると、写真の通り5mmの隙間発生。楔打ち込みで実用上は問題ないが、商品となるとまずい。通常の腰掛は、首下400mm前後あるので隙間は出ないが、子供用の低い腰掛では脚が急角度になりこの通り。座板の穴を25mmにして脚径45mmにすればOKの筈。計算とイージーになってやり直しに。夕方から桐厚材仕入れにひとっ走り。無駄な日だった。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

24日

今日は細かい作業で

今日は一日雨だと思って、屋内でボールペン作りの準備を始める。14樹種×40本分、銘木の細木作り・サイズcut・7mm穴あけ・真鍮パイプ磨き・接着等一連の細かな作業で首の重さが恨めしい。何か変わった銘木が欲しいな。

2 コメント

2016年

4月

23日

挽いて。挽いて、挽き飽きた

7・8月の2ケ月間、イベント参加で出展販売予定。お求めやすい価格と補充の面からある程度まとめて作る予定。馴染の材木店からさくら薄板を購入、お盆・パン皿・菓子盆等に大小混ぜてさくら円板58枚、けやき円板7枚を挽く。

長さ2m近く、スライドソーで挽き、バンドソーで切り抜く。こんなに大量の円板作りは初めて。挽いて、挽いて、挽き飽きた。

続きを読む 1 コメント

2016年

4月

22日

軽さで桐の出番です

朝夕は4月の春らしくひやっとしながらも温もりあり、日中は汗ばむ陽気。上着を脱いでの作業は、身もこころも浮き浮きかな。午前中にトレー作り。老夫婦から軽いトレーが欲しいとの事で、イチョウの薄板で作った事があった。今回はまだまだ若い方から軽いワン・プレートの要望。400×300mmの希望だったが、白銀比で400×280×15mmにして軽い桐材を使う。(手前の大きい方)

米国の食品・医薬局認定のカッティングボード専用オイル研ぎ2回仕上げにする。写真は屋外工房の屋根がコーヒー色のアクリル板の為暗くなっている。

軽さを気にして、桐材の出番になったが気に入ってくれるかな?

 

続きを読む 1 コメント

2016年

4月

21日

初めて見る大径カヤ木

今日は馴染の工務店で珍しい太いカヤの木を見てきた。下段の太いのは径400、中段で300mmあり、初めて見る大径のカヤ。福島で伐採したばかりで、まだ緑の葉が付いていた。チェンソーの跡にヒビが入り始めている。

カヤはイチイ科・常緑針葉高木で直径2mにもなり日本と朝鮮に分布。カヤ碁盤・将棋盤は高級品の代名詞で、特に日向と奈良県春日山山が有名。カヤ碁盤は石をうっても肩が凝らず、盤面もしばらく置けば凹みが再び元に戻る不思議な特性がある。(世界の木材・樹木より検索)。ウッドターニング EBONYさんのブログ4/8にカヤの生木ボール粗挽きがupされていたが、機会があったら作ってみたいもの。春日部に居ては手に入らない貴重な樹木に溜息。

0 コメント

2016年

4月

20日

たまには花(つつじ)を愛でて

今日は地元自治会のハイキング・クラブで、群馬県館林市「つつじが岡公園」に満開のつつじ鑑賞行。老人会のハイキンクで電車バス利用、歩いたのは約12.500歩で些かくたびれ。1.627年/約400年前の館林城主・榊原(松平)忠次がつつじの古木を植えたのが始まりとか。下から撮った写真で樹齢約800年の古木。このアングルで撮れる大木は日本でここだけ(ガイド談)。米国から来訪のつつじ協会会長も初めて見る大木で世界一だろう。のお墨付きを頂いたつつじ。日頃木工ばかりでがさつな毎日、たまには花を愛でるのも良いな。

続きを読む 2 コメント

2016年

4月

19日

中途半端な日

夢工房ターニングdayだったが、午前中は清瀬市のショールームへ納品と打合せ。午後から正味2時間のターニングで中途半端な日だった。さくらとBKウォールナットの端材を持参、ヒビと節ありで無理やり一輪挿しを作る。ガラス管の径16.5×長さ105mmを入れるので、17.5mmのドリルで穴あけ。本体に目留めとして、シーラーをたっぷり滲み込ませ一晩水張りテスト。ガラス管から溢れた水が入ってもOKにする。さくら菓子盆をついでに挽く。こちらも径300mmだつたが、ひび+虫穴で径180mmにダイエット。時間が勿体ない。

0 コメント

2016年

4月

18日

手間の割にはなぁ

9日から始めた「桧・積み木セット」飛び飛びの作業ながらやっと5set完成。

今回は箱の4面にイラスト彫り込みと色付けして、目立つようにした。遊ぶのは幼児から園児位までで、少子化時代は購買層が小さい。老齢層に受ける木工品が思いつけば良いのだが、あってもmy技術では及ばないだろう。細かな作業で手間の割にはなぁ。でも喜んでくれるとまた作りたくなる。欲得では出来ないが。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

17日

宇宙人が嫁に来た

今日はmy住宅自治会「ハイキング・クラブ」の総会と懇親会、約50名のクラブで年6回のハイキングや行楽を行っている。4/20(水)に第216回ハイキングで群馬県館林市の「館林・城沼ちつつじが岡公園」に満開のつつじを見に行く。木工があまり出来なかったので、代わりに写真の宇宙人?「結髪土偶」をup。先日山形帰省の折に貰ってきたもの。兄が趣味の陶芸「松濤窯」でを長年焼き物をしており、最近は土偶製作に凝っている。このオリジナルは、山形県真室川町近くの五郎前遺跡から大正4年発見され、海外にまで紹介されているとの事。本物は伸長23.4Cm、アレンジして松濤窯製作は42Cmで大型。木の事なら幾分予備知識があるが、陶芸はからきしダメ。作者に失礼ながら宇宙人としてmy工房に鎮座してもらうつもり。木彫刻が出来れば面白そう。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

16日

ケヤキのタイヤで良いかな

桧積み木セットを入れる箱をSPF材で作り、タイヤをケヤキで20個程作る。

計50mmで車軸径13mmの穴明け、幅15mmでcut。表面に溝2本、タイヤ溝2本を入れてそれらしく。積み木は桧・箱はSPF材・タイヤはケヤキ、このバランスで良いのか思案中。見映えはケヤキが良いのだが、桧積み木なら桧タイヤの方がバランスがとれるかも。作るには桧が効率的ながら、「軽い感じ」が気になる。子供には関係無い事だが、財布を開くご仁へのアピールには果て?

 

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

15日

下戸でも見学して良かった

4/13.14一泊二日でさくらを追いながら山形へ。福島あたりまでは車窓から100Km/hのお花見。故郷の桜は蕾が膨らんでいたが、咲くのは4/20頃だろうか。暫く振りに宮城県の作並温泉「ゆづくしsalon・一の坊」で快適な一夜を過ごす。翌日すぐ近くのNHK朝ドラ「マッサン」のニッカ・ウイスキー宮城蒸留所見学、30年近く前に一度訪れた事を想い出した。30人前後でゾロゾロ見学コースを見て、最後にお決まりの試飲コーナーへ。最初にガイドさんから「トライバーさんはこちらへ」と招かれて渡されたのは、首から下げるドライパー証。勿論試飲はダメで証、代わりにアップルジュース、残念! コース途中に写真のポットスチルがあった。NHK・マッサン撮影中に貸し出し最近戻って来たとの事。晩酌にワンフィンガーの水割りを楽しんでいるが、マッサンを見てから勿論ニッカ党へ変身、単純だなぁ~。下戸で見学して良(え)がったなぁ~。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

12日

春風に誘われてトリマー彫り

今日は三寒四温の朝方「寒」日中「温」、朝仕事はストーブ点けて熱々のお茶を楽しみ、日中は冷えたボトルでのどを潤し上着を脱ぐ。春だなぁ~。

桧積み木BOX作りに取り掛かる。SPF1×6"にイラストを下描き、木取り。トリマーに60°ビットをsetして彫り込む。dog・cat・ゾウさん・おさるさんを5個ずつ5BOX分。このあと色付けして乾燥したらカンナ掛けをする。4/13.14両日ドライブで木工お休み、帰ったらBOX組み立てとケヤキ・タイヤ作りが待っている。春風に誘われてトリマー彫り、屋外木工も楽しいもんだ。

0 コメント

2016年

4月

11日

根気要る作業に閉口

今日は仕掛中の「桧積み木セット」の角磨き作業で首と背中が痛くなった。

基尺を30mmの小型にして、写真の様に1セット68ピース入りにするの予定。実際には、BOXに入れてバランスをみるので多少変更もある。5セットで340ピース、予備を入れると約370ピースは作った事になる。積み木は幼児中心になると思うので、角を丸めて安全第一。これが一番手間暇かかる。鋸の切り口サンダーを含めて、平均10回の磨き作業。370×10=3.700回、朝仕事6時から始めて午前中一杯。頭を下げっぱなしで首と背中が痛くなる。しんどい。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

10日

慣れの不注意で

今日は午後から桧角材のcut作業。積み木用の短角・長角・三角等を約350個前後作るが、危うく大怪我寸前で肝を冷やした。三角作りで短くなった角材を、止せばいいのに素手で押えSW on。バッシ! 写真の如く角棒が吹っ飛んだ。押えていた左手中指と人差し指に、もろに跳ね返ってジーンと痺れ。指より先に歯を点検(指が大事なのに)、ものの見事に7本吹っ飛んでいた。こんな軟らかい桧で歯っ欠けとは信じられないが写真の通り。幸い指2本は痺れのみで切り傷、骨異常はなさそう。2時間経ってもまだ痺れ、明日には腫れるかな。先週の右手指2本の腫れがやっと引いたばかり、今度は左でバランスとったみたい。素手ではヤバイと思ったが、慣れの不注意でこの様。予備のスライドソーを引っ張り出し、今度はクランプ抑えて続行。遅かった。

2 コメント

2016年

4月

09日

サイコロ作り準備へ

今日は午前中の木工で、桧材サイコロ用の角棒作り。厚36×幅300×長さ700mmの厚板を36mm角に挽き、自動カンナで30mm角棒16本取り。3Rの丸面ビットで角丸め、短角(サイコロ)・長角・三角等の積み木部材作り準備。

計算上は5~6セット分出来る予定、基尺は40mmだが30mmベースで統一すれば「春日部規格」で出来る。7~8月2ケ月間のロングラン・イベントがあり量産開始へ、くたびれるし大変だな。

0 コメント

2016年

4月

08日

忘れていた在庫で

ボールペン作りをしようと在庫整理していたら、忘れていたのが出てきた。Key KingとCompact Ring Knife、作った記憶も、売った記憶もないので購入したままだつたのかな。カリンコブやゼブラウッドでターニング、ナイフは鋭く切れ味良さそうで展示には気を遣いそう。たまにはこんなのも良いもんだ。

 

2 コメント

2016年

4月

07日

簡単な様で難しい

無情な花散らしの雨に気も重くなる。仕掛中の「道具入れタンス」作りのお手伝い。近在の鍔職人さんが作るタンス、ケヤキ板20厚で製作中のを仕切りと表板を取り付け仮組。所詮素人の家具作り、計算通り組み立てた筈があちこちサイズ違い。バンドソー・手押しカンナ、スライドソーを動員して現物合わせ。引き出しを朴材で作る予定、どちらが手伝いか? 簡単な様で難しい。

0 コメント

2016年

4月

06日

子供の笑顔を見たくて

久し振りにお天道様が顔を出した。やっと花見気分が出て買い物がてらに車窓より花見。公園には幼児連れやお年寄りが集まって、あちこちで車座。明日は雨かぁ。またまた「桧積み木セット」作り。結構手間暇かかり大変だが、小さな子供さんの笑顔を見たくてついつい張り切ってしまう。子供の日が近づくしまだ続きそう。

0 コメント

2016年

4月

05日

普通が一番かな

夢工房ターニングday、「花の命は短くて」とでも言いたく・隣の新明社境内の桜は早や散り始め。勿体ないなぁ。おもちゃ箱用の径58mmケヤキ・タイヤを作る。近在の方よりケヤキ盆の依頼あり、右・8寸(240mm)、中・尺(300)とついでに左・9寸(270)をサクラでターニング。お盆はケヤキが定番だが、サクラも色合いと優しさで甲乙付け難い。日常無造作に使うものなので、simple is bestと思い並みの形にする。普通が一番かな。

0 コメント

2016年

4月

04日

小さいのが好まれて

街路の満開さくら、ちらほらと散り始めた。残念ながら咲き始めてから太陽は隠れて顔を出さず、花見も期待半減。今年は駄目だな。

朝からの雨で木工気分イマイチ、手軽な小物作りにする。小物材を物色したら紫檀の上物が出てきた。ドングリ・ストラップが無くなっていたので作る。

最近の傾向か、小さめのストラップが好まれる。スマホかデジカメ等に下げるらしく、残るのは大きい物ばかり。若い人に紫檀は地味かな。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

03日

もう一度命を吹き込んで

個人生活は元旦が一年のスタートだが、社会活動は4月1日から始まる。例年の事だが、4月の日曜日は自治会の総会から始まって、いろいろら総会が毎週続く。午前中は総会でつぶれ、午後から2時間の木工作業。短時間で作る物も限られているので、一輪挿しの在庫補充を始める。木工仲間の山林から伐採した山桜の半割カマボコが残っていた。勿体ないので、もう一度命を吹き込み、材として生き還させる。樹皮は虫食いや腐れ発生、中心部を切抜きターニングと穴あけ。バーニングペンでワンポイント、このあと耐水塗料をたっぷり入れて塗布。樹皮が生かせれば趣が出るのだが残念。

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

02日

孫が小さければ一緒に遊ぶのだが

暫く前にmy工房で「桧積み木」を作って持ち帰った方が来訪。孫がすっごく喜んで遊んでいるとの事で嬉しかった。4寸角の桧柱が手に入ったので、早速40mm角棒を作りサイコロ作り。ブナ材であれば本式だが、埼玉では入手困難、桧で□・△・円筒等を箱に合わせて入れる。BOXの四面に動物イラストをトリマーで彫り込み可愛らしさを出す。孫が小さければなぁ~。

続きを読む 2 コメント

2016年

4月

01日

主役ではなかった筈だが

エイプリルフール(最近はあまり聞かれないが)、新年度、さくら便り、今日は4月1日。明るい話題が欲しい日なのに、日経225は600円近く落ち込み今年度は前途多難か。近在の常連さんが、ケヤキでミニ箪笥を作りたいと来訪。

尺八と刀の鍔作りの職人さん、当方はお手伝いで作業開始。でも怪我をされては困るし、始まって見ればいつものパターン。木取り・カンナ掛け・溝彫り・組み立てetcつい手が出てしまう。写真は4段引き出しの棚板仮置き。

主役ではなかった筈だが、出張り過ぎの感あり反省。この後はバトンタッチ。

続きを読む 0 コメント