2016年

5月

31日

慌ただしく挽いたり削ったり

ショールーム来訪のお客様から、5.6種類の材で木皿や器製作依頼。今日はその準備で挽いたり削ったりの慌ただしい日。左から朴板材/木彫教室の先生からアクセサリー用の楕円形約100個取り。さくら円板径180×厚45MM/深皿、杉柾目角材/角皿作り。カヤ径160と130×厚80mm/ご飯茶碗。右端はウォールナット・セン・さくら・ホオ・トチで径250mmの木皿作り。手前は同じく5種類の材でターニングした径150mmの木皿。この一週間忙しくなるなぁ。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

30日

楔cutは楽勝で楽しく

清瀬市のショールームからサイズ指定で桐のスツール製作依頼があり、飛び石作業ながら本日完成。偏芯脚が隠れた「売り」で桐でも安心スツール。

汚れ、ほこり対策にチークオイルを塗布しところ。製作過程で一番厄介なのは楔cut、従来はアサリ無し鋸で悪戦苦闘しながらやっていた。前回から「新兵器」を購入して、楔cutは楽勝で楽しくなった。大工さんなら当たり前だが。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

28日

あと3mmの勇気が

早朝作業で、昨日桐盆に塗布した木固めエースの空研ぎ磨きをする。右4枚は磨き無し、その左は粉を噴いて白っぽくなっている。左手で押えながらの磨きだが、やけに厚っぽく感ずる。桐は軟らかく導管も粗いと思い、真空引きに負けないように、念の為底厚を10mmにしてターニング。裏面真ん中の凹み約1~2mmあるので、計算上は薄い箇所で8mm位にした。最後にどの位の薄さまで耐えられるかやってみる。2~3mmでもOKの様子、「軽い」をキーワードに始めた桐ターニング、あと3mm削る勇気があれば、仕上がり感触抜群だったがなぁ。ワンプレート・ディッシュとして薄い尺盆を催促されている、次回からは思い切って7mmにしてみるか。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

27日

「軽い」をキーワードに

馴染の材木店で桐荒材を見つけ。何を作るか当てが無かったが、珍しいので購入。眺めながらあれこれ考え、早朝散歩の老夫婦から「軽いお盆と器が欲しい」と頼まれ、イチョウ材で作ったのを思い出した。最近では軽く長方形のトレーが欲しいとの事で、納入し喜ばれた。自然木で軽さの代表は「桐」、この桐をget出来たので、子供用の偏芯脚腰掛と薄い丸トレーを作り注目され始めた。今回は径160~300×厚15~20mmの軽いお盆(トレー)作り。写真は木固めエース1回目の塗装、この後空研ぎして2回目の塗装仕上げをする。残り少ない桐荒材だが、「軽い」をキーワードに有効に使いたい。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

26日

在庫切れ

梅雨には大分間があるが、今日は午後から特に蒸し暑さを感ずる。早朝と午前中は捗るが、午後はボトル飲み飲みペースダウン。下拵えしていたボールペン作り、カリンコブ赤と黄、コクタン・インドシタン・ゼブラ・メープル・トチ等々をターニング。内部金具の在庫切れでここまで。自作タグに樹種を記入、裏に価格を貼付け。購入者には価格を剥がしてお渡しする。イベント用に。

0 コメント

2016年

5月

25日

気が付かなかった身近な形

ご近所さんが来訪「包丁の柄が腐って使えなくなったので、直して欲しい」との事。見ればよくもまぁこんなに腐るまで使っていたのかと感心する。夜だったので、朴材をターニングして穴あけ、叩き込めばOKと早合点し引き受け。翌日工房でチェックすると、柄は滑り止めと安全の為に楕円形+栗の実型。これではカンナとベルトサンダーフル回転が必要で半日仕事になる。時間が無いので、HCで出来合いの柄を購入して交換。写真は腐った柄と新品差込みの包丁、上は朴の角棒でターニングとようと思ったもの。新品柄は刺身包丁用でやや細目。身近な包丁だが、柄の形がこんなんだったとはつい気づかず。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

24日

楊枝使いの楊枝入れ

今日は夢工房ターニングday、前々から再度作ろうと思っていた「携帯楊枝入れ」を作る。本来なら右端の様に角材に寄木接着、穴開き丸棒を挿入してベースを作る。今回はこのベースを横浜のターニング先生が大量に作ったものを購入、自分は丸くターニングして上下をcutしただけ。良く言えば便乗ターニング、俗っぽく言えば大名ターニング。暫く振りですっかり作り方を忘れて、上段の1本は上部cutを計算違いで失敗。齢並みにスケスケ歯並び、食事後の楊枝使いの楊枝入れ作り。ポケットに常時携帯だな。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

23日

初めての樹種と格闘

大変お世話になっている馴染の工務店社長ご夫妻が来訪。何と軽トラ一杯になるアサメラ厚板とテーブル天板を積んで来られた。一人ではとても持ち上がらない重量、計算上は40Kg前後かな(比重0.69)。長さ2.000×幅540×厚50mm、裏に反り防止のあり溝が掘ってあり桟が入っていた様子。両端に紙が貼ってあり未使用かな? 樹種名/アフロルモシア(Afromosia)、一般名/アサメラ、市場名/アフリカンチークと呼ばれている。西アフリカの象牙海岸・ガーナろザイールなどに生育。高級材のチークとそっくり似ているのでチークの代用として使われているそうな。ターニングはやり易いが、空研ぎの木屑でクシャミが出るとあった。何せ大きく重い。初めての樹種と格闘し、大汗かきかきの日でした。何が出来るか楽しみだ。

 

続きを読む 1 コメント

2016年

5月

22日

炎天下?楽しそうなフリーマーケット見物

今日は今年一番の暑さで30℃近くに。10Km程の近くにある県営しらこばと水上公園にフリーマーケット見物に行く。「フリマ」と良く聞くがじっくり見物は初めて、約200区画に広げられた古着・古靴・古オモチャ・古陶器etc。

50円・100円・500円等々、値切り交渉の声も聞こえてくる。こんなに安くてもまだ値切るとは、強心臓の持ち主もいるまんだと変な感心。フリマは自宅の不用品を販売と思っていたが、中には「商売」にするご仁もいる様子。

残念ながら関心のある出品は見当たらず。フリマの社会科見学だつた。

続きを読む 3 コメント

2016年

5月

21日

思い込みで当て外れ

今日は頼まれ事や桐材の木取り、カメラを工房に置き忘れてしまった。代わりにスマホのタガヤサン(鉄刀木)をup。黒檀の手持ちが無くなったので、代わりに寄木の黒にタガヤサンを購入した。てっきり黒檀並みの黒が入っているものと思い、挽いてみて「アレッ」周囲とひび割れに沿って黒が入っているが、中身は黄味掛かったor紫掛かった色。調べてみると、これが本来の色らしい。不思議だ、角材の四面は2~3mm程度の黒、ひび割れに沿って黒が入っている。まさか圧力を掛けて染色しているとは思えないし。馴染の材木店では、色を付けているのでは…歯切れが悪い。思い込みで当て外れに。どなたか解説を!

5 コメント

2016年

5月

20日

9万回のご訪問御礼

このブログは2011年5月末に、自分の木工記録絵日記のつもりで初めて5年を経過。本日カウンターを見たら、いつのまにか9万回を越していた。素人に毛の生えた程度の木工日記、よく飽きないで続いたと思う。それにもまして毎日訪問くださる皆様に、つたないブログで申訳ないと思いつつ厚く御礼申し上げます。「継続は力なり=継続は習慣なり」で日課になり、自然にin putしている。これからも時間がありましたらご訪問下さい。

今日はボールペンの下拵えとターニング、7.8月のイベント用中心の作る。

続きを読む 2 コメント

2016年

5月

19日

清瀬市ショールーム訪問

今日は午前中、清瀬市元町のショールムームへ納品と打合せ訪問。ドァーtoドァーで38Km×2時間15分、am7:00に出たが通勤時間帯でもあり渋滞続き。

地元・自由設計の(株)内田工務店元町営業所にお世話になり、道路に面した棚全面に陳列販売して頂いている。向かい側は「けやきホール」でイベントがあると大勢の人々が流れ、来店も多いとの事。器やお皿の製作依頼を頂いたが、樹種・希望サイズ・木目等々全て揃えるのは難しそう。豊富な在庫を持った銘木店を探さなくては。品揃え・高品質・低価格/相反する問題で暫くウーンか。

2 コメント

2016年

5月

18日

木工は朝からに限る

今日はスカッと晴れて気分爽快、午前中依頼品納入と打合せで午後から工房へ。何となく午後からの木工は気合いが入らず、木工は朝からに限る。

コマ切れで塗装やボールペン作り準備等で終わる。さくらパン皿・パスタ皿・桐お盆・けやきお盆等16枚に木固めエース塗布。塗装には最適に日だった。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

17日

粘っこくて、筋っぽくて

今日は一日中雨の夢工房ターニングday、桐お盆4枚とさくらパン皿4枚をターニング。径300mmで軽いお盆(ランチョンマット代わり)の依頼があり、初めて桐で作ってみる。腰掛の座板と脚でターニングはしたが、器作りでは初めて。感覚的に粘っこく、筋っぽくあまり良い感じではない。軟らかい割にターニングやりずらく、むしろ杉や桧の方がサクサク出来る感じ。円周にツルツルとザラザラが極端に出るが、空研ぎ80・100・120・180・240・400#6回磨きでピカピカになった。木固めエース仕上げ予定だが、たっぷり吸い込みそう。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

16日

ちょっと冒険してみよう

今日は朝からの来客や飛び入り製作品で落ち着かず、午後遅くなってから自前木工。径300mmの軽いトレー(丸盆もどき)を何枚か作るのに桐円板を作る。

桐材のターニングは初めてで、塗装を考えると問題ありそうだがちょっと冒険してみよう。真空チャック使用予定だが、導管が粗く効くかどうか心配。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

15日

いつかは作りたいククサ

今日は爽やかな青空に誘われて、八王子市の「アートムーチョ」クラフトフェァ見学に行く。木工仲間も出店しており、手ぶらの陣中見舞。200店舗程出店と聞いたが、肝心の自作木工出品は3店らしくこの規模では寂しい。お目当ての一つに「ウッドターニング・EBONY」さん見学、さっそく桜材の素敵なククサを購入させて頂く。製作依頼されているが、これは未経験と未熟で手つかず。これを見本にチャレンジしていつかは作って見たい。いつになるか?

続きを読む 2 コメント

2016年

5月

14日

桧円筒積み木作り

今日は午前中3時間の木工。注文住宅の端材で孫の積み木作り依頼があり、桧4寸角柱から積み木の円筒を作る。50mm角材に挽き、径40mmの丸棒をターニング。長さ40mmにバンドソーでcut、10個もあれば良いのだがオマケで23個も作っちゃった。あとでBOXに入れる調整をしよう。

続きを読む 2 コメント

2016年

5月

13日

黄色いテントウ虫がやってきた

今日は目の検査で木工お休みの休養日。瞳孔が開いて元に戻るのが、いつもより遅く夕方になってしまつた。代わって黄色いテントウ虫をup。

先日車載トラックに乗ってやってきた。購入した工房前の家主の社長は、小さい車好き。大分前にMINIを乗っていたが、デフが下に出っ張っていて、道路のコンクリにぶっつけてオイル漏れ、オシャカになったとか。このテントウ虫、車検では昭和41年(1966年)製で何と50才の超オールドcar。運んできた超美人トラックドライバー曰く、お父さんと同じ位の齢。1966年(S33)から1970年(S45)の12年間で392.000台生産。空冷2気筒2ストローク・356cc、max16ps/4500rpm・385Kg。今から50年前は、この小さな車に4人乗って赤城山に上ったり箱根峠を越えたりで画期的な車だつたとか。懐かしい昭和成長期の想い出に残る車。1967年(S42)ホンダN360が販売され、桁外れの高性能と低価格に押されてTOPの座をホンダに譲らざるを得なかったとか。残念!

0 コメント

2016年

5月

12日

埃と木屑まみれの一日

今日は材木店や買い物等の出掛けでコマ切れ木工。例のウン十年桟積みしてあった厚25mmのさくら薄板で円板作り。径160~300mmまで38枚を挽く。

暴れ放題のひねくれ板材、前回と同じ乾燥材で仕上がり厚15~18mm位か。

荒材をほうきで埃を払い、スライドソーとバンドソーで木屑どっさり。

まさに「埃高き男」、下拵えも楽じゃない。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

11日

良い記念品の部材作り

あちこち走り回り、午後遅くなってからの木工。馴染の工務店さんから新築住宅の端材で「積み木セット」依頼あり取り掛かる。桧4寸角柱の立派なもの、施主お孫さんの新築記念にするとの事。積み木の基尺は40mmなので40mm角材を作り、2Rの丸面ビットで角を丸める。この後40mmと倍角のサイコロや△を作る。新築お家の柱で作った「積み木」良い記念品になるだろう。

続きを読む 2 コメント

2016年

5月

10日

平凡でも新鮮さを出したいが難しい

夢工房ターニングday、今日はけやき盆とさくらパスタ皿を作る。昨日挽いたけやき材、厚40mmを30mmにして「平凡なお盆」を4枚。家庭で無造作に使える様に径210mmでやや厚めにする。高台を大きく、高さ8mmにして使い易くする。さくら材は、netで見つけた「パスタ皿」が気に入って4枚試作。netではウォールナット材・径240×厚さ30mm=¥5.600-。良い材で腕も良く、値段も良く結構づくめだが、こちらはさくら材で半分の厚さ。敵わない。いつも作っているさくら皿だが、平凡でも新鮮さを出したい。難しいなぁ~。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

09日

欅も呆けるのかな

馴染の材木店から仕入れた欅厚板、お盆の在庫を作ろうと円板作り。

ウン十年経つ欅板と聞いた記憶がある。一抹の不安は、持ち上げると重いが「軽い」。物には相応の重さがあり、永年の人生経験で何となく頷ける重さがある。ところが「軽い」。密度・材質が変ったのかなと思うが腐れ見当たらず。挽いてみると白太側が紫に変色、腐れの一種で欅も呆けたのかな。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

08日

こんな小物も

ブラジルからお土産で買ってきた「水晶原石の輪切り?」を飾る台座を依頼された。この方面はとんと不案内で、現地販売の台座を参考に作る。

こうやって飾って見ると満更でもない。我が家のお宝を求めようかな。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

07日

案外素直に良く出来たかな

仕掛中の寄木トレーを仕上げる。上段の白っぽいのは、タモをベースに黒系/黒檀・タガヤサン・赤系/ブビンガ・白系/水木。下段茶っぽいのは、さくらをベースに黒系/タガヤサン・黒檀・赤系/ブビンガのラインを入れる。右下の食用クルミオイルを擦り込む。厚さ10~15mmに薄くしたので、手を掛ける切り込み無し。代わりに両端に径20mmの穴をあけ指を引っ掛けてリバーシブルにする。ケヤキ色の作業台の為写真が映えない。案外素直に良く出来たかな。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

06日

ミニベンチ作り

10年程前に木工を始めて、最初に広葉樹で作ったのが「ケヤキ・ミニペンチ」だった。チェリーランドで有名な山形県のJR左沢線(あてらざわ)寒河江駅2Fのショールームに出展販売した事があった。写真に写っているのは、自宅に置いてあった当時のもの。裏に2007年3月と書いてあったので10年前のもの。さくら・けやき材があったので、暫く振りに在庫として作成開始、何個か仕上げ予定だったが来客で中止。のんびりやっていこう。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

05日

塗装には良い季節になった

すっかり暑さの代名詞になった熊谷市、昨日は31.8℃とか。今日は子供の日、朝からの晴天に気分爽快。午後から大分暑くなったが、昨日程には感じられず。塗装には乾燥が早まり良い季節になった。さくら材の皿や菓子盆を木固めエースを塗装していたが、今日は全艶消し仕上げで完成。下右だけケヤキ盆。

0 コメント

2016年

5月

04日

寄木テーブルボート準備

昨夜来の強風と雨、朝仕事の塗装を終わって朝食に帰宅時に雨は上がる。

今日は午前中の木工で、暫く振りに寄木テーブルボード作りの準備開始。

さくら・カバ・タモの板材にアクセントとして、コクタン・ウエンジ・ブビンガを挟む。木取り・カンナ掛け・細木用意・接着等何やかやで時間掛かる。

仕上がりサイズは決めてないが、取り敢えず仕上げカンナまでやっておこう。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

03日

厚めのマルチ皿に

夢工房ターニングday、憲法記念日で道路はスイスイ。ドァ to ドァの18Kmがダップリ1時間のところ40分で到着。毎回だと楽なんだが。パン皿を作るつもりで厚25mmの円板を10枚程持参。大分前にたなつる工房さんから、パン皿見本を頂戴した事を思い出し厚めに作る。仕上がりで厚15~20×径180~290mm

を8枚。パン皿ならいつもは無塗装かクルミオイル塗布、今回は何にでも使える「厚めのマルチ皿」にしようと思い直し、木固めエースにするつもり。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

02日

やっと完成、次は何にしようか

桐厚材をget、桐腰掛作りを思い付き4/25から開始。飛び飛びながら6日間掛かって写真の10個完成。厚材の仕入れ・木取り・カンナ掛け・ターニング・空研ぎ・オイル塗布etc単純な様で結構手間暇掛かった。角型5個・丸型5個それぞれ高さを変えて作る。こんなにまとめて作ったのは初めて、やっと完成。

続きを読む 0 コメント

2016年

5月

01日

親切な様だが?

当地のGWの天気は今のところ絶好の行楽日和続き、今日は昼頃から工房内の作業でTシャツ一枚。朝から桐丸型腰掛作りで、3台の楔打ち込みまで完成、これで予定の10台目途がたち明日楔cutと仕上げサンダー、桐油塗布で完成へ。生憎デジカメを工房に置き忘れ、代わって「木の教え」をup。

暫く前の新聞広告で見つけて取り寄せ、塩野米松著書だが木の専門家とおもいきや作家だった。全国各地を旅して、職人の話を聞き、伝統文化・技術の記録をまとめた本。読み始めたばかりだが、木の予備知識として楽しめそう。

続きを読む 2 コメント