日本一の大欅を忘れずに

師走入りの12月1日。今日からTVは4K・8KのBS放送が始まるとの事。我が家の55吋TVも4K対応ながら、まだチューナーを設置していないので見られない。慌てることはない。そのうち乱売合戦の値下がりを待とう。断捨離ではないが、最近あちこちの片付けをしている。たまたま故郷・山形県東根市の純米吟醸酒・日本一「大欅」の空箱が出てきた。中身を飲んだ記憶が無いが、飲んだのだろう。東根の代名詞は、さくらんぼと大欅。忘れることは無いが、日本一の大欅を忘れずに毎日思い出す「ペンスタンド」にしてみた。

この空箱の裏に大欅とは、の由緒が印刷されている。670年前の1.347年(正平2年)小田島長義が築いた東根城址に欅の巨木がある。樹高28m目通り幹周16mで国の特別天然記念物。平成元年発表の「日本欅見立番付」で東の正横綱。名樹医・山野忠彦氏が樹齢8.000年以上と推定。とある。言い伝えでは樹齢1.500年位と聞いていたが、ホントかな?随分「出世」したような!!!

一部を切り取り、10mm厚のファルカタ材を張り付ける。

ボンドで接着、クランプで固定。

ゴチャゴチャしていたペン類を分別。スッキリ・使いやすくなりそう。