ナラとオークの間は?

いつも「ナラとオークの間はどうなっているのだろう?」と思っている。

板材購入先の専門家に聞いてみると「ナラとオークは同じだよ」

 

辞書でみると「oak/ナラ」と出ているし「楢/oak」「楢/a Japanese oak」とも、やっぱり同じ物なのだろうか?

 

俄か木工好きには、どうも解せない。

「オーク」の方がオシャレ感、「楢」の方が高級感、がありそう。

 

自分の作った物で「これ何て言う木なの」と聞かれると、その場次第でついついオークともナラとも相手によって言い分けたりしてしまう。

 

自分でも釈然としない、それでもこの木は好きなので作ってしまう。

今日もまた「ひねくれオークorナラ」でパン皿を作ってしまった。

 

この「ひねくれオーク/ナラ」をカンナ掛けして使うには途方もない手間暇掛りとても出来ない。

ついついターニングで「矯正して」作ってしまう。

もっと良い使い方があれば嬉しいが。