久しぶりの色艶に期待

馴染みになった板材加工工場のご厚意で、さくら(山桜)と樺板が入手出来たので木取り、スライド丸のこでバンバンcut。。

本物のさくら材は久しぶりで早速パン皿用に円板切抜き。

このさくら材の仕上がりは、色艶抜群でほれぼれしそう。

作る前から仕上がりを想像して悦に入って「ばっか」みたい。

 

今朝仕上がった樺のパン皿も今までになくGoo。

写真の樺材もそれ以上に良さそうで期待したい。

 

角板から円板を切り抜いた四隅の端材は、これまた銘木を手作業で加工する木好人が持ち帰り加工するとの事。

良い材はあますところなく有効利用出来るもの。

つねさんも見習って「しゃぶり尽くす」位になりたいもの。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    助平ェだぁ (水曜日, 22 6月 2011 20:37)

    また色んな材料を集めるから
    昼飯ご馳走して

  • #2

    つねさん (水曜日, 22 6月 2011 20:44)

    助平ェ さん

    定食屋に「助平ェ」様 ご指定席を予約しいおきます。
    いつでもご来訪下さい、但し世界の銘木持参をお忘れなく。

    昨日はありがとうございました。
    ボスに宜しくお伝え下さい。