ナラ厚板の吊るし切り

アンコウの吊るし切りは季節のニュースで見る事があるが、今日はいつもの板材加工工場でナラ厚板の吊るし切りをやって貰った。

長さ3m×幅50cm×厚さ6cmの堂々たる重量感のあるナラ材。

天日乾燥で捻じれがあり、カンナ仕上げは無理だがターニング材として使えばそれなりに面白そう。

残念ながら、板目方向にヒビがアチコチ入り歩留まりは良くない。

お化けの様なデッカイチェンソーでいつものパン皿用にcutして貰う。

肝心のチェンソーで豪快にcutの場面は、見る方に気をとられ撮り忘れ。

工房に持ち帰り、パン皿用に10枚ほど円板切抜き。

ヒビを避けてどの程度出来るか気になるところ。