こんなに分厚くていいのかな

今日から七月、一斉に節電社会に突入。

と言う訳でもないが、夢工房で樺材の塊を旋盤に取り付けて300から500回転位の省電力でゴットンゴットン、ボウルガウジで丸める。

半生の材でターニング中にも毛細血管如きヒビ割れ入る。

「師匠」の指導で、荒挽きにして水につけて紙袋に保管する事にした。

それにしても、こんなに分厚くていいのかな。

写真は、水洗いして3時間後、もう一度水洗いして紙袋にしまった。

2~3ケ月経ってから再度ターニングの予定。

隣は山桜のパン皿、木目、色艶良く今日の代表作。パンが美味いだろうナ。