イメージと仕上がりのギャップにうんざり

大分前に先祖の建てた家の大黒柱で記念になる物を作る依頼があつた。

その時はけやき厚板だったので、お盆と果物盛り器を作った。

近くの方で、記念の樹木、想い出の材等で記念品を作りたい人がいれば対応しようと見本を作りかけた。

ターニング仲間から譲って頂いた、カイズカイブキと(千年)杉の枝で台の部分はそのままにして上の部分でcupを作りかけた。

板目方向の削りは軟らかいが、柾目方向は意外に堅い。

ひび割れや、虫食い穴が出てきたりで結局記念品見本には程遠い始末。

イメージと腕のギャップにうんざり、広葉樹でやつてみようか。