やっと漆らしくなってきた

塗師から教えて貰って「漆塗り実習」中、4回目の拭き漆塗りをする。

3回目で厚く塗り過ぎたのか、乾燥が進まず23日経ってやっと乾く。

#400で空研ぎして薄く拭き漆をする、何となくそれらしくなってきた。

樺、欅、桜の器、それぞれの味が出てきたが仕上げてどうなるか?

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    のりうるし (木曜日, 08 9月 2011 22:53)

    23日かけての乾燥とは、ずいぶん時間がかかりましたね。
    古い漆だと乾燥が遅くなりますが、その場合は新しい漆と混ぜて
    使えばOKです。つねさんのは新しいので木地のほうに問題が
    ありそうです。手の油や汗などの塩分が木地に付くと乾燥
    しません。その場合は、溶剤で漆をとってしまい、耐水ペーパー
    で(木地を傷つけない番手のペーパー)きれいに水研ぎして
    木地をきれいにしてから、拭き直せば、どうでしょうか?

  • #2

    つねさん (金曜日, 09 9月 2011 06:24)

    おはようございます。
    貴重なご指導ありがとうございます。
    乾き具合をみながらやってみます。
    ほこりを避けるのに、一日前に木工作業を中止、昨日は午後から
    拭き漆作業、その後は作業中止。
    仕上げは自宅工房に持ち帰ってやる予定です。
    これからもアドヴァイス宜しくお願い致します。