ジャンボ鉛筆立て?

今日は午後から一寸変わった穴あけを楽しむ。

栂材の72mm角×4.000mmから長さ900mmを4本にcut。

径50mm×深さ60mmの穴を等間隔で12個フォスナービットで掘る。

ジャンボ鉛筆立てみたいだが、工場で部品立てに使う様子。考えた。

試作品は、ほぼOKと思うので確認を受けてあと3本/穴36個掘り。

トンガリコーンみたいな削りかすがモリモリ出てくる。

ストレス解消に丁度良い作業、新品のフォスナービットでサクサク。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    心響太鼓工房 (日曜日, 16 10月 2011 22:22)

    キラKID420ボール盤でストレスなく大きな穴掘りができたようですね。

  • #2

    つねさん (月曜日, 17 10月 2011 08:15)

    有難うございます。
    お陰様でストレス無く気分良く使ってます。
    隣りのナカトミ・ボール盤の出番が少なくなり不満気です。