盆栽を引き立てる脇役に

グラウンドゴルフ仲間が盆栽に凝って、庭に鉢植えや地植えが見事。

植物はすべからく日差しが必要と思っていたが、そうでも無さそう。

夏には寒冷紗で日射しを和らげて手入れが大変な様子。

玄関脇の盆栽台が、水やり続きで大分くたびれてきた様子。

杉材にニス塗りの簡単な物ながら、折りたたみ式で優れもの。

つねさん工房で作って欲しいと依頼あり、じっくり眺めてみるも改良点浮かばず現物をなぞって作る事にする。

盆栽門外漢には、専門家のデザイン=仕組みが一番良さそう。

負け惜しみに、板材で差別化!、気張って脚はナラ材、天板は米杉、開閉ボルトとネジクギはステンレス、仕上げはマホガニー・ウレタンニス塗装の予定。

大量生産品の現物はリーズナブルと思うが、つねさん工房品は?

価格に見合った出来映えで、盆栽を引き立たせる脇役を作りたい。