相場を当てるのは難しい

土曜日曜の二日間、晴天に恵まれたリフォーム展示商談会が終わった。

つねさん工房も参加して木工品を出品販売し、工房を知って貰えた。

本命はリフォーム用の設備機器販売と新規開店のPRであり、来訪者は折込みチラシを見て来た人、アドバルーに誘われて来場等様々。

木工品は、300円から3.000円まで約160点展示、平均単価約1.000円。

販売出来たのは1/10で予想通り、思い付きの衝動買いは500円前後。

口は出して軽いが、財布の紐は硬くて解けず。当たり前。

今回の狙いは、果物の季節で「フルーツ盛り器」のPRと販売だった。

木固めエース7分艶消しでケヤキとサクラ、漆のケヤキを出したがお買い上げはケヤキで最高の出来映え(と自負している)の7分艶消し品。

手に取って、良いね~と言ってくれるが3.000円では・・・

おでん、鍋シーズンで実用的な鍋敷きがぼつぼつ。

新規開店のリフォーム店で、まだ来場者が少なく止むを得ないが

木工品で気安くお買い上げ頂く相場と見合った物作りは難しい。