あまりにも立派すぎて

数ある銘木の中でもお気に入りは桜材、中でも飛び切りの一品は山桜。

幻に近かったその山桜が、ふとしたキッカケで工務店より分けて頂いた。

何でも秋田産山桜の大木との事、木元で幅500×木先400mm×4.000mm。

厚さ75mmもあり堂々たるもの。

テーブルに良し、器でも良し、何を作ろうかと思案、一人では持ち運び出来ないので、取りあえず幅との見合いでチェンソーでcutする。

ターニング師匠に応援を頼み「チェンソー達人」の腕前を発揮してもらう。

さて、どんな作品になるか心配、あまりにも立派過ぎる山桜なので。