丸棒みがき

昨日作った「ダブル吹き矢立て」の立て棒を24本作る。

角棒からターニングで削り出しをしたが、面倒で止めた。

吹き矢の内径に合わせて12mm径のラジアタ丸棒を135mmに切断。

頭の方100mmを11.5mm径に、下の方35mmを10.5mmにする。

ホームセンターで購入の12mm丸棒は、12.3~11.6mmまでバラツキ。

自然の木で湿度や製造過程等で多少の誤差は止む無し。

12mmの鉄工ドリルで130mmの穴に差し込むには11.5mmに空研ぎ。

台板に差し込む11mmのフォスナービットには、10.5mmに空研ぎ。

単純な作業、60.180.240.400#で磨き、チークオイル塗布仕上げ。

12mmと11mmの穴に現物合わせでペーパー掛け、結構手間掛る。