エンジュのナチュラルエッジ

今日は夢工房でターニングの日。

予定では径280mmのケヤキの盛り器を作る予定だったが、変更してナチュラルエッジにする。大きいのはセン。

夢工房に在庫のあった「エンジュ枝」、径70mm前後で少し細いが長さ115から140mmにcut。

チャック掴みに50mmの穴あけ、細長型にターニング。

真空チャックの一番小さいのが径70mm。

器の底が70mm以上必要ながら、器が小さすぎて吸い付き出来なかった物はガムテープでふさいで何とかOKにする。

仕上がりは、全体にやや厚ぼったい。

あと1mm薄くすれば見映え良くなるが、ヒビ割れとキャッチを避けて妥協!。失敗を恐れずもっと突っ込みが必要。未熟!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    たなつる工房 (金曜日, 23 3月 2012)

    つねさん ご無沙汰でした
    ちょっと辛口のコメント
    ナチュラルの器が間延びです
    最高でも丸太の直径で円を描きます
    できれば少し小さいほうがいいです
    でないと器になりません
    もう一度作ってみてください
    間延びした器はダサいです
    とょっと辛口でした

  • #2

    つねさん (金曜日, 23 3月 2012)

    大先輩からのコメント、有難うございます。嬉しいです。
    まだ勝手が分からず、適当に、大きくターニングで精一杯です。
    ご指摘に沿って「チャレンジ」してみます。

    このブログを訪問頂いているとは嬉しい限り。
    つたない「絵日記」ですが、ご指導宜しくお願い致します。