ウエンジの薄板作り

今日は夢工房で仲間と一緒にターニングを楽しむ。

パン皿、エッグスタンド、独楽、置時計等各自それぞれ好きな物を作る。

つねさんは、午前中ウエンジ20mm厚の板で薄板作り。

長さ300、厚さ2.3.4.5mmを年季の入った日立バンドソーで挽く。

このバンドソー、良く切れて安定感ありスグレ者、こんなの欲しい。

幅広の板材在庫が少なくなり、幅100~130mm前後の板にウエンジ薄板を矧ぎ合わせ300mm前後の板材を作る。

カリンの赤味ライン入りも良いが、ウエンジの黒ラインはキリリと引き締まり貫禄が出る。

2枚目写真は、ウエンジの黒ライン入りの自称「インテリア鍋敷き」

先ほどの夕食で使ったが、落ち着きがありgood。

ひまをみて、タモ材と矧ぎ合わせで作る予定。何を作ろうか、楽しみ。