カリンのカンザシ挿しで補強

このところ額縁作りが続いている。

角型A-3とB-4、丸型2L用の合計18個を同時進行で作業中。

今日は角型をベルトクランプで接着固定とカリンのカンザシ挿し。

何分ぶっつけ本番で作る初めて作る額縁、ベルトクランプで幾ら締めても留めに僅かな隙間あり。手造り感?

カンザシは、カリン材を3mm厚にスライス、テーブルソーの歯2.7mm

のためスピンドルサンダーで削り調整、タイトボンドで接着。

市販の完成品を見ると簡単な様だが、自分で作るには製材から何工程か、とにかく手間が掛る。

ホームセンターのA-3額縁は、プレス機械で圧着の様で結構安い。

大量生産品の画一で見てくれは良いが味気無い商品か、あちこち歪が目立つが手造り感と存在感のある「自家製」か。意見の分かれるところ。

面白くなって来たので、当分変わり種も入れて額縁作りが続きそう。