集成材で丸太作り

午前中のグラウンドゴルフは、廃校になった小学校のグランドで桜吹雪の中、気分爽快春実感。

土曜日の山形行きで途中は吹雪と雪道、日曜日の尾花沢は残雪の山。

尾花沢のターニング仲間を訪問、工房は雪に埋もれて入れず、止む無く

「雪の山」を登って、窓から入り見学。関東とは異次元の世界か。

*胴長で深い植木鉢作りの木型制作依頼あり試作品作り開始。

先ず径160mmの丸太作り必要、手持ち材が無かったので集成材柱を4本接着して作る事にした。

105角の柱から170×170×320mmの角材にタイトボンドで接着する。

角材をターニングするが、ラフィングガウジで粗削りの感触は、いつもの無垢材と異なり細かく踊る感じ。

集成材をまた集成材にして、木目、接着剤、硬軟ばらつきetcの為か。

時間切れで今日はここまで、続きは土曜日に。