額縁用部材作り

昨日は目の治療で木工休業日、雨で気乗りしない日の休みで良かった。

今日は張り切って、午前中に額縁A-3ノビからA-4までの9枚分部材を寸法切りする。

額装マットの余白分を20mm~50mmとった為、かなり大型になる。

レクソン・スライド丸鋸の216mm×54刃で切り口はかなり荒っぽく、

バリが出る。もっと細かく80刃位にすれば滑らかになるのだが。

留め45度にするには、この鋸は45.5度にしないとピッタリ合わない。

額縁作りには、もっと正確にcut出来る鋸が欲しい。

近くのホームセンターで見ると、マキタ・日立工機のブランド品は

6~7万もするので一寸手が出ない。残念。