一日掛りで腹が立つ

三年位前に作った「ケヤキの茶筒」、いつからかフタと本体がゆるゆるになって気になっていた。

今日は夢工房で「サクラの茶筒」作り、手順をすっかり忘れ一から教えて貰い復習兼初心者のターニング。

サクラ厚板を持参して木取りするも、ヒビやくされが入っていて最初から手間が掛り出足悪し。

径70mmの丸棒から両端につかみ代、フタと本体にcut、フォスナービット30.40.46.50.60mmの順で穴掘り、摺り合わせの調整etc。

最後に中フタ作り、どの工程も念の為と確認に教わる。

頭の中では一日3個ペースのイメージだが、思う様にいかず。

一日掛りで1個とは情けなく腹が立つ。忘れての自業自得。

次回からは3倍のスピードにしたい、出来ると思う。思いたい。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    松島 (木曜日, 07 6月 2012 23:13)

    とても薄く出来上がっていますね。
    棗は作りましたか。

  • #2

    つねさん (金曜日, 08 6月 2012 18:10)

    有難うございます。
    気持ちとイメージでは、人並みにスイスイ出来るつもりながら
    3年のブランクは大きく、悪戦苦闘でやっと出来上がり。
    なつめはまだ作ってません。
    そのうち時間が出来たらまとめて作るつもりです。
    いつになる事やら。ご指導お願い致します。