さくらで小物器作り

このところターニングの回数が減っていささか不調。

今日は夢工房で、仲間と楽しいターニングの一日。

特に決めた作る物が無く、径200mm前後のさくら材円板を持参。

径180~200mmの菓子器やお盆になった。

さくらは、ターニング途中でヒビや節が出て扱い慎重に。

この後、木固めエースを下地塗りし、全艶消しで仕上げ予定。

逆目がなかなか取れず苦戦する。

空研ぎペーパーの番手と回転スピードの最適解はどうなっているのか?

このまま経験知でやっていて良いのかな。進歩が無い!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    松島 (火曜日, 31 7月 2012 22:34)

    山下さんから、逆目のところにオイルまたはやわらかいワックスを塗り空研ぎをする方法を教えてもらいました。
    また一回り細いガウジを使うときれいに削れたこともあります。回転数がわからないんですよね。

  • #2

    つねさん (水曜日, 01 8月 2012 08:18)

    ありがとうございます。
    さすがに山下さん、オイルorワックスを塗布して空研ぎとは。
    さっそく試してみます。
    ガウジの太い細いでも逆目が変わるのも初耳です。
    諸先輩からのご指導助かります。

    Woody Wednesdayへの書き込み方法が分かりません。
    今度教えて下さい。