「火」焼けしたフクロウ

目の治療や溜まった書類と写真の編集に時間をとられ、ブログ後回し。

今朝は、工房前で昼夜見張っているフクロウのお化粧。

2年位前か、千葉のイベント参加の折「チェンソーアート」大会があり、出来たてのフクロウをget。工房前に見張り番として置く。

程良くコンガリ焼けた「イケメン・フクロウ」だった。

春夏秋冬の日光浴で色白になり、ミイラみたいになつた。(上の写真)

立秋を迎え、朝夕に秋の気配が漂い夏もあと僅かになった今日。

リ・メイクしようと、バーナーであぶる。

次の写真の通り「火焼けフクロウ」になり、目鼻定かならず。

明日にでも、ワイヤーブラシで身繕いして「イケメン・フクロウ」へ。

自分でチェンソーカービングが出来れば、相棒を作ってやりたいが難しい、当分チョンガーで寂しいが我慢せい!