拭き漆の前処理に

 

早朝からムシムシ、1.5Km離れた工房まで歩くのに汗びっしょり。

朝仕事に拭き漆の前処理をする。

火曜日に作った杉・けやき・さくらの皿に、木固めエースを等倍に薄めて塗布、漆の吸い込みを少なくしようと思う。

写真はAm5:30塗布、Pm16:00に撮ったもの。もう乾いている。

けやき皿の「三角捻じれ楊枝入れ」は、昨日作ったのにレモンオイルを塗布したもの。しっとりして良い感じ。

5枚の皿は、明朝もう1回塗布してから拭き漆をする予定。

ダンボール箱の「簡易漆室」の各種皿14枚に4回目の拭き漆をする。

塗師のアドバィスで、仕上げは生漆で拭く予定。

どんな仕上がりになるか、楽しみと不安相半ば。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    のりうるし (木曜日, 23 8月 2012 23:21)

    あまり木固めエースで膜を作ると漆がのらないと困ります。
    木固めエースは含浸液なので、あくまで目止めが目的です。
    診断が大事です。4回拭いた皿を基準に判断したらどうでしょうか?
    杉、けやき、さくら、それぞれの木と相談してきめたほうが良いと思います。

  • #2

    つねさん (金曜日, 24 8月 2012 08:29)

    ありがとうございます。
    今朝2回目の木固めエース(等倍に薄め)を塗布しました。
    塗布する前に「どうしようか」迷いましたが、もう1回!としました。
    明朝、様子をみて、#600空研ぎをしようと思います。
    頃合いが難しく、やはり経験と勘が必要です。
    またアドバイスお願い致します。