端材で一輪挿し

今日は夢工房でのターングディー。

栓でサラダボールを作る予定だったが、変更してエンジュで一輪挿し。

朝のお茶一服タイムで、ふと陳列棚を見ると変わった「トチの一輪挿し」が目にはいる。

トチの「腐れ心材」をcutして小型ガラス管(試験管)を挿したもの。

風情があり、なかなかgoo。

作った事がないので、槐(エンジュ)の端材を頂きチャレンジ。

このエンジュは、写真の通り樹皮は虫食いでボロボロ、ひび割れ、節くれ、入り皮等でターニングは出来ない(使えない)材。

逆手に取って、ガラス管を挿し込むだけのターニング、あとはベルトサンダーでサンディング。

径15×長さ90mmのガラス管を挿し込む、オイル仕上げの予定。

日頃花には縁が無いが、菊でも挿そうか。水替えが大変だ。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    松島 (水曜日, 31 10月 2012 22:33)

    ドライフラワーや今の時期の樹の実のついた小枝すすきの穂などがおすすめです。道端に落ちている何気ない樹の枝もこれに挿すと趣があります。

  • #2

    つねさん (木曜日, 01 11月 2012 07:16)

    有難うございます。
    松島さんのご協力で「一輪挿し」が出来そうです。
    展示には、造花でも挿そうかと思っていました。
    ドライフラワーやドングリ、すすき等も良い案ですね
    思いつきませんでした。
    我が家のジライフラワーを挿そうかと思います。
    これからも、宜しくお願いいたします。