赤い実に晩秋の気配

11月の声をきいたが、まだ暖かさが残る日。

工房の正面前に大きな木斛(モッコク)がでんと頑張り赤い実が鮮やか。この実が赤くなると北風が冷たく、秋の深まりを実感する。

落ちて翌年に小さな若葉が顔を出し、生命力の強さを伺わせる。

モッコクを使った木工作品は見た事が無い、習い性になつたせいか、樹木を見るとつい「この樹はどんな色かな」、何を作れるかな・・・

想像するのも楽しく、「wood collection」に加えたくなる。