草加煎餅には遠く及ばないが

山形と言えば「さくらんぼ」、青森と言えば「りんご」とすぐ出る。

埼玉と言えば「?」、なかなか出てこない。

強いて挙げれば「草加煎餅」か、名物名産品は乏しいなぁ~。

この草加煎餅は、平成18年2月農林水産省による地域食品ブランド第1号として認定された。

草加煎餅の基準は4項目あり、三番目の製造項目⇒最低10年の経験を持つ職人が製造管理。とある。

今日は午前中に、日曜日のイベント用に鍋敷きを28枚作る。

草加煎餅は、経験10年の職人により作られるが、つねさんの経験はまだ4年、煎餅に塗る醤油の代わりにチークオイルを塗って天日乾燥。

陰干しが良いのだが、明日中に仕上げる為に止む無し。

草加煎餅の完成度には遠く及ばないが、タモ・スギ・?材の鍋敷き、何とか形になった。