残材が勿体ないが

最近TV放映の傾向として「物作り」が多くなった様に感ずる。

民放では食べ物、ケーブルTVでは「巨大工場シリーズ」等。

物作りをすれば、必然的に同じ材質の余りが出て、再利用されたり捨てられたりで様々なケースがある。

陶芸では削られたり、はみ出したりした陶土はまた練り込まれて再生。

つねさん工房では、毎日の様に広葉樹、針葉樹の残材が出る。

昨日は「トナカイ」を40個作ったが、45Lゴミ袋に満杯の残材。

今日は午前中2時間で14個作ったが、残材が写真の通り。

何か利用出来ないか思案するも、結局「燃えるゴミ」の収集車へ。

残材は勿体ないが、針葉樹では使い途が思いつかず残念。