鍔工の作品がやってきた

散歩がてらに、時折遊びに来る鍔工が日本刀(模造)を持参して来た。

打ち刀「拵え/こしらえ」とか言うものらしい。良く分からんが。

全長2尺3寸5分/710mm、刀身はホウの木で専門店より仕入れ。

柄、鍔、鞘を全部自分で作るが、気の遠くなる様な作業らしい。

写真の鍔は、銅地金を金鋸で切抜き、タガネで彫り、鎚で鍛える。

桜模様を細かく仕上げ、薬品で表面仕上げ、「東方斉 雅見」の号。

柄は鮫皮の上に絹紐を捩じり、固く巻き付け、柄頭とコジリに金象嵌、鞘は漆半乾きをモミ殻でこすり、再度漆を塗るとの事。凸凹に。

肝心の鍔は、依頼者から「安く」との事で銅にした。

いずれにしても、これだけ手間ヒマ+高価な材料を掛ければ幾らになるのか、チープな木工"職人"には別次元、今日は勉強になった。