この辺が限界かな

近くでは紅梅白梅が咲いているが、暦ではもう桃の節句。

玄関先の僅かなスペースに、何年か前に作った「ターニングひな人形」が飾ってある。小さなボンボリも並んで。

 

午前中に3D切抜き文字作り、厚さ35mmのタモ板に文字をカーボン紙で転写、中抜きは電動糸鋸、3mmのバンドソーでラインに沿ってcut。

空研ぎサンダー掛けて#120ペーパーで角落し、チークオイル仕上げ。

糸鋸はHCで購入したリョービ450だが、バンドソーは300幅mmまでのために、一本では切抜き出来ず二つに分けて作業。

表からは見えないが、裏は見られたものでない。

糸鋸での中抜きは「はらみ/ふくらみ」もあり、真っ直ぐ抜けず。

ゆっくりやれば可能だろうが、せっかちなつねさんには「35mmの厚さ」この辺が限界。

この他、25mm厚のナラでも作ったが、ナラは固くこちらもこの辺が限界の様子。もっとじっくり構えてやらなくては!