木工本に誘われて

このところアマゾンで木工関連の本を取り寄せている。

アマゾンから、しょっちゅうメールで新刊案内がくのでついつい。

買うからくるのか、来るから買うのか、どちらにしても便利な時代へ。

 

先日近所にオープンしたショッピングモールの本屋で、気に入った本があったので迷わずget、どこかで見たような薄っすらとした記憶あり。

書斎の本棚に並べると、あれっ! 同じ本がある。

アマゾンから取り寄せていたのを忘れていた。メールで見ていたのだ。

 

「手づくりする木の器」に掲載されている、厚く重量感のあるプレートが気に入っていた。京都炭山朝倉木工のプラネットプレート。

今までのイメージと全く反対のプレート、こんな考えもあるのだ。

すぐ作りたくなった。

掲載のプレートより若干小さいが、似通ったものが出来るかも。

山桜の35mm厚板材で円板を切抜き、径200から230mmの器にする。

自作のナラとサクラのパン皿を毎日使っているが、深めのプレートも仲間入りさせたい。お気に入りの山桜で。