手元がくるってメリッ

一年ほど前だったか端材が溜まり、うん十年振りに槇割りをする。

けやき、樫、さくら、トチ、タモetc、広葉樹で火持ち良く頼まれる。

友人から借りたマサカリを振り上げ、往年のイメージで積み上げる。

老体は正直、よろっコケてがつん。マサカリの頭が当たらず元の柄に。

メリッと音がして手がしびれ、樫の柄に大きくヒビが入る。

頭が飛んで行ったら大変だったが、柄のひび割れだけで良かった。

 

手持ちの赤樫で柄を作ろうと思いながら、堅くて二の足を踏んでいた。

日立バンドソーが入り、スイスイひき割りOKで2本作る。

50mm厚×900mm、曲線は10mmバンドソーで。12Rの丸面ビットで角を丸め、スピンドルサンダーで調整、サンダー仕上げ。

マサカリ頭の四角穴は、頭の方が22mm×刃の方が19mm。

同サイズの穴だと思っていたが新発見、良く考えている。

今度は百発百中で命中させなくては!