ついウッカリの間違い

今日は朝からの予定が、やぼ用で午後からの「偏芯脚腰掛」作りに。

幾分慣れてきたのかスムーズに組み立てまで進む。が うっかり・

調子に乗ってNO1の脚にカリンのクサビを打ち込んだところで。

木目と直交する筈のクサビが木目と平行に! やばい。

座板の裏を表にしていた。NO1のクサビを打ち込んだ脚はどうしても抜けない。

(そう簡単に抜けたら困るが)止む無く、残り3本も木目と平行に打ち込みになってしまった。

たまたま来訪者があり、見ていたが間違いに気が付かず。

一般の方は、こちらから言わないと気が付かないと思うが、見る人が見れば"ど素人"と怒られる。

実用で割れる事は先ず無いと思われるが「おいしくない」

何とも後味の悪い出来栄えとなってしまった。

ついウッカリの間違い、気を付けよう。