珍しい木工作業

今日は初めての珍しい木工作業の日だった。

電車バスを乗り継いで、カートに板材を乗せて初老のご婦人が訪ねて来られた。

木彫を三十数年やられている方で、木彫板を内外cutして欲しいとの事。

メーブル材厚さ22mm×長径700mmの長楕円板にデザインを下描きしてあり、内外の線に沿ってcutの要望。

外周は3mmのバンドソーでcut、内面の25mm幅の中心はトリマーに8mmビットで5mm掘り下げ。

内側上下2面はジグソーで切り抜く、この後彫刻刀で仕上げるとの事。

中心棒にフックを付けて帽子掛けにするとか、オシャレな帽子掛けでセンスの良さが光る。

こんなアイディァが浮かべば良いのだが、つねさんには無理な話。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    kannko (日曜日, 14 4月 2013 12:36)

    木彫の帽子掛け素敵!!
    完成品が見たいな~~