少し小さいが

今日はしばらく振りにパン皿作り、山桜の厚板から挽いた15~20mm厚の板材をバンドソーで円板にcutしたのを使う。

いつもは50mmフォスナービットで深さ5mmのチャック穴を掘るが、ビット先端三角が約5mmあるので、真空チャックを使って掘る。

今まで作ったパン皿は径260~280mmで大き目だが、先日木工雑誌で見たパン皿は200mmで小さかったが惹きつけられた。

山桜の厚板はひび割れで、210mm幅の板材しか取れず、これでで10枚分用意したもの。

明日にでもクルミを割って、クルミオイルを塗布予定。

昼食はいつもトーストを3本に細切りcutなので、このパン皿を使ってみよう。美味い事間違いなし・・・?