GWの公園散歩

今年のGWは好天に恵まれ、行楽地はウハウハとか。

今日は子供の日、午前中に近くの公園に行きフリマ見聞と散歩。

埼玉県営「まつぶし緑の丘公園」、平成10年に策定されて15年目。

計画総面積約8万坪、その内26千坪が開園し子供達で一杯。

青空に鯉のぼりがはためき、トンボの池ではデッカイ蛇が昼寝?

 

散歩は名目で目的はフリマの下見、近くて新しい公園てもあり、出店料

1.000円で弁当付きとか。今時格別待遇の裏は?

今まで関心が無かったので、フリマの予備知識はほとんどなし。

機会を見て出店してみようかと思っていたが幻滅。

いくらリサイクル時代でも、いささか首を傾げたくなるくたびれた品の陳列でなく、ブルーシートに置いただけ、良くてぶら下げ。

手に取る気も、見る気にもなれそうにない中古品ならぬ「古々品」。

これでは、出店料を安く弁当付きで出店者を集めたくなる訳だ。

うらぶれた感じでなく、古くてももっと新鮮味や活気を出す工夫は出ないのか。残念ながら今日見た限りでは出店の気は蒸発。

ぴかぴかの青空と爽やかな薫風、元気な子供の喚声がを楽しむ。

午後は、長嶋+松井の国民栄誉賞のTV、良かった+感動した。